熱い魂で楽しむクソゲー!!「機動武闘伝Gガンダム(SFC)」を徹底レビュー

熱い魂で楽しむクソゲー!!「機動武闘伝Gガンダム(SFC)」を徹底レビュー

Status
ライター名  キャラゲッ!編集部
現在のランク 冒険者
現在の経験値 800

「クソゲー」として名高いSFC版「機動武闘伝Gガンダム」

1994年という「格ゲー全盛期」に発売され「クソゲー」と名高い「機動武闘伝Gガンダム」

どういったところが「クソゲー」なのか?

このゲームが「クソゲー」と言われる要素をピックアップします!

そして、このゲームに「救いの目」はないのか?「楽しめる要素」は無いのか?

実は「機動武闘伝Gアガンダム」も遊べるゲームだぞ!

といった部分も熱く語らせていただきます!

ちなみに、この記事はこんな事を書いています。

  • ここが「機動武闘伝Gガンダム」のクソゲー部分だ!
  • 「機動武闘伝Gガンダム」はこうすれば楽しめるぞ!!
  • クソゲー要素は愛でカバーだ!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってください!

SFC版「機動武闘伝Gガンダム」とは

格闘ゲーム全盛期の頃、ありとあらゆるキャラクターものの格闘ゲームが発売されておりました。

そんな時代に、異色のガンダムアニメ「機動武闘伝Gガンダム」がゲーム化されました。

勿論「格闘ゲーム」です!!

格闘をテーマにしたガンダムだっただけに、大きな期待がありました!

しかし、「機動武闘伝Gガンダム」は、格闘ゲーム全盛期の中では「遊ぶに耐えない出来」でした。

しかも、定価「9,800円」という超強気な値段でした。

定価で買った少年の涙の量は計り知れません!

機動武闘伝Gガンダムのクソゲー要素

其の壱 効果音が少ない

この機動武闘伝Gガンダムでは、ありえないくらい少ないのです。

声優さんが叫ぶ技の数々が少ないことはもちろん、勝利後には勝どきも上げません。

勝利したのに、勝利した感が薄く、味気ない物になっています。

唯一ストーカー(レフリー)役の声優:秋元洋介さんが、勝利をたたえてくれます。

また、攻撃のHIT音が軽いため、ダメージを与えている感覚が薄いのです。

一部の必殺技は声優さんが声を発してくれますが、むなしく響きます。

其の弐 必殺技の演出が残念

このゲームは、必殺技の演出が非常に残念です!主人公機のシャイニングガンダムやゴッドガンダムの必殺技もアニメとは違う演出になっています。

とにかく、『コレジャナイ』感が半端ない!!!

子供心に多くのショックを受けたことを思い出します。

アニメで繰り広げられるド派手な演出が、全く味わえないのですから、泣きたくなります!

其の参 キャラバランスの崩壊

格闘ゲームはバランスが命!!

しかし、歴代の格闘ゲームも、キャラバランスを取ることは大変難しいです!

この「機動武闘伝Gガンダム」も例外に漏れず、キャラバランスが崩壊しています!

主人公機であるゴッドガンダムはチートクラスの強さです!

そして隠しキャラのデビルガンダムは、攻撃力が異常で、通常攻撃だけで勝利してしまうほどです!

こんな状態では対戦にならず「こんなのクソゲーだろ!」と匙を投げたくなります。

其の肆 必殺技コマンドが難しい

格闘ゲーム全盛期は、難解なコマンド技が多数ありました!!

この「機動武闘伝Gガンダム」も、難解なコマンド入力が必要となる技があります。

上述した様に、演出効果も少ないため、コマンド入力の労力に見合わない技が出ます。

ここでも「コレジャナイ」感を味わうことになります。

其の伍 微妙な乗り換えシステム

このゲームは対人戦でパイロットの載せ替えを行うことができます。

載せ替えを行うと、攻撃力や防御力のステータスが変わり、必殺技が変化します!!

しかし、パイロットを載せ替えると必殺技が増えるどころか、一部の必殺技しか出せない状態になるのです。

まさかのマイナス要素!!足し算ではなくて引き算!!

載せ替えたパイロットによっては、通常技のみで戦うことになることも!!

其の陸 達成感のないエンディング

このゲームにも、ストーリーモードがあります。

しかし、使えるキャラは5人(新シャッフル同盟)だけとなっております。

しかもストーリーと言っても、言葉だけの掛け合いで終わってしまいます。

スーパーファミコンなので、フルボイス演出なんてありません!!

にエンディングも特筆した演出はなく、「congratulations」という言葉で終わってしまいます。

コンピューターがガチで強かっただけに、「苦難を乗り越えた先のエンディングがコレなのか?」というガッカリ仕様でした。

SFC版「機動武闘伝Gガンダム」の楽しみ方

今まで紹介した「クソゲー」要素を見て、このゲームを遊ばなくなる人も多いです。

しかし、このゲームは「Gガンダム愛」を燃やせば楽しむことも可能です!!

技を熟知する

このゲームは、格闘ゲームとしてのセオリーが崩壊しています。

しかし、各技に「思わぬ使い道」があります。

例えば、シャイニングガンダムは一見対空技がありません。

しかし!!下に溜めて上と強パンチで出す「抜刀旋撃」は、上半身無敵の技なので対空技になります。

異常に発生が遅いので気づきませんが、飛び道具をすり抜けることもできます。

そして、ボタン連打技の数々が、上半身無敵なものが多いのです。

対空技が連打技という通常の格闘ゲームでは考えられないものになっています。

この様に、必殺技を熟知することにより、攻防がより楽しくなります!!

効果音は自前で準備

このゲームの薄い効果音や演出は、それこそ「愛」でカバーします!

脳内でアニメを再現し、必殺技は自前で叫ぶのです!!

ゲーム中、BGMにサウンドトラックの「我が心明鏡止水」をかけてプレイすると「最高に」盛り上がります。

私の様にAmazonでサントラを買ってしまうのも良いでしょう!!

さいごに

「クソゲー」と名高いスーパーファミコン版機動武闘伝Gガンダムですが、楽しみ方が次第では熱く戦えます!!

私は当時、このゲームで友人と一日中対戦に勤しんだこともあります。

確かに、「約1万円の元を取りたい!」という気もありました。

しかし、Gガンダムという作品が好きだからこそ、脳内補完で楽しめたと思います!