【雀魂】あゆぴんを切りたい!4位を避ける~枯樹生華編~

 ランク(順位) 武闘家(16378
 経験値  3,146
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

【雀魂】あゆぴんを切りたい!4位を避けるために~枯樹生華編~

雀魂』のラスボス、『あゆぴん』さんに挑むために!

なぜ、『あゆぴん』=『朝倉康心』プロがラスボスなのか、対局するための条件などは下記記事に記載しています。

【雀魂】あゆぴんを切りたい!まずは上の段位へ~孜孜不倦編~

まとめると、”段位をあげる必要がある“のですが、そのためには四人打ちの 4 位を避けることが重要です。

なぜ 4 位を避けるのかと、どうやって避けるのか、プラス、それらを実践した結果などを本記事では記載していきます。

★『枯樹生華』:非常な困難のさなかに活路を得ること

  • 4位を避ける理由
  • 『ロン』をされない方法
  • オーラスは着アップ条件を満たす
  • 実践中の結果

この記事は大体 5 分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

4位を避ける理由

4 位は上図で黄枠で囲っているルール上の 2 種と、点数の精算分3 種類のマイナス値を受け、大きなマイナスとなるためです。

・段位によるマイナス

・順位によるマイナス(ウマ)

・点数によるマイナス

ウマと段位点数があるため、どこでも一つ順位を上げることは「 20 ポイント = 20,000 点」の価値があるので、意味は大きいです。

それに加えて、『段位によるマイナス』の存在により、 4 位→ 3 位は他の着順 1 アップより重要なため、 4 位は避けるべき、ということになります。

『ウマ』って?

ルールを見ていると、唐突に『 4 位ウマ』などのわからない方には謎の用語が出てきます。

ウマ=順位点」ですね。正直、『順位点』と記載した方がわかりやすいとは思います。

なぜ順位点を『ウマ』というのかというと、生物の『』からきているという説が有力とのこと。

馬は『駆ける』ので、転じて『賭ける』麻雀でも使うようになった?などどこかで見た記憶が。

他には『差しウマ』とかも麻雀でたまに使う言葉です。

深く知りたい方は検索してみてください。

『ロン』をされない方法

ここでは『読み』に関することではなく、麻雀というゲームの仕様上で『ロン』されない牌を書いていきます。

1.直前に切られた牌

2.テンパイしている方の現物(切っている牌)

3.自分の目から 4 枚見えている字牌

4.自分の目から 4 枚見えている牌の外側の 4 枚見えている牌

一つ一つ信頼度などを書いていきます

直前に切られた牌

上画像で黄枠で囲っている『』は今の手番のタイミングでは、例え誰かの待ち牌であっても、振りテンとなるのでロンできません。

一番信頼度が高い、確実な捨て牌ではありますが、前の方に依存するので、都合よく自分が持っているかは怪しいですね。(画像のケースでも持っていない)

ただ、次の順には他の方が逆にそこ狙いでテンパイ形の変化をしてきて、一転、危険牌となる可能性もあるので、使えるならすぐ使わないといけない捨て牌候補となります。

テンパイしている方の現物(切っている牌)

上画像、赤枠で囲っている牌は全て、リーチをかけている方には間違いなくロンされません。

ただし、その方のみに通る牌であって、他の方にはむしろ危険牌となる可能性は考慮する必要があります。

リーチをかけた目立っている方の現物でリーチせずに待つ、というのは常套手段ですので。

リーチ後に鳴いたり、危険そうな牌を連打している方がいる場合、あまり信頼はできないと考えましょう。

上画像では、←(上家)が、牌譜からではわかりませんが、リーチ後にポンをしていて、安全牌を切っているとはいえ、あがるのを諦めていない雰囲気を出しているので、注意が必要な状態です。

また、他の 3 人がそれぞれ 1 枚ずつ切っている牌は、確実な安全牌です。

自分の目から 4 枚見えている字牌

これはわかりやすいですね。

国士無双にしか『ロン』されないので、捨て牌から国士無双を狙っている方がいない、とわかる場合は、信頼できる牌です。

例えば、上画像の赤枠『』のように捨て牌に 2 枚見えていて、自分が 2 枚持っている場合など、となります。

この画像のケースだと、 3 枚になることも無いため、使いづらい場合は、安全牌として利用すると良いです。

自分の目から 4 枚見えている牌の外側の 4 枚見えている牌

書き方はややこしいですが、字牌と似たようなケースです。

『 3 』が 4 枚見えている場合の同じ色の「 2 」、「 1 」。(『 7 』が 4 枚見えている場合の同じ色の「 8 」、「 9 」も)

または『 2 』 4 枚見えている場合の同じ色の「 1 」。(『 8 』が 4 枚見えている場合の同じ色の「 9 」も)

それ以外にもレアですが前後が 4 枚見えていれば、真ん中の方の牌でも同様。

4 枚見えていれば、待ちにできない牌となりますので、こちらも確実です。

ロンされない牌・次点

確実な牌をあげてきましたが、それを持っているか?というと、持っていないことの方が多いです。

字牌、端っこ牌など、自分も使えない牌であることが多く、意図して持っていないといけない牌ですので。

無い場合は、出来るだけ確実に通る牌に近い牌、例えば下記などを候補にしていきます。

・ 2 つ前(対面)の方が切ったばかりの牌 → 1 つ前(上家)の方のみに『ロン』される可能性がある

・自分の目から 3 枚見えている字牌 → 単騎待ちにのみ『ロン』される可能性がある

などなどと、かなりの確率で大丈夫な牌ですね。

こちらも常に持っているか、といわれると、怪しいですが、選択できる牌を増やすのがポイントです。

目的を見失わないこと

ロンされない』ということは確かに重要ですが、『なぜロンをされたくないか』を忘れないようにしましょう。

この記事の主題は、『 4 位にならない』ため、ですので、そもそも 4 位になりそうで、ロンされようがされまいが 4 位濃厚の場合は、ロンされない牌より、自分があがるためにいらない牌優先で捨てることを推します。

例えば、必要な牌で確実に通る牌より、確実ではないけれど安全に見えて、自分に不要な牌を捨てていく、といった感じで。

放銃率をあげたくない』というのが目的であれば、 4 位になろうが、ロンされない牌を選ぶべきでしょう。

目的が、『より順位を上げたい』、や『より点数を稼ぎたい』であれば、現状が何位であっても、自分のいらない牌のみを切るべきかもしれません。

そこらへんは、現状の段位ポイントであったり、自分のスタンス残したい成績などで決めるところかと。

その時の点数状況も考えるべきですが、対局中に目的を考えたりすると、時間を使ってしまうので、出来れば先におおまかな目的を決めた上で、対局に臨みましょう!

着アップ条件を満たす打ち方

ウマ』(順位点)と段位点数があるので、オーラスで 1,000 点あがれば一つ順位が上がる場合、それは 21,000 点のあがりと同じ意味となります。

上の方で書いてある通り、 4 位→ 3 位であれば、段位によるマイナス回避により、それ以上となるので、特にオーラス(その対局の最終局)は出来れば一つでも上を目指せるあがりを狙うようにしましょう。

点数差を確認する

上画像のように、点数表示しているところをクリックすると、他の方の点数のところに、自分との点差が表示されます。

まずは、この機能により、何点差なのかを把握することが大事です。

必要な点数と翻の確認

自分があがる、という前提では 3 パターン考える必要があります。

・ツモあがり

・対象の方からのロンあがり

・対象の方以外からのロンあがり

ロンあがりの 2 種は点数がわかりやすいですが、ツモあがりは親・子なども関わって少しわかりづらくなります。

さらに、単純なあがり点数だけではなく、何本場かリーチ棒は何本でているか、などでも変わってくるので、よく確認しておきましょう。

例えば、 300 – 500 のツモあがりで、自分と対象の方がお互い子の場合、自分がプラス 1,100 点で、子の支払いが 300 点なので、 1,400 点差以内であれば、順位が変わることとなります。

そこに 1 本場につき、自分がプラス 300 点、支払いはマイナス 100 点なので、 400 点変わり、リーチ棒は純粋にプラス 1,000 点、と計算していきます。

点数がよくわからない場合

特に、満貫以下、 1 翻~ 4 翻は符も関わるので、ツモの時、ロンの時、何点になるのかわからないことがあるかもしれません。

こればっかりは覚えるしかないのですが、ひとまず下記くらいにはなる、と覚えていれば良いかもしれません。

1翻 : 子 – 1,000点 : 300 – 500 ・ 親 – 1,500点 : 500オール

2翻 : 子 – 2,000点 : 500 – 1,000 ・ 親 – 3,000点 : 1,000オール

3翻 : 子 – 3,900点 : 1,000 – 2,000 ・ 親 – 5,800点 : 2,000オール

4翻 : 子 – 7,700点 : 2,000 – 3,900 ・ 親 – 11,600点 : 3,900オール

ロン:ツモで書いてます。

1 翻増えるごとに、大体 2 倍になる感じですね。

符については、字牌、 1 ・ 9 牌の暗槓は 1 翻くらいプラスになる、程度で。

なお、平和・ツモの場合のみ、上記より点数が減るのですが、 1 翻下より少し多めくらいの気持ちで良いかと。

詳細に知りたい場合は、検索してみてください。

実践中の結果

 4 位と避ける!と対局で心掛けて、直近 10 戦は上画像の黄枠内の通り。

流石にできすぎで、やや守備的になりすぎているところもあります。

実際に、オーラスで 4 位の状態で、その時点の 3 位が親にロンされて、たまたま着アップできた、という対局がありました。

自分の攻守のバランスと雀力考えると、『雀傑』の間は 10 回中、 1 ~ 2 回は 4 位になり、残りは均等くらいかなと。

雀傑 1 から雀傑 2 にもなれましたし、この調子で順調に雀豪、さらには雀聖になりたいものです。

さいごに

段位的には『あゆぴん』さんを切るために、順調に進んでいるようには見えます。

ただ、今の自分の雀力では、ご本人も含め上の方の皆さまと同卓したら、 10 回中 1 回、上の順位に行けるかいけないかというところ。

運で段位をあげるのではなく、理論などを学んで、それを実践で活かせるだけの経験を積んでいけるよう、がんばっていく次第です。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト