【雀魂】イベントクエスト攻略!?三人打ちのすゝめ

 ランク(順位) 武闘家(16379
 経験値  3,131
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

イベント攻略!?三人打ちのすゝめ

通常クエストやイベントクエストで出てくる『~回ツモ・ロン』『~位以上をとれ』

イベント限定では、『特定の役を上がれ』などもあります。

特定の役は役牌系やタンヤオ、ピンフ、リーチなどで、達成できない時は本当にできませんよね。

そんな時に頼りになるのはやはり『三人打ち』です!

  • 三人打ちで達成しやすいクエスト
  • どちらでもあまり変わらないクエスト
  • 今後出てきそうな条件

この記事は大体5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

三人打ちで達成しやすいクエスト

~回ツモ、~回ロン系

単純に考えても、あがり確率が高くなる三人打ち。

同じ間であれば、あがる系のクエストは四人打ちより三人打ちは、かなり達成しやすいです。

ロン・ツモについては、上位の間になるにつれ、ツモが多くなりやすい、と考えておきましょう。

~位以上をとれ

現時点(2021/07/02)のところ、1位をとれ、というのは見たことがないので、2位以上、と考えてよいです。

このクエスト、そもそも四人打ちと三人打ちが同じ条件というのが間違っている、というレベルで三人打ちは達成が容易です。

“『連対』しなければいけない四人打ち”と、“『ラスでなければよい』三人打ち”、これを見ただけで難度が段違いだということがわかるかと。

特定の役をあがれ

これもあがり率の関係で三人打ちが圧倒的に達成しやすいです。

特定の役はこれまで、リーチ、タンヤオ、ピンフ、メンゼンツモ、自風・場風の役牌、三元牌の役牌、二翻役などがありました。

タンヤオ、ピンフなどの時は牌の種類が少ないので、どうなのか?とも感じますが、それを考えても、三人打ちの有利は揺らぎません。

ドラを含めてあがれ

強いて言えば、三人打ちで達成しやすいクエストとなります。

赤ありなので、2,3回あがれば自動でクリアとなっているとは思うので、どちらでも変わらないレベルではあります。

『北抜き』によるドラは恐らくカウントされると思われますが、対象のクエストがあるときに、北抜きのみのドラであがってクリアしたことが無いので、次回検証したいです。

“ドラ・赤ドラ・裏ドラ”と明記してあったので、もしかしたら『北抜き』の抜きドラや、カンドラなどは含まれないかもしれません。

どちらでもあまり変わらなそうなクエスト

~局放銃しない

すべての局で放銃するわけではないので、やっていればその内達成できる、難易度の低いクエストです。

人数が少ない分、三人打ちは放銃率が高くなるので、達成までの局数は四人打ちよりも多くなるかもしれません。

ただ、一局あたりの時間が少ないので、トントンくらいかなという印象。

今後、~局連続で放銃しないというクエストがでるようなら、四人打ちの方が有利になるかと思います。

~の間で~局打て

こちらも、やっていればその内達成できる難易度の低いクエスト。

時間効率は三人打ちが有利ですが、急いでクリアの必要が無ければ、どこでもよいかと。

注意が必要なのは、通常クエストでは四人打ち・三人打ち両方で、一番上位の間が指定されることです。

ですので、どちらかのみでしか達成できないこともあるため、クエストが溢れそうなときは、少し意識する必要があるかもしれません。

今後出てきそうな条件

連続で~しろ

『連続であがれ』、とか『2連続で一位をとれ』など。

そんなに急に難しいのは出ないと思うので、おそらく、まずは2連続からだろうと思います。

これは、もちろん三人打ちですね!

四人打ちで~・三人打ちで~を達成しろ

これはさすがに出てもいいと思うのですが。

これまでのクエストが差がありすぎなので。

普段のデイリークエストならば、報酬はそこそこのコイン止まりなので、達成する・しないはアクセントレベルです。

しかし、イベントのクエストとなると、結構なコインや、無課金プレイヤーにはそこそこ嬉しいかもしれないアイテムとかなので、差がつきすぎているため、良くない印象があります。

三人打ちやっている人だけが一方的に有利になる、というのは、四人打ち専業の方からすれば面白くないでしょうから。

さいごに

クエスト系のイベント終わった直後(公開:2021/07/11)という、遅きに失した感がある記事となってしまいました。

イベント時に三人打ちの接続数が多くなっていたので、「やった三人打ちも盛り上がってきた!」と思い、テンション上がって記事を書かずに打っていたら、イベントが終わっていまして。

そして、イベント終了で接続数は元通りとなってしまったため、これはいかん!と、思い立って書きあげた記事となります。

次回のクエスト系のイベント時に、そして、デイリーのクエストを取りこぼしたくない勢の方々のお役に立てれば幸いです。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト