【雀魂】電撃戦の三人東!!三人打ちのすゝめ

 ランク(順位) 武闘家(16370
 経験値  3,186
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

電撃戦の三人東!!三人打ちのすゝめ

三人打ちと言えば『早さ』

手番が来る『早さ』、一局の『早さ』、順位変動の『早さ』、対局終了までの『早さ』、と、気が付いたら対局が終了していることも多いです。

そして、段位戦で最も早いのは「三人東」

実際どのくらい早いのか?数値化してまとめてみたり、その魅力などを書いていきます!

  • 他の段位戦の対局と比べてどのくらい早いのか
  • 早いことのメリット・デメリット

この記事は大体5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

他の段位戦の対局と比べてどのくらい早いのか

数値化

まず一番長くなる四人打ちの一局の長さを“100”として、それぞれの段位戦を対局の長さを数値にしてみます。

 一局の長さ(★)最短局数対局長さ指数
四人南1008800
四人東1004400
三人南756450
三人東753225

★四人打ちと三人打ちで、連荘確率、思考時間、あがり巡目の違いなどもありますが、ここでは三人打ちを単純に 3/4 として書いています。

一番長いのが「四人南」(四人打ち半荘)で、指数としては“800”となり、一番短い「三人東」(三人打ち東風)“225”との差は歴然!

分かりやすく書けば、1対局「四人南」が1時間20分(80分)かかるとすると、「三人東」は22分くらいとなります。

これは、“圧倒的に「三人東」は早い”、と書いて問題ないはず!

実戦ではあがり巡目や、牌種の少なさによる思考時間の短さなどもあるので、上記数値以上に早くなります。

実測値

時間を計測してみた中から、例とできそうな対局を抜き出しました。

○三人東

1分42秒 – 2分50秒 -1分25秒 – 2分14秒

計:8分11秒

○四人東

3分11秒 – 3分10秒 – 3分30秒 – 3分53秒 – 3分39秒

計:17分23秒

双方、連荘が1回だけあったものをピックアップしました。

指数ほどの差とはなりませんでしたが、三人東の早さが具体的にわかっていただけるかと思います。

段位ポイントの移動の早さ

四人打ちと三人打ちで、段位ポイントは別物として扱われているので、三人東三人南を比較します。

上図は『金の間』三人南です。

一位 154 PT、三位は -118 PT となっています。

こちらは『金の間』三人東

連荘無しの局数が、三人東(三局)は三人南(六局)の 1/2 なので、三人南の PT を 1/2 にして比較してみます。

三人東 – 一位 : 77 PT – 二位 : 6 PT – 三位 : -77 PT

三人南 – 一位 : 77 PT – 二位 : -5 PT – 三位 : -54 PT

ほぼ同じくらいですね。

ただし、上図での三人南は一位が少し抜けているのに、ほぼ同じ、というところに着目してください。

抜けての一位がある三人南と、一般的な点差ほどの三人東が同じくらいの段位ポイント変動、ということになります。

そのため、同じ局数対局したとすると、三人東はより段位ポイントが動きます!

★抜き出した対局が悪かったのもあるので、同じくらいの対局の画像に書き換え予定です。

早いことのメリット・デメリット

メリット

早いことのメリットは、ポイントが動きやすいことです。

ある程度、雀力がある方は、適正な段位となるまでは、四人打ちでも三人打ちでも、東風でポイントを稼ぐのが得策かと。

他には、極論ですが、麻雀の順位は、なんだかんだあっても、ほぼオーラスで決まるものです。

重要なオーラスをより多く行えるのは、ポイント的にも経験値的にもきっとプラスとなるでしょう。

デメリット

少ない局数なので、どうしても運の要素に左右されがちです。

特に、三人東でそこそこあるのは、自分以外に「ツモ・ツモ・ツモ」とされた結果、親かぶりなどで、自分が三位となる、避けようのないラス。

後から牌譜を見直しても、まっすぐ打ってもどうしようも無く、無理目な鳴きでツモ順ずらせば何とかなったかもしれないが。。。という。

四人東は、直撃が無ければ四位は避けられる印象ですが、やはり何も参加できず終わる、ということが、まあよくあります。

正直、つまらないし、かなりフラストレーションがたまっていくことに。

結論

あがれず終わる、という最大の問題はありますが、数をこなせば何だかんだで収束はしていきます。

何もできないこともありますが、逆に自分だけがあがりつづけて、周りになにもさせず一位、ということも。

表裏一体の裏(良くない方)が出続けた場合でも、「なにそんなこともある」、という感じで気にせず次に行けるメンタルを持つのが大事。

さいごに

少し大きめに一回あがって、後はしのいでぎりぎりトップ。

ラスか2着か、というところで、オーラスに大きくあがって一気にトップ。

「三人東」は麻雀を打っていて、上記のようなかなりうれしい出来事が起こりやすいです。

そんな「三人東」を今後ともよろしくお願いします。

そして、私と同卓したらお手柔らかにお願いしますm(__)m

【雀魂】一時保存版!『雀傑』までにすべきこと!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト