【MTGアリーナ】置き物を許さない!緑単・ミッドレンジデッキを紹介!

 ランク(順位) 王(11400
 経験値  6,311
獲得バッジ
10週連続記事公開1つのカテゴリーで10記事25記事達成攻略記事を10記事公開

はじめに

この記事では,MTGアリーナでのスタンダード構築デッキである緑単・ミッドレンジデッキを紹介します。

緑単・ミッドレンジとは,緑の優良クリーチャーとパーマネント除去で,盤面を制圧する緑単色のデッキです。

基本的にはクリーチャーデッキで,最終的には殴り勝つことを目指します。

また,「実際のカードでもプレイしたい!」と思った人に向けて,紙のカードの値段も紹介していきます。

カードの金額に関しては,Wisdom Guidの平均価格を参照しています。デッキリストのカード名がそのままリンクになっていますので,そちらで最新の金額を確認できるようになっています。

*Wisdom Guidとは,MTGの総合情報サイトで,カードリストやシングルカード価格などを主に提供しているサイトです。

記載した金額は,あくまで投稿時のものですのでご了承ください。

  1. 緑単・ミッドレンジとは,クリーチャーとパーマネント除去で殴り勝つデッキです。
  2. 紙のカードでデッキをそろえると,約20,000円
  3. その他の緑パーマネントも考えながらアレンジ

それでは,デッキを見ていきましょう。

この記事は,5分ほどで読み終わりますので,ぜひ最後までお付き合いください!

緑単・ミッドレンジ:サンプルデッキリスト

クリーチャー(31)

(4)ラノワールの壌土語り(平均価格:300円)

(4)辺境地の罠外し/激情の罠破り(平均価格:70円)

(4)クウィリーオンの獣呼び(平均価格:200円)

(4)秋の占い師(平均価格:250円)

(3)装飾庭園を踏み歩くもの(平均価格:150円)

(2)墓所のうろつくもの(平均価格:650円)

(4)ウルヴェンワルドの奇異/ウルヴェンワルドのビヒモス(平均価格:50円)

(4)シルバーバックの古老(平均価格:650円)

(2)産業のタイタン(平均価格:1,600円)

インスタント(5)

(4)羅利骨灰(平均価格:250円)

(1)タミヨウの保管(平均価格:30円)

土地(24)

(4)死天狗茸の林間地(平均価格:1,100円)

(1)耐え抜くもの、母聖樹(平均価格:3,200円)

(19)基本・森

合計金額:19,660円(平均価格での合算)

ゼロからすべてのカードをそろえると,約20,000円あれば作ることが可能です。

カードの解説

ここでは,各カードを解説していきます。

クリーチャー

ラノワールの壌土語り

2つの起動型能力をもつクリーチャーです。

好きな色マナ1点を生み出す。

②自分がコントロールする土地1つを対象に,ターン終了時まで速攻をもつ3/3のエレメンタル・クリーチャーにする(ソーサリータイミングのみ)。

クウィリーオンの獣呼び

誘発型能力として,自分がクリーチャー・呪文を唱えるたびに,自身に+1/+1カウンターを1個置きます。さらに,自身が死亡した時に自分がコントロールしている望むクリーチャーの上に,自身に置かれていたた+1/+1カウンターを割り振って置きます。

辺境地の罠外し/激情の罠破り

日暮と夜明けをもつ両面クリーチャーです。

表面は,1マナと自身を生け贄コストにすることで,アーティファクトかエンチャント1つを破壊します。

裏面は,表面の効果に追加して,攻撃するたびに対戦相手のアーティファクトかエンチャント1つを破壊します。

装飾庭園を踏み歩くもの

戦場に出た時に,ライブラリーから基本土地・カード1枚を探し,タップ状態で戦場に出すことができます。ただし,土地を7つ以上コントロールしていないと攻撃もブロックにも参加できません。

戦闘に参加できなくても,効果対象には指定できます。

秋の占い師

常在能力として,自分のライブラリーの一番上のカードを見ることができ,それが土地・カードであればプレイできます。

集会能力が誘発すると,土地・カードに加えクリーチャー・呪文も唱えることができます。

 

墓所をうろつくもの

戦場に出た時た時と,攻撃時に墓地にあるカードを1枚追放します。自分が呪文を唱える時,追放されているカードと共通のカード・タイプ1種類につきマナコストが1軽減されます。

追放効果は強制なので,相手の墓地にカードがない時は,自分の墓地から追放することになるので注意が必要です。

 ウルヴェンワルドの奇異/ウルヴェンワルドのビヒモス

変身効果をもつ,両面のクリーチャー・カードです。

表面は,トランプルと速攻をもち,7マナを支払うことで裏面に変身できます。

裏面になると,パワーとタフネスが8/8となり,自分がコントロールしている自身以外のクリーチャーに+1/+1の修正と,トランプルと速攻を付与します。

シルバーバックの古老

自分がクリーチャー・呪文を唱えるたびに3つの効果の中から1つを選んで使用できます。

①アーティファクトかエンチャント1つを対象して破壊する。

②自分のライブラリーの上から5枚をみて,その中から土地・カード1枚をタップ状態で戦場に出すことができる(残りはライブラリーの下に置く)。

③4点のライフを得る。

 

産業のタイタン

到達とトランプルを持っており,戦場に出た時に4つある効果から2つを選んで使用できます。

①アーティファクトかエンチャントのうち1つを破壊

②プレイヤー1人を対象に5点のライフゲイン

③緑の4/4のサイ・戦士・クリーチャー・トークンを1体生成

④自身がコントロールするクリーチャー1体の上に盾カウンターを置く

 

インスタント

羅利骨灰

アーティファクトかエンチャントのうち1つを対象に破壊します。

キッカーコストが支払われた場合は,土地でないパーマネント1つを対象に追放します。

タミヨウの保管

自分がコントロールするパーマネント1つに呪禁と破壊不能を与え,2点のライフを得ます。

 

土地

死天狗茸の林間地

黒・緑マナを生みだす2色土地です。

土地を2つ以上コントロールしていないとタップインとなります。

スローランドとも呼ばれます。

 

耐え抜くもの、母聖樹

緑マナを生み出す伝説の土地です。

魂力によって,対戦相手の特殊地形,アーティファクト,エンチャントを破壊できる特殊土地です。魂力を使うと,相手に基本土地タイプをもつ土地をサーチさせてしまうので,使用時に注意が必要です。

魂力のコストは,自分がコントロールしている伝説のクリーチャー1体につき1マナ軽減されます。

プレイのポイント

ここでは非常に大まかですが,プレイ方法のポイントを解説します。

  • 基本はマナカーブに沿ってクリーチャーを展開していきます。
  • 初手は,ラノワールの壌土語りかクウィリーオンの獣呼びが理想です。
  • 相手が初手にアーティファクトかエンチャントを展開したら,辺境地の罠外しや羅利骨灰での返しも良いです。
  • シルバーバックの古老はキーカードですが,単体で戦場に出すと除去されやすいので注意しましょう。
  • 羅利骨灰のキッカーコストの黒マナは,ラノワールの壌土語りか死天狗茸の林間地で確保します。
  • 不用意に展開し過ぎて,全体除去で崩壊しないよう展開する量を調整していきす。

他に相性のよさそうなカード

デッキのアレンジに使える相性のよさそうなカードを5つほど紹介します。

基本はクリーチャーデッキなので,緑の優良クリーチャーが候補に挙がります。

価格参照のリンクも貼ってありますので,参考にしてください。

他にも選択肢はたくさんあると思いますので,自身のプレイスタイルに合わせて調整してください。

隆盛な群れ率い(平均価格:100円)

マナ総量が4以上のパーマネントをコントロールしていると,+1/+1カウンターが置かれた状態で場に出ます。

また,マナ総量が4以上の呪文を唱えるたびに,自身に+1/+1カウンターが置かれていきます。

緑1マナなので,序盤はブロッカーにし,後半はシルバーバックの古老の効果誘発に利用したりできます。

祝祭の出迎え(参考価格:200円)

団結能力をもっており,3つの効果から1つを選択して使用できます。

①自身の上に+1/+1カウンターを1個置く。

②宝物・トークン1個をタップ状態で生成する。

③自分が2点ライフゲインする。

+1/+1カウンターを置けるので,秋の占い師の集会効果と相性が良いです。

機械壊しの河童(参考価格:50円)

接死・カウンターが1個置かれた状態で戦場に出ます。

対戦相手に戦闘ダメージを与えた時,接死・カウンターを1個取り除くことで,相手がコントロールするアーティファクトかエンチャント1つを追放します。

忍術効果も持っているため,不意を突いた攻撃も可能です。

隠遁した剥製師(参考価格:30円)

起動型能力として,タップで好きな色マナを1点加えます。

自分の墓地に4枚以上のクリーチャー・カードがあるかぎり,+3/+2の修正を受けます。

クリーチャー除去の多い相手の時に有用です。

作業場の戦長(参考価格:200円)

戦場に出た時に自分が3点のライフゲインし,死亡した時に緑の4/4のサイ・戦士・クリーチャー・トークンを生成します。

奇襲とトランプルをもっているため,出た時の能力と死亡時の能力を同時に使用することもできます。

 

おわりに

ここまでお読みいただき,ありがとうございました。

今回は,緑単色のミッドレンジデッキを紹介しました。

アーティファクトやエンチャントが多い環境では,強烈な強さを発揮するかと思います。

ワイルドカードを使用することで,MTGアリーナを始めたばかりの人でも作成することが可能です。

初心者をはじめ,経験者の皆様にもこの記事が参考になれば幸いです。

機会があれば,実際のカードでも楽しんでみてください!

それでは,また。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ハラダンディー
お疲れ様です。ハラダンディーです。マジックザギャザリング(MTG)を中心に執筆しています。初心者向けの記事から,よりコアな記事も執筆したいと思っています。色々と調査することも好きなので,リクエストがあればツイッターまでお願いします。https://twitter.com/haraDandy