【MTGアリーナ】黒のパワーカードが満載!黒単コントロールデッキを紹介!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

はじめに

この記事では、MTGアリーナのタイムレス構築デッキである黒単コントロールデッキを紹介します。

黒単コントロールとは、黒のパワーカードが詰め込んだ黒単色のコントロールデッキです。

Youtuberのローグさんが動画で使用しているデッキを参照しています。

  1. 黒単コントロールとは、強力カードで盤面を制圧するコントロールデッキです。
  2. MTGアリーナ限定のタイムレス構築です。
  3. 紙のカードでは構築不可です(フォーマットが存在しない)。

それでは、デッキを見ていきましょう。

この記事は、5分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

黒単コントロール(60):サンプルデッキリスト

クリーチャー(7)

(4)オークの弓使い

(3)黙示録、シェオルドレッド

インスタント(13)

(4)暗黒の儀式

(4)致命的な一押し

(4)不憫な悲哀の行進

(1)塵へのしがみつき

ソーサリー(7)

(4)思考囲い

(3)絶望招来

アーティファクト(3)

(3)一つの指輪

プレインズウォーカー(5)

(2)ヴェールのリリアナ

(3)大いなる創造者、カーン

土地(25)

(3)陰謀団の要塞

(22)基本・沼

カードの解説

ここでは、各カードを解説していきます。

クリーチャー(7)

オークの弓使い

瞬速を持つクリーチャーです。
【誘発型能力】これが戦場に出たとき、ならびに、対戦相手が自分の各ドロー・ステップ内で最初に引くカード以外のカード1枚を引くたび、クリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤーのうち1つを対象とし、1点のダメージを与えます。その後、オーク動員1を行います。

黙示録、シェオルドレッド

接死を持つ伝説のクリーチャーです。

【誘発型能力1】自分が1ドローするたび、自分は2点のライフを得ます。

【誘発型能力2】対戦相手が1ドローするたび、対戦相手は2点のライフを失います。

インスタント(6)

暗黒の儀式

自分のマナプールに、(黒)(黒)(黒)を加えます。

致命的な一押し

紛争を持つインスタント呪文です。

クリーチャー1体を対象とし、それの点数で見たマナ・コストが2以下であるなら破壊します。

【紛争(誘発型能力)】 このターンに、自分がコントロールするパーマネントが戦場を離れていたなら、代わりにそ、のクリーチャーの点数で見たマナ・コストが4以下であるなら、破壊します。

不憫な悲哀の行進

この呪文を唱えるための追加コストとして、自分の手札にある望む枚数の黒のカードを追放することができます。この呪文を唱えるためのコストは、これにより追放されたカード1枚につき(2)少なくなります。
クリーチャーやプレインズウォーカーのうち1体を対象とし、それにX点のダメージを与え、自分はX点のライフを得ます。

塵へのしがみつき

脱出を持つインスタント呪文です。

墓地からカード1枚を対象とし、それを追放します。それがクリーチャー・カードであるなら、自分は3点のライフを得ます。そうでないなら、1ドローします。
【脱出(常在型能力)】(3)(黒)、自分の墓地から他のカード5枚を追放します。

ソーサリー(4)

思考囲い

プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーは自分の手札を公開します。自分はその中から土地でないカード1枚を選びます。そのプレイヤーはそのカードを捨て、自分は2点のライフを失います。

絶望招来

対戦相手1人を対象とし、クリーチャー1体を生け贄に捧げることを強制します。それができない場合は、そのプレイヤーは2点のライフを失い、自分は1ドローします。その後、エンチャンとプレインズウォーカーでも同様の手順を行います。

アーティファクト(4)

一つの指輪

(246)《一つの指輪/The One Ring》[LTR] 茶R

破壊不能を持つ伝説のアーティファクトです。
【誘発型能力1】これが戦場に出たとき、自分がこれを唱えていた場合、次の自分のターンまで、自分はプロテクション(すべて)を得ます。

【誘発型能力2】自分のアップキープの開始時に、これの上にある重荷カウンター1個につき1点のライフを失います。

【起動型能力】Tap:これの上に重荷カウンター1個を置きます。その後、これの上にある重荷カウンター1個につき1ドローします。

プレインズウォーカー(4)

ヴェールのリリアナ

【+1】各プレイヤーは手札を1枚捨てます。

【-2】プレイヤー1人を対象とし、クリーチャー1体を生け贄に捧げることを強制します。

【-6】プレイヤー1人のすべてのパーマネントを二束に分け、そのプレイヤーが選ばなかった一方をすべて生け贄に捧げます。

大いなる創造者、カーン

【常在型能力】対戦相手がコントロールしているアーティファクトの起動型能力は起動できません。

【+1】クリーチャーでないアーティファクト最大1つを対象とします。自分の次のターンまで、それはパワーとタフネスがそれぞれそれの点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーになります。

【-2】自分は、ゲームの外部か追放領域にあり自分がオーナーであるアーティファクト・カード1枚を選び、そのカードを公開してあなたの手札に加えることができます。

土地(22)

陰謀団の要塞

【マナ能力1】Tap:(1)を加えます。
【マナ能力2】(3)、Tap:自分がコントロールしている基本・沼1つにつき(黒)を加えます。

サイドボード

このデッキは、大いなる創造者、カーンによってサイドボードからカードを手札に加えることができます。

プレイを有利にするサイドカードを紹介します。

虚空の杯

【置換効果】これはX個の蓄積カウンターが置かれた状態で戦場に出ます。

【誘発型能力】いずれかのプレイヤーが、点数で見たマナ・コストが、これの上に置かれた蓄積カウンターと同数の呪文を1つ唱えるたび、その呪文を打ち消します(自分も対象になる)。

オルサンクのパランティール

自分の終了ステップの開始時に、対戦相手1人を対象とします。これの上に影響カウンター1個を置き、占術2を行います。

その後、そのプレイヤーは「あなたはカード1枚を引く(対戦相手ではなく自分)。」を選ぶことができます。そのプレイヤーがそうしないなら、自分はカードX枚を切削します。Xはこれの上にある影響カウンターの個数と同数です。そのプレイヤーは、それらのカードのマナ総量の合計に等しい点数のライフを失います。

石の脳

【起動型能力】(2)、Tap、これを追放する:対戦相手1人を対象し、カードの名前1つを選びます。そのプレイヤーの墓地と手札とライブラリーから、選択した名前を持つカード最大4枚を探し、それらを追放します。そのプレイヤーはライブラリーをシャッフルし、その後、これにより自分の手札から追放されたカード1枚につき1ドローします(起動はソーサリータイミングのみ)。

液鋼の塗膜

【起動型能力】Tap:パーマネント1つを対象とし、それはターン終了時までそれの他のタイプに加えてアーティファクトになります。

*大いなる創造者、カーンのプラス能力と組み合わせることで、土地を破壊することができます。

隔離するタイタン

アーティファクト・クリーチャーです。

【誘発型能力】これが場に出たか戦場を離れたとき、基本土地タイプ1種(平地・島・沼・山・森)につきそのタイプの土地を1つ選び、それらを破壊します。

*最大で一度に5つの土地を破壊できます。

ワームとぐろエンジン

接死と絆魂を持つアーティファクト・クリーチャーです。

【誘発型能力】これが死亡したとき、接死を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークン1体と、絆魂を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークン1体を生成します。

ファイレクシアの変形者

マナ・コストにΦマナを持つアーティファクト・クリーチャーです。

【置換効果】自分は「ファイレクシアの変形者は、これが他のタイプに加えてアーティファクトであることを除き、戦場に出ているいずれかのクリーチャーかアーティファクトのコピーとして戦場に出る」ことを選ぶことができます。

*Φマナを持っているため、色を選ばずにデッキに入れることができます。

プレイのポイント

ここでは非常に大まかですが、プレイ方法のポイントを解説します。

実際のプレイに関しては、ローグさんの動画を是非ご覧ください。

おわりに

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、タイムレス構築にて黒単のコントロールデッキを紹介しました。

ワイルドカードを使用することで、MTGアリーナを始めたばかりの人でも作成することが可能です。

初心者をはじめ、経験者の皆様にもこの記事が参考になれば幸いです。

機会があれば、実際のカードでも楽しんでみてください!

それでは、また。

ライター紹介

ハラダンディー
お疲れ様です。ハラダンディーです。マジックザギャザリング(MTG)を中心に執筆しています。初心者向けの記事から,よりコアな記事も執筆したいと思っています。色々と調査することも好きなので,リクエストがあればツイッターまでお願いします。https://twitter.com/haraDandy

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト