ポケモンSV 画像

【ポケモンSV/DLC】藍の円盤ストーリーを勝手に攻略!前編

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

藍の円盤ストーリー攻略・記録

強く 強く!

強く!! 強く!!!

オーガポンをともっこから守り、村の誤解も解き、綺麗に終わったと思われた「碧の仮面」

しかし、その物語の最後には、新たな戦いを予感させるひとりの男の奮起が描かれようとしていました。

そして、この藍の円盤でその男とついに再び相まみえるときが来ました!

そんな本記事ではネタバレなしでポケモンSVのダウンロードコンテンツ後編「藍の円盤」をプレイしてみてのリアルな感想と考察をお届けしておりますので、ご興味がございましたら、目を通してみてください。

内容は「物語の開幕~ブルベリーグ開幕」までとなっています。

  1. 藍の円盤をネタバレなしでプレイしてみての感想・考察
  2. 本編のみプレイ(サイドミッションは省略)
  3. 物語の開幕~ブルベリーグ開幕まで

本記事は5分ほどでお読みいただけます。

ストーリー後半に関しては下記の記事にまとめておりますので、あわせてご覧になってみてください。

【ポケモンSV/DLC】藍の円盤ストーリーを勝手に攻略!後編

藍の円盤ストーリー攻略

クラベル校長から連絡

ポケモンSV 藍の円盤

物語はクラベル校長からの連絡から始まります。

碧の仮面の際には一切登場しなかったクラベル校長がここに来て初めて登場・・・?妙だな・・・あっ・・・。

みなさん、すみませんが、わたくしもう分かってしまいました。

これ、伏線ですよね。

最初に言っておきましょう。

クラベル校長、やはりあなたが黒幕だったのですね・・・。

信じていたのに・・・どうして・・・。

そんな衝撃の事実を胸に押し殺しながらも、わたしは物語を進めなければなりません。

クラベル校長に従うまま、イッシュ地方のブルーベリー学園に行くことになりました。

校長室へ

ポケモンSV 藍の円盤

クラベル校長に言われるがままにアカデミーの校長室に行こうとすると、エントランスホールに怪しいおじさんが。

彼の名前はシアノ。

どうやらクラベル校長の古くからの友人であり、ブルーベリー学園の校長のようです。

どう見ても怪しい。

これはクラベル校長とダブル黒幕ですわ。

ブルーベリー学園へ

というわけで、ブルーベリー学園に到着。

海に浮かび一部の設備は海の中に沈んでいるまるで要塞のような学校です。

絶体絶命のオーシャンバトルロイヤルでも始まりそうですね。

クラベル校長との関係は?

クラベル校長について聞くことができる機会があったので聞いてみました。

ですが、話を遮るかのように誰がかやってきました。

これはクラベル校長が黒幕であるあからさまな伏線ですね。

話を邪魔・・・説明してれたのはタロというブルーベリー学園の生徒でした。

かわいい。

かわいいのですが、この笑顔。

怪しい。

学園内を案内される

タロちゃんに学園を案内してもらうことになりました。

まずはエントランスロビーに向かいます。

タロちゃんとバトル

早速、タロちゃんとポケモンバトルすることになります。

タロちゃんが繰り出してきたのはマイナンとプラスル。

そんな貧弱なポケモンで大丈夫ですか?

と思ったら3匹目にドリュウズを出してきました。

そういうのでいいんだよ。

制服を受け取る

タロちゃんとのポケモンバトルのあと、ブルーベリー学園の制服とおしゃれカードあおを受け取ります。

シアノ校長から「キマってる」というお褒めの言葉も。

キマってる・・・?

気のせいかもしれませんが、不穏な単語に聴こえますね。

シアノ校長、あなたまさか・・・。

テラリウムドーム

続いて向かったのは学園内にある「テラリウムドーム」です。

ゲームを抜けた先には広大な大地が広がっていました(あ!PVで見たシーンだ!)

テラリウムドーム内を探検

コーストエリアに向かう前に、少しだけテラリウムドーム内を探索しました。

噂通り、テラピースがたくさん手に入りますね。

これからの育成がずいぶん楽になりますね。

コーストエリア

リージョンフォームのポケモンを捕まえることに。

わたしは道中でアローラベトベターを捕まえていたので、その場で終了しました。

ゼイユからの連絡

リージョンフォームを捕まえるというイベントを終えると、ゼイユから連絡があります。

センタースクエアで待ち合わすることに。

「聞いたわよ!」って一体誰に聞いたのですか・・・。

怖いですね、個人情報が漏れるということは。

ゼイユとの再会

センタースクエアでゼイユと再会し、ポケモンバトルすることに。

ポケモンバトル後はスグリ、カキツバタと続々と登場。

リーグ部

スグリのその後と現在についてゼイユから話を聞いたあとは、リーグ部へ移動し、カキツバタからブルベリーグについて話の説明を受けます。

ゆれないおまもり、リーグ部の服を受け取り、新しい投球フォームを教わることに。

寮の自室へ

アカデミーでの学校生活と同じようにプレイヤーの部屋があります。

そこでスグリやカキツバタの話をゼイユから聞くことができます。

学園で最強と言われたカキツバタをも倒すほど成長したようです。

学生食堂でカキツバタと会う

ゼイユと話したあとは学生食堂に向かい、カキツバタから話を聞きます。

そこへやってきたのはブルベリーグ四天王、そしてチャンピオンのスグリでした。

友達である主人公と再会したときに、驚き険しい表情が緩むようすには昔のスグリくんの雰囲気が感じられました。

ブルベリーグにエントリー

ブルベリーグに参加することになった主人公はエントランスで受付をおこないます。

正式な生徒ではないということで、受付係に止められそうになりますが、チャンピオンのスグリの助け舟により無事エントリーすることができました。

今でこそすっかり変わってしまったスグリですが、一瞬だけ見せた懐かしい表情に、「ねーちゃん」と呼ぶ姿には、やはり面影を感じます。

ブルベリーグ開幕

というわけで、始まったブルベリーグ。

四天王はテラリウムドーム内に点在しており、誰から挑戦するかはプレイヤーの自由となっています。

かつてない難易度とも言われるこの藍の円盤。

果たして、四天王を倒し、スグリのもとに辿り着くことができるのでしょうか!

本記事のまとめ

  • 碧の仮面で一切登場しなかったクラベル校長からなぜか連絡がある(黒幕の可能性あり)
  • クラベル校長の友人であるシアノ校長から怪しさを感じる(黒幕の可能性あり)
  • クラベル校長の過去を聞き出そうとしたところ、なぜか話を遮られる(黒幕の可能性あり)
  • テラリウムドームで懐かしのポケモンと再会、そして道具がたんまり!
  • スグリ豹変、果たして打ち勝つことができるのか

クラベル校長、やはりあなただったのですね。

信じていたのに・・・。

巷ではブライアが黒幕と騒がれていますが、わたしはクラベル校長が黒幕だと思っています。

これまでの言動もそうですが、藍の円盤開幕のクラベル校長からの通信でそれが確信に変わりました。

なぜ、碧の仮面で一切登場しなかった彼が、今になって現れたのか。

“計画の準備が整った”

そういうことなのです。

ことの顛末、見届けさせてもらいますよ・・・。

関連記事

【ポケモンSV】クラベル黒幕説まとめ

ポケモンSV本編に於けるクラベル校長の黒幕説まとめです。

言い逃れできない理由ばかりです。

クラベル黒幕説に新展開!?ゼロの秘宝に登場する老人の謎に迫る

碧の仮面で一切登場していないと思われていますが、実は裏で糸を引いていたとわたしは考えています。

藍の円盤できっと明らかになるはずです。

【悲報】クラベル校長やはり黒幕だった、手持ちポケモンの名前に隠された本当の意味

そもそも、クラベル校長の手持ちのポケモンを見てください。

そのポケモンたちの名前に隠された本当の意味。

わたしたちはこんなあからさまなヒントに気づけなかったのです。

【ポケモンSV/DLC】新たな黒幕候補

一度、黒幕候補からはずれたからと言って、黒幕ではないとは限りません。

スグリの豹変っぷりを見たでしょう。

ゲームフリークは驚くべき展開が好きなのです。

クラベル校長が悪に堕ちたときの顔なんて本当は見たくはないのです・・・。

だから、嘘だと言ってください・・・。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト