【シャドバ】クロスオーバー実装!最強デッキ考察

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(76376
 経験値  756
獲得バッジ

ここでは、3月1日のアップデート後から新規で実装されるクロスオーバーのデッキ構築について、考察していきます。

  1. そもそもクロスオーバーとは
  2. さまざまなクラスを組み合わせたデッキ構築と解説
  3. まとめ

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまで読んでいただけると幸いです。

新フォーマット!クロスオーバー

メインクラスは24枚、サブクラスは9枚以上カードを入れなければならない制限はありますが、新しいコンボがたくさんあるとても面白いフォーマットではないかと期待しています。

また、「クロノウィッチ」と「竜の託宣」は事前に制限カードになっています。

また、期間限定でランクマッチも開催されるので、最高ランクのマスターを目指しましょう!

それでは、ここからはデッキ例とその構築のコンセプトを書いていきます。

ラティカエルフ&人形ネメシス

ラティカエルフのコンボとそれを補うための人形ネメシス要素を組み合わせたデッキです。

基本的には、「万緑の回帰・ラティカ」での OTK (ワンターンキル)で5、6ターン目にリーサルを目指します。

サブプランで「奏絶の破壊・リーシェナ」が入っていて、ラティカプランでもトークンで加える「奏絶の独唱」が0コストかつ面を空けられて優秀です。

アグロロイヤル&エルフ

アグロロイヤルエルフを組み合わせたデッキです。

「フォレストレンジャー・ウェルダー」「クイックブレーダー」で1ターン目から相手のリーダーの体力を削り、「忠義の剣士・エリカ」などで削りきるといったデッキです。

「ゴールデンウォーリアー」のサーチ先が「ゴブリンの奇襲」になっていて、実質3コストで2/3のスタッツを立てながら、ランダム3点で除去するカードになっています。

アグロロイヤル&アグロネクロ

アグロロイヤルアグロネクロを組み合わせたデッキです。

「ゴールデンウォーリアー」のサーチ先が「霊体の侵入」になっていて、相手のリーダーの体力を削ることに特化したデッキになっています。

スペルウィッチ&ドラゴン

ドラゴンスペルウィッチを組み合わせたデッキです。

「竜人の羽ばたき」からは「イグニスドラゴン」が確定でサーチ出来るので、PP ブーストカードが実質7枚入っているような構築になっています。

混沌ウィッチ&ドラゴン

混沌ウィッチドラゴンを組み合わせたデッキです。

先ほどと同様、「竜人の羽ばたき」からは「イグニスドラゴン」が確定でサーチ出来るので、4ターン目には「混沌の流儀」をプレイすることが出来ます。

また、混沌ウィッチの弱点であったフィニッシャー不足を「古今独歩の大拳豪・ガンダゴウザ」が解決してくれています。

進化ネクロ&進化ロイヤル

進化ネクロ進化ロイヤルを組み合わせたデッキです。

進化可能ターンから一気に進化回数を稼いで、コストの下がりきった「クレイモアマスター」や「スケルトンレイダー」で一気に相手のリーダーの体力を削りきるのが勝ち筋になります。

守護ビショップ&ロイヤル

守護ビショップロイヤルを組み合わせたデッキです。

「曙の乙女・セラ」に進化を切ることで一気に守護フォロワーの数を増やせるのが魅力です。

また、「モノクロのエンドゲーム」「ホーリーセイバー」の5 PP 回復のための進化回数を増やすことが出来るのも強みです。

機械ネメシス&混沌ウィッチ

機械ネメシス混沌ウィッチを組み合わせたデッキです。

「混沌の流儀」でコストが下がったり、「創造の具現化」からの「極地の創造主・ベルフォメット」は確実に試合を決めてくれます

まとめ

新実装されるクロスオーバーはふつうの構築に比べてたくさんの構築の可能性があるので、どのデッキが強いかは未知数です。

ここに載せたものを参考にしたり、それ以外にも自分で考えたコンボなど、さまざまなデッキを作って遊んでみてください。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト