【ウマ娘】今回は行けそうな気がする?育成上振れチェックリスト

 ランク(順位) 拳闘王(17388
 経験値  3,461
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

今回は行けそうな気がする?育成上振れチェックリスト

育成中、これは来た!いける!と思うとき、ありますよね!

個人的にはデビュー前の序盤で、笹針師成功『切れ者』取得、前二つよりは少し落ちて『愛嬌○』取得、あたりが来ると、テンションが上がります!

そんなテンションが上がるイベントがどれだけあるのか、リストにしてみました。

それぞれのイベントの詳細や、嬉しい度合いなどをここから書いていきます。

私はこの内、2,3出れば嬉しい、それ以上は僥倖!というレベルで考えていますが、みなさんはどうでしょうか?

  • いつ出てもすごく嬉しい(できれば序盤)イベント
  • 序盤で出るとすごく嬉しいイベント(『愛嬌○』取得)
  • 嬉しいイベント
  • 少し嬉しいイベント
  • わずかに嬉しいイベント

この記事は5分くらいで読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

リスト

  1. 笹針師出現・成功
  2. 「切れ者」取得
  3. 序盤で「愛嬌○」取
  4. 上々の面構えッ・成功
  5. 継承時に金色発生・または通常でも大量因子継承
  6. 野良サポートカードで体力回復が複数回発生
  7. 友情トレーニング3人以上が多めに発生
  8. 共通の体力回復イベントが結構発生
  9. 『福引チャンス!』で『特上にんじんハンバーグ』以上
  10. 「お休み」時に 70 回復が頻発
  11. バッドコンディション時に「お出かけ」で解消

笹針師出現・成功

いつ出てもすごくうれしい筆頭ですね!

ただ、『元気で健康になれる』『魅力アップ』を選択時は、状況次第というところでしょうか。

いつも「直線回復」「コーナー回復」は、“笹針師が出るかもしれない…!”と願って、スキルポイントでの取得を、後回しにしてしまっています。

「切れ者」取得

こちらもいつ出ても嬉しいのですが、デビュー前に取得できたらこれは来た!感がかなりします。

普段とらないようなスキルまでうっかり取得してしまい、ポイントが足らなくなることがあるのはご愛敬。

序盤で「愛嬌○」取得

一部のサポートカードを入れている場合や、育成ウマ娘が「ハルウララ」「カレンチャン」「サクラバクシンオー」などの場合は確率が上がります。

友情トレーニング回数を増やすためには、出来れば序盤、デビュー前に取得したいところです。

「ゴールドシップ」は隠しイベントでとれる可能性があるとしても、シニア級の6月後半というのが。。。

『ゲート難』の方がむしろ嬉しい、までありますからね。

固有でとれる育成ウマ娘、サポートカード構成ではない時に、野良(※)ニシノフラワーで『温もり愛情弁当』出た時にはもう!

※ここでは育成開始時に選択したサポートカードに入っていないことを『野良』としています

上々の面構えッ・成功

ここからは『嬉しいイベント』ですね。

そこそこ出ないイベントで、成功で金スキルを確定入手できるのが嬉しい!

ただ、「アオハル杯」の方のシナリオでは出ないイベントかもしれません。

終盤、パワーが一定以上の時は大体成功しますが、パワーが微妙な時に出てきて、SKIP 中に不吉な音が聞こえてしまった時のがっかり感が。。。

選択で入手できる金スキル『ハヤテ一文字』『好転一息』はどちらも取得済み、ということがそれほどないので、成功がほぼ確定する終盤の方が嬉しいかもしれません。

継承時に金色発生・または通常でも大量因子継承

金色継承が出れば、これは行ける!感が。

通常でも、やたらと因子を継承できる場合があるので、その時はかなりやれるように感じます。(因子の内容はともかく)

相性で結構変わってくると思いますが、要は、たくさん因子ゲットで嬉しい!と。

(追記)光っている因子については前回の継承に関わるもので、今回育成には関係ない説が濃厚らしいですね。。。失礼しました。

野良サポートカードで体力回復が複数回発生

体力的に、次のターンは「お休み」で『なまけ癖』が怖い、というときに野良サポートで、例えば上画像のビコーペガサス『必殺技を手に入れろ!』が来た時の安心感たるや!

まあ、だいたいは1ターン先延ばしするだけですが。

そんなに起きないことでもないですし、体力がMAXの時に体力回復のみで選択できないイベントが出てきて不発、ということもあるので、複数回としてみました。

クレーンゲーム発生で大成功

そもそも「お出かけ」が、やる気下がった時に行うものなので、ネガティブになりがちですが、クレーンゲームは一発逆転感がありますね!

大成功時の『直線回復』のヒント LV2 は、まだとっていない場合、そこそこ嬉しいです。

友情トレーニング3人以上が多めに発生

サポート構成によるものもありますが、友情トレーニングは3人から嬉しい印象です。

得意率アップの確率やタイプ一致のサポート数によって、たくさん起こすこと前提としている場合も考え、「多め」と曖昧な感じで。

アオハル杯の場合は、アオハル特訓も絡むので、少し事情が変わりますが、友情トレーニングが嬉しいことは変わりないです。

トレーニングにたくさんいる

トレーニング選択したら、思いがけずサポートのアイコンがたくさん並んでいると、結構テンション上がります!

友情トレーニングがあると、なんとなく期待してしまうので、”思いがけず”にはならないため、こちらは序盤で絆がたまっていない時が中心です。

★画像では、バクシンオーも『四人はたくさんではないような?』とみていますので、もっとたくさんの画像が取れたら差し替えます。

共通の体力回復イベントが結構発生

汎用だと食事など、たくさん食べる方の選択(下選択肢)だと体力30回復、スキル PT 10獲得のやつですね。

固有で同じような結果があるウマ娘(メジロマックイーンなど)も。

出る時はやたら出てくる印象。

たくさん食べる方だと、スピード -5 と『太り気味』もついてくる場合もありますが、基本、たくさんの方1択です!

パワーとスタミナのトレーニングしていればデメリット無く、その内『太り気味』は大体治るので。

ちなみに、『太り気味』は”トレーニング”でスピードが上がらない、ですので、イベントでは普通にスピードが上がります。

出る時は出るということで、「結構」は3~4回くらいでしょうか?回数上限はあるのかな?

『福引チャンス!』で『特上にんじんハンバーグ』以上

ステータス的には『温泉旅行券』『特上にんじんハンバーグ』が同じなので、以上としてみました。

『温泉旅行券』は「育成を大成功させないといけない!」というプレッシャーも出てきますが…!

「お休み」時に 70 回復が頻発

ここからは『少し嬉しいイベント』ですね。

30回復でもいいけど『なまけ癖』は来るな…!と念じて実行した時に、「休息はバッチリ!」と出てきたときの安心感!

だいたい、『体力が69回復した』などで 100% 使いきれない時が多いですが。

どちらかというと、『なまけ癖』が付かなかった、というマイナスではない印象の方が強いので、頻発としてみました。

バッドコンディション時に「お出かけ」などで解消

『保健室』の前に、やる気も下がったので、先に「お出かけ」かな?と実行して、神社が見えた時のお得感!

1ターンか、それ以上使うつもりのところを節約できるのは、その時は結構嬉しく感じます。

ただ、そもそもバッドコンディションになってしまって、「お出かけ」で1ターン使わされた、という現実を振り返ると、そうでもないかな?と。

そもそも治らないこともそれなりの確率でありますし。。。

他にも、『練習下手』が都合よく『練習上手○』で上書きできた時、などもここに入ります。

サポートカードイベントで金スキルが LV3

一部のサポートカードでは LV1 固定のようですが、ヒント LV3 となる可能性があるイベントもあります。

取得できた時『あ、やった!』という感じで、少し嬉しいです。

さいごに

書いてみたら、結構あるな、という印象です。

リストというからには、何かチェックボックス的なものにした方が良いのかな?とも思いましたので、今後の改善点とします。

上では、2,3個発生したら嬉しい、と書きましたが、イベントの種類によるかな、と。

今後、嬉しさの重みづけや、足りないものがあったら追加の更新をしていくかもしれません。

自分で起きたことが無いので挙げませんでしたが、野良サポートカードから金スキル取得!とか可能性があるのなら、すごく嬉しいに入りそうです。

野良が『完走した』、と何かのコメント欄でログとともに書いてあるのは、見たことあるのですが。

下振れリストも下記記事でまとめておりますので、良かったら見てみてください。

【ウマ娘】次回はきっとうまくいく!育成下振れチェックリスト

【ウマ娘】意外と知られていない!?『根幹距離〇』や『逃げのコツ〇』などの効果!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト