【ドラクエウォーク】究極の時間泥棒!今からでも楽しめるドラゴンクエストウォークの魅力とは

 ランク(順位) 傭兵(125388
 経験値  438
獲得バッジ

ドラゴンクエストウォークとは?

簡単に言うとGPSを使用して、目的地に向かってモンスターを倒しながら歩くゲームです。

経験値を稼ぎ、お金を稼ぎ、レベルを上げ武器を強くし最強を目指すのが一つの目的となっています。

当然それだけにとどまらず、ドラクエならではの要素が数多く盛り込まれ、誰でも熱中できる作りになっています。

今回はそんなリリースから3年目に突入した今だからこそ楽しめるドラクエウォークの魅力に迫ります!

  1. 自分で目的地を設定してゴールを目指すゲーム
  2. 目的地までの道のりでドラクエでおなじみのモンスターとのバトルが白熱
  3. モンスターを仲間にしたり、様々なドラクエシリーズとのコラボが熱い!
  4. 様々な職業でレベルを上げて自分だけの最強パーティーを作れる

この記事は5分程度で読み終わりますので、是非最後まで読んでいってください。

移動するときのお供に最適

「ウォーク」と名前がついている通り、移動することで多くの恩恵を受けられるゲームになっています。

ということで、まずは歩くことでどんな恩恵が受けられるのかまとめてみました。

  • 歩数に応じてマイレージが貰える(後ほど用途を紹介します)
  • たくさんのモンスターと戦える(レベリングしやすい)
  • たくさんのツボを割れる(回復スポットで様々なアイテムが貯まる)
  • 歩いた分だけスライムが育つ(いろんなスライムに進化させられて、スライム図鑑収集要素も)
  • 目的地が遠いほどクリア時に次のストーリー解放に必要なポイントが多く貰える
  • ほこらと呼ばれる特別なモンスターと戦えるスポットに行ける(登録してあとでゆっくり戦うことも)
  • 強力なメガモンスターと戦える

このように歩くだけでキャラクターの強化やアイテム収集ができる夢のようなゲームになっています。

フリーな時間はあまりないけど、職場までの行き来が長いような人にとってはまさにぴったり!

後は家で強化されたパーティーでじっくり強敵に挑み、試行錯誤するという至福の時間を迎えることができます。

でも、移動時にこれだけの数こなせるの?と思ってしまいますが、実はそれにうってつけの機能が備わっています。

それが「WALKモード」です。

この機能をオンにすると、なんと先に挙げた項目のほとんどを自動でやってくれちゃったりします。

初めはじっくりその世界に浸る方が多いかと思いますが、慣れると色々とすっ飛ばしたくなるもので・・。

そういった痒いところに手が届くようなシステムを搭載してくれています。

ストーリーより戦闘重視

というのも全編テキストベースで自分で目的地も設定するので、ストーリーを進めている感じがあまりしないからです。

その分、どんどん新しいモンスターが出てくるので早く次のストーリーに進みたいという意欲につながってはいます。

とにかく重厚なストーリーより戦闘を中心に楽しみたい人にはもってこいな作品といえます。

手強いモンスターに立ち向かえ

ドラゴンクエストと言えばモンスターを倒すことが一つの根幹となっています。

このゲームでもそれは変わらずモンスターを倒すことで様々な恩恵をうけることができます。

  • 経験値とお金が貰える
  • モンスター討伐数によって報酬が貰える
  • ステータスを上げるためのモンスターのこころが手に入ることがある
  • レアモンスターが存在する
  • スカウトモンスターを倒すと仲間になることがある(2周年からの新要素)
  • 通常と異なる強敵モンスターやギガモンスターも存在する

モンスターを倒すだけでこれだけ見返りがあると俄然やる気も出るってもんですね。

戦闘はおなじみのコマンドバトル形式で、素早さの早い順から行動することができます。

職業、武具、こころの3柱を整えよう

武器毎に様々な属性が付与されている特技、呪文が存在し、弱点をつけるかどうかで戦闘での優劣が激変します。

これによりあのモンスターにはこの武器で、または職業を変えて魔法で戦ってみよう等、様々な戦法を模索できます。

さらに重要な要素としてモンスターのこころというものが存在します。

これはモンスターを倒すと確率でドロップするもので、装備するとステータスの底上げができるようになっています。

こころにはランクがD~Sまであり、こころの種類にもよりますがSになるとかなりのステータスアップに!

特にレアモンスターのこころは大幅に攻撃力等のアップが期待できるので、見つけたらすすんで倒していくことをお勧めします。

中には特殊な特技が付与されるこころもあるので、収集要素としても楽しむことができるようになっています。

モンスターを仲間にして最強を目指そう

さらに2周年から実装されたシステムで、先に触れたようにスカウトモンスターを倒すと確率で仲間にすることができます。

そして仲間にしたモンスターは強化もでき、モンスターグランプリで戦わせることまでできてしまいます!

現在、仲間にできるモンスターは45種類!

素質によってステータスに違いが出るようになっており、最高ランクの「極」がでれば超ラッキー!

それ以外にも様々な性格、技を持っており技の継承もできるので自分だけの最強モンスターを作ることもできちゃいます。

クエストに疲れた時はモンスター収集、育成で気分転換もいいかもしれません。

ドキワク!ガチャで強い武具をゲットしよう

このゲームの最もメインとなるものがこのガチャシステムです。

所謂、宝くじのようなもので、引いた宝箱毎にランクが設定されていて、様々な武具がゲットできます。

銀の箱が☆3の武具、金の箱が☆4の武具、そして虹の箱が☆5の最高ランクの武具が入っています。

残念ながらそう簡単に☆5の武具は当たりませんが、当たればパーティーの強化に直結!

また、ガチャの時の演出を見るのも楽しみの1つ。

派手な演出程、虹の箱の期待が高まります!

そんなワクワクするガチャを引く手段としては3つの方法があります。

ジェムで引く

ジェムはストーリーやイベントクエストをクリアすることで集めることができます。

300ジェムで1回ガチャを引くことができ、単発か10連(3000ジェム)のどちらかを選択できます。

常にイベントガチャは開催されているので、今の所持ジェムと武器の詳細をよく確認して引く引かないを判断すると良いです。

最近の傾向では1カ月に約1万ジェムは配布されているので、ある程度貯まるまで我慢するか、しないかはあなた次第です!

ふくびき補助券で引く

ジェム以外にもふくびき補助券というものでガチャを引くことができます。

これは、新しいガチャが実装されたときに必ず配られるもので、補助券1枚で1回ガチャを引くことができます。

ガチャ実装毎に10回分は配布してくれるので3000ジェム分無料で引かせてくれるようなもの(やさしい!)。

補助券はガチャでしか使えないので、ゲットしたら迷わず引いていきましょう。

マイレージで引く

そしてもう一つガチャを引ける要素として「マイレージ」というポイントが存在します。

これはモンスターを倒したり、ツボを割ったり、歩数によってゲットできるポイントになっています。

1000ポイントで1回分の補助券と交換できるので、目当ての武器が出てきたらマイレージガチャで運試しもいいかも!?

(マイレージは1週間でリセットされ最大3万ポイントまで貯めておけます)

イベントはドラクエ好きにはとにかく熱い

イベント毎に専用武具やモンスターも用意されているので、押しのシリーズがイベント開催されたら激熱!

(定期的にドラクエシリーズや外伝とのコラボイベントが開催されています)

毎週途切れることなくイベントは開催している(週1で更新)ので、見逃しに要注意です。

特に9月12日は周年イベントが開催される日で、1年に1回のお祭り騒ぎになります。

最強の武器やモンスター、新システムも登場するのでそこまでジェムを温存して思いっきり開放するのも悪くないかもしれません。

最後に

実は筆者も1周年目からこのゲームを始めていたりします。

初めはただ会社の先輩に誘われてなんとな~くやっていただけだったのですが、あれまあれまと強くなり・・。

今では先輩を凌駕するほどの猛者となり、どっぷりはまってしまっています(そして2周年からついに微課金ユーザーに!)

ただ、今考えると途中から始めたからこそ安定した楽しさに魅了されたのかもしれません。

(ちなみに筆者はドラクエ5しかやったことないので、ドラクエをあまり知らない方でも楽しめると思います)

これから始める人にもヘビーユーザーにもいつでも新鮮なドキドキワクワクを味わせてくれるドラクエウォーク。

旅のお供といいつつこっちがメインになりかねない程はまれる一品です。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト