【レビュー】君は生き残ることが出来るか?「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,493
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

PSで発売された『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

今回遊ぶゲーム

機動戦士ガンダムのゲームは、かなりの数があり、その中には「駄作」もあれば「良作」もあります。

今回は、劇場版Ⅲめぐりあい宇宙編の、宇宙戦を題材にした作品「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」をレビューしていきたいと思います!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  1. PS2『機動戦士ガンダム』の続編となる作品
    限定盤はガンダムのフィギュア付き!
  2. 宇宙での立体戦を限りなく再現!スピード感ある戦闘は爽快
  3. ガンダムゲーの中ではかなりの良作の部類に入る作品
    原作再現が良くできている!

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

こちらの記事もオススメ!

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』シャアだらけの赤い彗星祭り!

機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙(PS2)の概要

タイトル機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙
ジャンル3Dアクションシューティング
対応機種PlayStation 2
発売元バンダイ
プレイ人数1~2人
発売日2003年9月4日

本作は、2003年にPS2で発売された、3Dアクションシューティングです。

本作は、2000年にPS2で発売された「機動戦士ガンダム」の続編にあたります。

前作のセーブデータがあれば、最初から「TV版モード」を遊べることが出来ます。(TVの演出を重視したモードです)

ちなみに、初回特典版には、ダイジェストDVDが付属しています。

限定盤には「機動戦士ガンダム Ver.1.5」と「ガンダム4号機のMIAシリーズフィギュア」が付属していました。

機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙(PS2)の評価は?


本作の操作性ですが、簡単に操作ができ、ゲーム内部のチュートリアルも充実していて、説明書を読まずともゲームを楽しめる出来となっています。

3Dシューティングとしての出来も良く、宇宙での立体戦を限りなく再現しています

「移動しながら戦闘するフェーズ」と、「その宙域に留まり戦闘をするフェーズ」があり、「移動しながら戦闘するフェーズ」は、かなりのスピード感があり爽快です

キャラゲーとして?

アムロ・レイなどのエースパイロットを使用する時は、まさに一騎当千の活躍が出来ます。

しかし、他のノーマルパイロットを扱うと、それほどの活躍はできず、アムロ・レイの強さが良く分かることに。

その点では、キャラゲーとしてはうまくできている作品です。

機体も、量産型の「ジム」から大型MSの「デンドロビウム」など、扱える機体も多くにあり、「戦闘機」や「ガルバルディα」などのマイナー機体も存在しており、それを操作する楽しみもあります

問題点も存在する

ゲームの難点としては、「狙った敵に中々ロックオンが出来ない」という欠点があります。

また、敵に狙われていても、それを知らせるアラートシステムのようなものは存在してないので、急に不意打ちを喰らい、大ダメージを受けるという事態が多発するのも難点です。

本作は、難易度の選択ができません。

難しくても、難易度変更という選択肢が無いというのは少し残念な点でした。

ゲームモード紹介

ゲームモードは、5つあり

  • 「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイを主役にした『ストーリーモード』
  • 「機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…」に登場するサラブレット隊を主役とする『サイドストーリーモード』
  • 一年戦争から0083に登場するエースパイロットを使用できる『エースパイロットモード』
  • 自分でエースパイロットを育てる『ミッションモード』
  • 各モードで入手したパイロットや機体を、CPU や 2P と戦える『バーサスモード』
  • ※『ネットワークモード』もありますが、現在はネットワークを使用することが出来きません。

    ストーリーモード


    ストーリーモードは、アムロ・レイの戦いを追体験できるモードで、最初はジャブローから宇宙に上がった場面から始まります。

    マ・クベが操るギャンやビグザムとの戦いを得て、最終決戦はア・バオア・クーで死闘を繰り広げ、最後はなんと生身でシャアとフェンシングで戦うことになります

    ストーリーモードをクリアすると、TVの演出を重視した「TV版」が遊べるようになります。

    演出が変わっていたりするので、それを見たいため、もう一回遊びたくなります。

    サイドストーリーモード


    サイドストーリーモードは、「機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…」を題材としています。

    この作品には、「ガンダム4号機」や「ガンダム5号機」が登場し、主役は「フォルド・ロムフェロー中尉」で、5号機を操りゲームを進めることになります。

    このモードは、ふたつのエンディングがあり、クリアするとガンダム4号機が使用できるという特典もあります。

    条件は少し難しいですが…。

    エースパイロットモード


    エースパイロットモードは、「シャア・アズナブル」、「黒い三連星」、「ジョニー・ライデン」、「シン・マツナガ」、「ユウ・カジマ」、「コウ・ウラキ」、「アナベル・ガトー」、「シーマ・ガラハウ」の話を、短いながらも体験することが出来きます。

    自分の好きなキャラクターがいれば、なおさら嬉しいモードですね!

    ミッションモード


    ミッションモードは、オリジナルパイロットを制作することができ、ミッションをこなしオリジナルパイロットを成長させるのが目標のゲームモードです

    育って切ったパイロットは、バーサスモードで使用することが出来るので、アムロ・レイを超えるパイロットを作ってみる楽しみ方もあります。

    まとめ


    本作のBGMは、原作と同じでテンションがあります。

    ムービーにおいても、新規製作の場面が多数あり見ごたえがあります。

    最初に流れるOPムービーも出来も素晴らしかったです。

    全体的に、原作再現がとても良くできています。

    キャラ同士の掛け合いや、ステージ内部の細かいギミックや小ネタが仕組まれていたり、ローディング画面の凝りようなど原作愛に溢れているゲームでした。

    ゲームの出来はとても良く、ガンダムゲーの中ではかなりの良作の部類に入る作品だと思います

    【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
    奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

    RAID:Shadow Legends

    月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

    「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

    なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

    Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

    300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

    そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

    課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

    レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    レビューのご紹介

    レビューレビュアー
    キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
    レビューレビュアー
    課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
    レビューレビュアー
    画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて! /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

    Raid: Shadow Legendsのドラゴン

    魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

    ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

    ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

    ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

    しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    (どんどん沼っていく理由が分かりました…)

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    戦略性のある中毒性があるバトル!

    Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

    何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

    戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

    編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

    戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

    クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

    また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

    そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

    Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

    Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

    主なコンテンツは、この6つ!

    • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
    • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
    • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
    • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
    • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
    • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

    特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

    編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

    無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

    1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA