【リィンカネ】(ニーア リィンカーネーション)新章『零の証明』公開レビュー!新ダンジョンも!

 ランク(順位) 軽戦士(50388
 経験値  1,597
獲得バッジ
1記事で1万PV10記事達成

=========== © SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ===========

(以下、一部ネタバレあり)

【NieR】(ニーア)シリーズのモバイル版として、そのビジュアルとサウンドが美しい、ニーア・リィンカーネーション(以下略称:【リィンカネ】。)

【ニーア】シリーズのダークな物語進行や、リアルな画質のクオリティはそのままに、モバイル特有の手軽さと、ガチャやコラボキャンペーンといったソシャゲならではの楽しみを加えたプレイができるのが、魅力です。

今回、2022年7月15日から、新章【太陽と月】の章の中の続編として、【陽ノ肆:朝暉の章】及び【月ノ肆:宵闇の章】として【零の証明】という名の、新ストーリーが公開されました。

新ストーリーの公開だけでなく、7月18日にはシークレットストーリー、さらには7月25日には新ダンジョンも公開されたというので、再注目!

リリースから1年5ヶ月経っても、その【リィンカネ】らしい世界観は、新章にも反映され続けているのか、さっそくその辺りをプレイ&レビューしていきたいと思います!

  1. 新ストーリーでも【黒い鳥】の居場所探し
  2. 新機能【おとしもの】システムでアイテムゲット
  3. 前章【少女と怪物の物語】「六章:刻石の章」にもシークレットストーリー追加!
  4. カムバック勢でも大丈夫!再開及び新ダンジョン多数でメモリー強化

この記事は4分で読み終わります。気軽に読んでみてください。

新章【太陽と月】、そして【零の証明】新ストーリーの見どころ

NieR

【陽ノ肆:朝暉の章】または【月ノ肆:宵闇の章】

今回の主人公は、現代社会で学校の図書室から、目が覚めると【檻(ケージ)】の世界にいきなり居たという高校生の設定。

この第二章【太陽と月】ではプレイヤーの選択によって、第二章の始まりに主人公が男子学生になるか女子学生になるかが決まってきました。

従って、プレイヤーは前回までの章までとは、反対の性別での主人公でスタートし、それぞれ【陽ノ肆:朝暉の章】または【月ノ肆:宵闇の章】のストーリーが始まることになります。

どちらを選択しても、一貫して現代社会から来た人物が【檻(ケージ)】に降り立ち、そこに立っている【黒いカカシ】なる像の中に入り込み、そこで語られる物語の修復を行う、という進行になっています。

筆者の場合は、第二章の始まりに選択されなかったほうの主人公、男子高校生の覚醒からスタートしました。

第一章とは異なる【ママ】という案内人

前章、第一章では、少女と怪獣の物語でした。

第一章と第二章の違いは少女が現代社会から来た人物ではなく、異国のどこかの遠い地で、現実に苦しんでいた人物だったという点。

それ以外はこの第二章でも同様に【黒いカカシ】の世界に入り込み、

【ママ】と名乗る浮遊しているキャラクターと共に、物語を読み進み、その歪んだ事件やストーリーを修復していきます。

しかし第二章の【ママ】と第一章の【ママ】は異なるようで・・・

第二章のママは、第一章のママと比べて何やら随分とテンションが高いようです。

これは第二章の始まりが女子生徒だった場合に出てくる、【パパ】も同様に、見知らぬ主人公に馴れ馴れしく話しかけてきて、テンションが高く、第一章の【ママ】とは異なり、少しずつ「ウザい」ような人間臭さも表してきます。

【陽ノ肆:朝暉の章】または【月ノ肆:宵闇の章】攻略

さて、攻略としてはこれまで通り、【檻(ケージ)】の中を進み、【黒いカカシ】にタッチしていき、物語を進めては戦闘、という繰り返し。

【宵闇の章】の場合は、【檻(ケージ)】内はどうやら夜の設定です。

前章をクリアしたレベルであれば、【ノーマル】モードのクリアは心配ありません。

どのステージも、【水属性】をメイン武器にして、およそ推奨戦力「90000代」あればクリアできるようになっています。

ストーリーの内容は、【ニーア】シリーズや、【リィンカネ】でもお馴染みの、戦場や戦争についての、ダークな世界観。

そして今回はそこに『AIが国と戦闘の指揮を行う近未来』の設定が加わっていて、近代版の【ニーア】シリーズという印象を受けました。

ぜひ、実際にプレイしてその世界観を体験してみてください!

黒い鳥探しは健在!

これまでもあった、黒い鳥探しは健在です。

【月の肆:宵闇の章】の【黒い鳥】の場所▼

一つ目

QUEST1、宵闇の章に入って階段を登ってすぐ、丸い回廊を進んでいく間の柵の間

二つ目

QUEST4の黒いカカシの部屋が2階なので、その前の階段横、1階右下の部屋の手前

三つ目

QUEST7の黒いカカシの手前の階段の向かい側の柱下(入手アイテム:羽ぼうき小✖️100)

四つ目

QUEST10前、ほとんどQUEST7直後、階段を登る途中の踊り場で「叶えたい願い」について問うところ、向かい側の柱の根元

【マップ】活用!【おとしもの】機能について

第二章から【マップ】機能が充実しています。

先程の【黒い鳥】も、ストーリーを一通り終えてから、マップ機能で確認すると、未習得の【黒い鳥】が表示されるので、取り逃がしても安心!

さらにマップを確認するともう一つ良いことが。

【檻(ケージ)】上に、【おとしもの】というものが出現しているのが表示されます。

【おとしもの】はマップ内に落ちている、アイテム。

【おとしもの】は、最大数に限度はあるものの、一度拾っても一定時間ごとに再び【檻(ケージ)】上に増えていきます。

貯まって最大数に達していると、マップ上で丸く光るようになります。▼

実際の【檻(ケージ)】での【おとしもの】の表示のされ方▼

アイテムも実に豊富!

【檻(ケージ)】内を再散策して、得した気分になれるのです。

シークレットストーリーとは?

【シークレットストーリー】とは、クリアした章の【檻(ケージ)】をマップから再訪すると、【シークレットストーリー】が出現していることがある、、、というもの。

7月18日に追加されたシークレットストーリーの場所は下記の通りです。

  • 少女と怪物の物語「六章:刻石の章」
  • 太陽と月の物語「陽ノ弎:明昼の章」「月ノ弎:暮夜の章」

シークレットストーリーを読み解きたい場合、ただただマップから発生した場所を再訪するだけではなく、そこに表示される各ミッション(「キャラクターを10回限界突破する」など)をクリアする必要があります。

シークレットストーリー出現例▼

マップからシークレットストーリーの確認例▼

新ダンジョン【電脳の記憶】7月25日公開!

7月25日からは高レアリティの【メモリー】が取得できる、ダンジョン【電脳の記憶】が公開されました!

このダンジョンは、新章【陽ノ肆:朝暉の章】または【月ノ肆:宵闇の章】をクリアすると出現するというギミックになっています。

このダンジョンの嬉しいところは、しばらく【リィンカネ】から離れていた人や、これからやってみよう、という人もメインクエストをしっかりクリアしていけば、より強いメモリーを手に入れられる仕組み。

パーティーの戦力強化につなげられます。

メモリーについての活用方法は下記の記事でも説明しているので、ぜひご一読を!▼

https://chara.ge/nier/nier_reincarnation_nier_replicant_new_chapter_release_imminent_new_event_utilization_midfield_capture_strategy_review/

このダンジョンで得られる高メモリー一覧▼

さいごに

【リィンカネ】の新章も、やはり【ニーア】シリーズに共通して出てくるのが、『戦争』そして『対立する何か』。

今回もダークなテーマではありますが、それがシリーズお馴染みの魅力でもあります。

まだまだメインクエストもサブクエストもどんどん更新されそうな展開なので、次回も引き続きレビューしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

かばマネージャー
常時3つのソシャゲとswitch内2種のゲーム攻略で、寝不足のかば。改め、かば Likeなマネージャー。営業マンのストレスからかゲームに打ち込む日々。

意外な特技はフランス語、趣味でフランスのYou Tuber発掘と日本文化と日本のゲーム紹介You Tubeを時々アップしています。

ゲームが上手くなりたい、強くなりたい、でもなれない・・・そんな葛藤を持ちつつ、一流ゲーマーを夢見て今日も日本の素晴らしいゲームを紹介していきます。