ランクマッチ分布率徹底解説

【ApexLegends】ランクマッチ 分布率解説

 ランク(順位) 傭兵(111368
 経験値  445
獲得バッジ
1記事で1万PV1つのカテゴリーで10記事10記事達成

最新のランクマッチ 分布率の解説をいたします!

(2022年01月05日更新)

こちらの情報は公式が出しているものではございませんが、レジェンドの使用率と同じく「Tracker Network」というトラッカーサイトで集計・公表されているものです。

17,016,131人のアカウントを監視しており、かつ5日以内のアクティビティで集計しておりますので、そこそこ正確な情報となっております。

当記事では以下の情報について記載しております。

  1. 最新のランクマッチの分布率
  2. 各ランク帯の分布詳細情報
  3. ランク分布率の確認方法

この記事は5分で読み終わりますのでどうか最後までご覧ください。

ランクマッチ 分布率

ランク分布率
2022年01月05日時点のランクの分布率は上の画像の通りとなります。

一番多いのは「プラチナⅣ」で16.187%です。

あくまで Tracker Network に登録しているユーザー、17,016,131人(2022年01月05日現在)でのデータとなりますが、全体を見てもこの分布率と見て遜色はないでしょう。

それではなぜ「プラチナⅣ」が突出して多いのかという理由について解説いたします。

「プラチナⅣ」が多い理由…

ランクマッチの参加費に関係していると予想されます。

参加費は

ゴールド帯:24RP(キルポイントが0の場合、6位でプラス)

※6位を取れるのは1マッチ60人中18人でこの時点でおよそ3分の1がキルをしなくてもプラスになる計算です。ここからさらにキルポイントによるプラスが出てきますので、よほど連敗しない限り、やり続けていればプラチナに上がることができる、ランク帯となっています。

プラチナ帯:36RP(キルポイントが0の場合、5位でプラス)

※5位というと1マッチ60人中の15人、4分の1のプレイヤーがキルをしなくてもプラスになります。

こうなってくるとプラスマイナスのバランスが取りにくく、1度初動で負けると-36RPと大きいマイナスで上げにくいランク帯となっています。

また、参加費以外にもゴールドⅣからゴールドⅢに挙げるために必要なRPは500RPに対し、プラチナⅣからプラチナⅢに挙げるのには600RP必要とランクを上げるために必要なRPが増加することにも原因があります。

上記の理由でプラチナⅣは初心者と中級者の分け目とも言われます。

プラチナⅣから上にあげられるプレイヤーは中級者を名乗ってもよいでしょう。

各ランク帯の分布詳細情報

先の章でも記述した通り、あくまで Tracker Network に登録している17,016,131人(2022年01月05日現在)の割合になりますが、全体を見ても大体このような分布になっていると予想できます。

また、以降の詳細な数字を見るとわかるかと思いますが、1番プレイヤー数の多いランク帯はプラチナ帯ということになります。

それでは詳細な分布率を見ていきましょう。

ブロンズ帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
ブロンズⅢ2.470%7,008人
ブロンズⅡ2.238%6,349人
ブロンズⅠ2.284%6,478人

シルバー帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
シルバーⅣ4.375%12,412人
シルバーⅢ4.038%11.456人
シルバーⅡ4.261%12,089人
シルバーⅠ4.652%13,196人

ゴールド帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
ゴールドⅣ11.303%32,066人
ゴールドⅢ8.405%23,843人
ゴールドⅡ7.618%21,612人
ゴールドⅠ8.519%24,167人

プラチナ帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
プラチナⅣ16.187%45,902人
プラチナⅢ6.622%18,787人
プラチナⅡ3.881%11,009人
プラチナⅠ4.498%12,759人

ダイヤ帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
ダイヤⅣ5.742%16,288人
ダイヤⅢ0.848%2,406人
ダイヤⅡ0.418%1,187人
ダイヤⅠ0.528%1,499人

マスター帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
マスター1.112%3,156人

プレデター帯

ランク帯分布率(%)プレイヤー数
プレデター不明不明

シーズン11 ランクマッチ情報

Rank Reward

ランクマッチ スプリット期間とマップ

スプリット期間マップ
スプリット111/3(水) AM 2:00 ~ 12/22(火) AM3:00ストームポイント
スプリット212/22(水) AM 3:00 ~2/9(水)?ワールズエッジ

ランクマッチ 報酬一覧

公式より公開されているランクマッチの報酬をご紹介いたします。
※シーズン11のものが公開されていないため以下の情報はシーズン10のものになります。

ランク帯バッジ武器チャーム降下軌道
ブロンズブロンズ バッジあり
(未公開)
なし
シルバーシルバー バッジあり
(未公開)
なし
ゴールドゴールド バッジあり
(未公開)
なし
プラチナプラチナ バッジあり
(未公開)
なし
ダイヤダイヤ バッジあり
(未公開)
ダイヤ 軌道
マスターマスター バッジあり
(未公開)
マスター 軌道
プレデタープレデター バッジあり
(未公開)
プレデター 軌道

 

ランク分布率の確認方法

①以下のリンクより「TrackerNetwork」に遷移します。

TrackerNetworkリンク

②ホーム上部のタブから「ApexLegends」をクリックします。

以下の画像では赤色の四角線で囲っております。

TrackerNetworkホーム
③上部2段目のタブより「Leaderbords」をクリックします。

以下の画像では赤色の四角線で囲っております。

TrackerNetwork_ApexLegends

④ランク分布率の棒グラフが表示されます。

TrackerNetwork分布率

以上です。

上記の手順でリアルタイムで更新されている情報が確認できますので、気になった方は是非ご覧ください。

以前のシーズンの分布率について

以前のシーズンのランクマッチの分布を確認したい際は以下の記事に記載がござますので、ご確認ください。

「Apex Legends」シーズン9 ランク分布率解説

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

志村
志村
主にApexに関する記事を執筆しております!
ご満足のいただける記事をこれからも書き続けますので応援よろしくお願いいたします!
過去に投稿した記事を確認したい際は以下をクリック!