【アテギア】リセマラは誰を狙うべき?やり方も含めて解説!

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

アテギアのリセマラ関連情報

11/18にリリースとなったアーテリーギア、通称アテギア!

事前情報まとめでお伝えした通り、事前登録人数50万人達成報酬にて、引き直し可能なSSRチケットが配布されています!

【アテギア】いよいよ11月18日リリース!アーテリーギア事前情報まとめ

アテギアは公式さんとコラボして、リリース前にアテギアをリリースしている動画があること、大陸版が先にリリースされていることなどから、情報が比較的豊富にあるゲームです。

今回はそんなアテギアの、「リセマラ」に絞った情報となっております。

アテギアがどんなゲームか知りたい、何をすればいいのか知りたい、という人は、先に上記リンクより「事前情報まとめ」をご覧ください。

  1. リリース記念ガチャチケットで引き直し可能
  2. チケットからは排出されないキャラが存在する
  3. アテギアのガチャ仕様を理解してリセマラしよう

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

リリース記念特別招集チケットとは?

リリース記念特別招集チケットとは、リリース時に開催されているガチャのうち、「リリース記念特別招集」のガチャを無制限に引き直しできるチケットのことです。

  • イベント限定ガチャではない
  • ピックアップガチャではない
  • 通常招集(恒常ガチャ)ではない

ラインナップは他ガチャと異なるため、基本的には「リリース記念特別招集で排出されないキャラ」がリセマラの当たりとなります。

リセマラ自体は非常に時間がかかる

アテギアは、すでにアテギアのゲームデータが紐づけされているアカウントに、上書きでアカウントを紐づけし直すことができません。

そのため、リセマラ用のアカウントを用意しておき、ゲストでログイン→ダメだったらアカウントと紐づけ→ゲストでログイン→ダメだったらアカウントと紐づけ(上書き)→ゲストでログイン、という、よくある高速リセマラ手順が使用できないことになります。

アプリデータ削除にてリセマラ自体は可能

アプリを終了させ、スマートフォンの設定>アプリよりアプリデータを全削除すれば、ゲストアカウントが削除されるためリセマラ可能です。

ただ、労力に対しリセマラするほどの恩恵が多いわけではありません。それよりログボなどを確実に獲得したほうが恩恵は大きいため、リセマラをする場合、ゲーム内日付更新までに完了させましょう。

リセマラ分のアカウント用意でも可能ではある

新規で用意したアカウントに紐づけ→ゲストでログインを繰り返せば、データ削除せず(高速で)リセマラを行うことは可能です。

繰り返しになりますが、1アカウントに対してゲームデータは1つしか紐づけできないため、この方法でリセマラを行う場合は、リセマラを行う数分アカウントを用意する必要があります。

アテギアの日付更新時刻について

アテギアの更新時刻は毎日朝5時。早めに初めてログイン報酬を取ってしまった方がいい気がするので、急ぎで最前線の人に追いつきたい!という人は、日付更新時刻も意識するといいかもしれません。

データダウンロード量が膨大

アプリデータ削除時、初期ダウンロードデータが約4.8GBと超膨大で、ダウンロードだけで数十分かかってしまいます。

データ削除で行うリセマラは、あまり現実的な選択肢とは言えないでしょう。

どこまで進めてリセマラすべき?

チュートリアル終了直後(メインストーリー1-2時点)では、リリース記念特別招集以外に、通常のガチャチケ1枚のみが手元にある状態です。(このチケはすぐ使ってしまってもOK)

単発ガチャのみでのリセマラは労力的に厳しいため、可能であれば序盤、一切の強化なし(ストーリー進行で加入するAGは都度編成して進める)で突破できるメインストーリー1章(1-10)くらいまではストーリーを進めて石を確保したいところ。

また、別途運営から石やチケが届いている場合は勘定してしまいましょう。

10連分の石は2-9までで回収できる

10連分(1800石)の回収には、ミッション報酬やプレゼント報酬などを都度受け取ったうえで、メインストーリー2-9までのクリアが必要です。

手に入れた装備品は未強化でもいいので装備して、バトル時間を短縮してリセマラしましょう。

リセマラポイント

  • 1-1終了後、募集解放にてガチャチケ1枚(非推奨)
  • メインストーリー1-10終了後、チケ1+石950(単発6回)
  • メインストーリー2-9終了後、チケ2、石1880(十連+単発2回)

リセマラ1回に対する労力が非常に大きいので、もしリセマラするのであれば2章クリアまでは頑張りたいところ。

リリースと同時に「イベント限定ガチャ」が実装されている

すでに他国でリリースされているアプリであり、今回日本版でのリリース、ということもあって、アテギアは最初からイベント限定ガチャが同時開催されています。

このイベント限定ガチャからのみ排出されるAGは、現行で開催されているイベントガチャ終了後は入手することはできません。

期間限定AGは性能面でも優れている場合が多いこともありますが、長くプレイする予定であれば、限定キャラ目当てでのリセマラが良いでしょう。

ピックアップ召集は引かなくてOK

  • ピックアップ召集で排出される星5AG

  • 通常招集で排出される星5AG

排出率の違いこそあれど、排出ラインナップはピックアップと同様。

  • リリース記念召集で排出される星5AG

ミルヴァス、忍、シリウス、スリエル、篝が排出されない。

  • イベント召集で排出される星5AG

通常招集、およびピックアップ召集に加えて、修羅(イベント限定のAG)がラインナップに加わっています。

修羅はこのイベント召集でしか排出されないことがわかりますね。

石チケリセマラは誰を狙うべき?

そのとき開催されているイベント限定AG一択でOKです。ただし、育成に非常に時間がかかるので、イベント限定AGの見た目が好みではない場合、ピックアップの方を狙う、でもOK。

性能面では序盤、どの役割の★5でも育成すれば刺さります。

リセマラの労力的に、自分が進められるだけメインストーリーを進めて石を回収し、回収した分で修羅を獲得で来たらリセマラを終了、その後リリース記念召集で目当てのキャラを引くまで引き直しをしましょう。

引き直し可能チケでのリセマラは誰を狙うべき?

全員恒常星5確定、かつアプリ開始直後の現時点で強キャラ判定は難しいため、特定の星5狙いより、星4を何枚引けるかでリセマラしたほうがいいと思います。

とはいえ、それでは参考にならないので、レアリティ関係のない強キャラランキング作成しました!

メインクエストや高難易度攻略というよりは、演習(PVP)でのキャラが関心が高いようなので、そこでの使用率に絞って紹介しています。

【アテギア】演習ランキングから見る最強キャラ一覧

ストーリー加入AGを補強する形がおすすめ

ストーリー上で加入するAGは、以下のようになります。

  • 青コアのバランサー(ニオ)
  • 赤コアのストライク(ブルー)
  • 緑コアのストライカー(マルゴット)

バランサーとはその名の通り、攻守、バフデバフなど複数の役割が持てるAGのこと。

ストライクとは、単体・全体問わず火力特化のAGのこと。

ストライカーとは、味方の弱体解除、HP回復といったヒーラーの役割を持つAGのことです。

火力が低い緑コアのAGを補強するため、バランサーやストライクの緑AGを狙う場合、赤や青AGに回復を任せられるよう、セットで緑以外のストライカーAGを確保するといいでしょう。

引き直し可能チケットで2枚抜きは可能?

ガチャの確率詳細のところに確率が記載されておらず、星5AGが1体まで確定、の表記があるため、2枚抜きはできない仕様となっているようです。

目当ての星5AGと、星4AG複数体、もしくは星5、星4の目的の組み合わせで引くのが良いでしょう。

募集解放時のチュートリアルガチャはマルゴット固定

1-1終了後に募集が解放され、チュートリアルで無料単発ガチャを回すことになります。

そちらで加入するAGは、緑コアのマルゴット固定です。

その後、リセマラする場合は2章クリアまで進めて石チケを集め、ガチャを回すまでが序盤の流れとなります。

アテギアのリセマラおすすめまとめ

リリース直後で情報が倒錯しているアテギアですが、序盤だからこそ「取り返しのつかない要素」は存在しません。

とりあえず排出一覧から見た目が好みのAGを見つけて、それ目当てで始めてみるのもいいと思いますよ!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。