【アテギア】演習ランキングから見る最強キャラ一覧

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

PVPでどのキャラを使っている?

リリースから2週間が経過し、演習の環境もだいぶ落ち着いてきました。

リリース直後ではわからなかった各キャラの強さも広まってきたところで、改めて「演習で使用されている」キャラランキングをご紹介させていただければと思います。

今からリセマラをやるよ!という方や、育成するキャラに迷っているよ!という人の参考になれば幸いです。

  1. グループごとに環境は違いそう
  2. アタッカー星上げはマスト?
  3. 初期低レアも活躍!組み合わせが重要

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

※ランキングは12/04時点の段位順位を参照しております。

ランキング上位10名の採用率1位

上位10位に絞った場合の採用率1位は「アリス(初期★4)」と「瑠璃(初期★4)」でした。

いずれも★4で排出されるAGということもあって、RANKが上げやすいというのもあるかもしれませんね。

アリスは6人中1人だけ★5運用、それ以外はアリス、瑠璃ともに★6での運用となっていました。

ランキング最上位なので育成が進んでいる人が多いと思いますが、育成の優先度的にはアタッカーである瑠璃の方が重要と考えて大丈夫でしょう。

アリスの特徴と使い方

アリスのスキル構成

  • ランダムな味方1人の速度ゲージ15%前進
  • 指定した味方1人に再行動付与+自身の速度ゲージ20%前進
  • 敵単体に確率(75%)で2ターンの速度ダウン付与

リリース記念ガチャチケットからは排出されません。

アリスの本体はスキル2の再行動付与。これで敵全体を足止めできる強力なデバッファーや、修羅のような強力なアタッカーを再行動させ、先制攻撃で倒してしまおう、という使い方が主流です。

スキル3については、+2まで強化すると確率が85%まで上昇。弱体命中のスキルセットなどと併せると、対策していない敵であればかなり高い期待値で速度ダウンを付与できます。

瑠璃の特徴と使い方

瑠璃のスキル構成

  • 単体ダメ+確率(30%)で強化不可デバフ
  • 敵全体に弱点属性ダメ+破壊成功時に全スキルのCT1短縮
  • 全体ダメ+2キャラ以上への会心成功時に再行動獲得

リリース記念ガチャチケットからは排出されません。

敵属性に関係なく弱点属性での攻撃が可能会心成功時に再行動もできる全体アタッカー。

3アビの特性から、できるだけ会心のスキルセットで運用したいですね。

強化不可のデバフについては30%、スキル強化後は50%とそこまで高いわけではない+単体対象なのであまり信用し過ぎないほうがいいかも。

とはいえスキル2、スキル3が発動できないつなぎ期間に、バフを付与されると困るキャラに当てられたらラッキーではあります。

ランキング上位10名の採用率2位

次いで約半数が使用していたのが「修羅(限定★5)」、「ティミー(初期★3)」でした。

特に修羅は「強力な味方単体に再行動を付与できる」アリスとセットで採用されているケースが多く、PTの主砲として運用されているようです。

ティミーは初期★3からのランクイン。低レアということで、RANKを6にできるというのも採用理由にはなりそうですが、★4や他の★3を押しのけてここにいることを考えると、かなり優秀と言ってよさそうです。

修羅の特徴と使い方

修羅のスキル構成

  • 単体攻撃+自身が回復+確率(35%)で防御デバフ。修羅モードのとき反撃されない+EP獲得。
  • 単体攻撃+自身が回復+確率(100%)で防御デバフ。修羅モードのとき敵の弱体耐性を無視+EP獲得+敵撃破でEP追加獲得
  • 自身の全デバフ解除+単体攻撃+攻撃力ダウン。修羅モードに移行(EPが尽きるまで修羅モード継続)

イベント期間限定のキャラのため、現在は入手できません。

スキル3(奥義)を使用することで修羅モードに移行し、超高火力で確実に敵を仕留めていく単体アタッカー。

修羅モード時は攻撃力+30%、速度+20%という強力なバフがかかっている上、修羅がスキルを使用する(スキル1含む)ごとに修羅モードを継続するためのEPを獲得するため、敵対する場合はなるべく完全に足止めしたい。行動させてはいけません。

基本開幕スキル3で修羅モードに移行し、攻撃力、速度共に高い状態で殴るだけ、という非常にシンプルな運用が可能です。

あまり攻撃を食らいたくない+行動不可でEPを獲得できないケースを防ぎたいので、攻撃+免疫セットなどを使用して初ターンから確実に動いていきたいですね。

当然、再行動や速度アップのバフ、敵の速度ダウンなどのデバフで修羅のターンを多く稼いでくれるサポーターと相性がいいので、アタッカーは修羅だけ、といったPTも多くありました。

ティミーの特徴と使い方

ティミーのスキル構成

  • 単体ダメ(速度バフ分ダメージ加算)
  • 2Tごとに自身が受けるダメージが確率(75%)で偏りになる
  • 味方全体の行動ゲージを20%前進

初期★3のため、引き直しチケからも排出されます。

本人の元々の速度の高さを生かし、速度セット等でさらに速度を上げ、スキル3で全体に行動バフを撒くことで初ターンに一方的に味方に攻撃させる運用が一般的です。

火力と耐久も一定の期待値を持たせることが出来ますが、ランキング上位でも★4で運用されているケースがあるのを見ると、とにかくバフを撒ければお仕事完了!と考えてよさそう。

とにかく味方全体に初手で速度バフが撒ける、というのは非常に強力ですね。

範囲広げると採用率が上がるキャラ(AG)

上位10位となると、まさに「最適化された理想編成」が多くなりがちですが、30位、50位と広げるとまた採用されるAGも変わってきます。

ただ、やっぱり上記で紹介していたキャラ(AG)の採用率は高いまま。低レアは育成もしやすいので、持っていたら積極的にリソースを割いてみるのもいいかもしれません。

上位30位までの各キャラクター(AG)使用率

名前初期★採用数割合
アリス★42583%
ティミー★32273%
瑠璃★41653%
修羅★51343%
ミルヴァス★51240%

顔ぶれは変わらないものの、修羅、瑠璃の採用率が下がり、他キャラ、特にアリス、ティミーの採用率が大幅に上昇しています。

また、上位のみでは採用が2人(20%)のみだったミルヴァスの採用率が急上昇しています。11位~30位までの区間であれば、約50%の採用率です。

ミルヴァスの特徴と使い方

ミルヴァスのスキル構成

  • 単体攻撃+確率(50%)で命中率ダウンデバフ
  • 全体に弱点属性で攻撃+撃破成功でリキャストリセット
  • 全体攻撃+確率(75%)で防御ダウンデバフ+確率(75%)でフリーズ付与+行動ゲージが30%増加

瑠璃と同様に、全体弱点属性ダメージがあるため苦手属性にも対応できるだけでなく、75%の全体フリーズがとにかく強い!

スキル強化で85%まで上昇するため、状態命中セットで運用して一方的に動ける状態を作り出すことも可能です。

スキル2は撃破成功で次ターンもスキル発動が可能になるので、敵ターンがまだであれば、あえて他キャラでは撃破せずミルヴァスに倒させるのも手。

上位50位までの各キャラクター使用率

ミルヴァスと修羅の位置が逆転し、ミルヴァスの使用率が4位に。

それ以降は人気キャラのシリウス、実装されたばかりの限定キャラであるクリーム、引き直し可能チケットで人気が高かったゴースト、と続きます。

前回のイベント配布キャラだった千早も4人が採用。瑠璃のRANKを上げきれない人は千早採用のほうが火力が出るのかも(憶測です)。

演習では初ターンで決着が付くことが多いので、引き直しガチャでは人気の高かったヒアリンの採用はわずか3人でした。同じく優秀なヒーラーであるモリスも採用2人と少なかったので、ヒーラーは演習ではなく通常クエスト向け、と割り切ったほうがいいのかもしれません。

演習で採用されているキャラランキングまとめ

まだまだ2シーズン目とはいえ、上位が既に低レアも駆使したガチ編成なのは見ていて面白いですね。

修羅、クリーム、シリウス、ミルヴァス!!みたいな、限定キャラや引き直し不可の★5のみで構成した課金見せびらかし編成!みたいなのがもっと入ってくるかな、と思ったのですが、育成テンポが良いゲームなので、それだと既に上位に残れないのかも。

★3や★4が適度に混ざっているのは、スキルレベル用の技術コードが足りていない問題もあるのかもしれません。

今後リソースが潤沢になれば、上位はおそらく★5のみ編成で埋まってしまうので、限られたリソースで頭を使って登っていける、現環境の演習をどんどん楽しんでいきましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。