【原神】レイラの凸星座をすべて解説!無凸から活躍できる高耐久シールド、気になる4凸の性能は?

 ランク(順位) ロード(13400
 経験値  5,816
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開25記事達成

今回は競争率の激しい氷元素シールド使い「レイラ」の命の星座について解説していきます!

実装直後評価のため、暫定的な評価になります。

サポート評価は比較対象が多くいるためほぼ確定、アタッカー評価は開拓による伸びしろを残しての評価です。(控えめ評価)

2回目ピックアップで改めて記事を加筆修正を行う予定です。

当解説では命の星座(凸)の効果によるキャラクター本人への影響だけではなく、チームの編成やサポート能力の影響がどのように変化するか解説していきます!

  1. ★ = 該当凸での評価点
  2. ☆ = 今後の凸による伸びしろアリ
  3. ★★★★★5点 = ★5キャラクターの中でもトップクラスの最大評価、キャラクターとして完成(突出した性能の場合、5以上評価あり)
  4. ★★★3点 = 強力な☆4キャラクターや無凸☆5が役割を完遂できる性能
  5. ★1点 = 代用可

この記事は10分程度で読み終わるため、ぜひ最後までご覧にになっていってください!

ピックアップ開催中!

同時ピックアップされたキャラクターの紹介も合わせてどうぞ!

0凸

【 加点 】
・元素スキルで長押しなし、展開と耐久値どちらも優れた高水準のシールド

・シールドの展開時間12秒=クールタイム12秒

・突破ステータスHPでシールドの耐久値を伸ばし、元素スキル・元素爆発どちらもHP参照ダメージ有りでステータスの無駄が少ない

【 減点 】
・元素粒子の生成量と頻度が控えめ

・HPボーナスを持った片手剣が☆5限定「盤岩結緑」と「聖なる顕鍵」のみ

・元素スキルの命中がシールド展開ではなく「夜星」を射出した時の判定になるため、出場中のみ判定が行われる「聖なる顕鍵」や「祭礼の剣」を発動しにくい

・チーム編成による各キャラクター間とのシナジーが少ない

・シールドキャラクターのライバルは「ディオナ」と「鍾離」

レイラディオナ鍾離
役割サブアタッカー可ヒーラーサブアタッカー可
元素共鳴会心+15%会心+15%与えるダメージ+15%

シールド強化+15%

岩元素デバフ-20%

火力サポート(4凸)通常・重撃

加算ダメージアップ

(6凸)元素熟知アップ(0凸)全耐性-20%
千岩4セット ×
天賦倍率(9Lv)18.4%+2115(12.2%+1409)×長押し1.7521.8%+2506
HP(90Lv)
8,211(突破含む)6,35915,679

・シールドの耐久値は鍾離>レイラ>ディオナ

・ディオナは回復枠を圧縮

・レイラと鍾離(6凸除く)は回復ができない代わりに元素爆発でサブアタッカー適性あり

シールド耐久値が最も高い鍾離ですが、氷元素シールドの方が優れる点に「凍結パーティで氷砕きを起こさない」という点が挙げられます。

「氷風を彷徨う勇士」4set(凍結時、会心+20%)を使用する場合はこの要素がとても重要です。

凍結反応は戦闘を有利に働きかける元素反応で、ギミックのある敵や動きの激しい敵に対して凍結で無力化したい時に氷砕き・溶解を起こさないシールドサポーターは実質氷元素のみになります。

▼ レイラ・ディオナ・鍾離、徹底比較考察

・レイラのシールド能力

☆4キャラクターのシールド使いは全員クールタイムが効果時間よりも長く、空白時間を埋めるために元素爆発のローテーションが必要であったり固有天賦を満たす必要があります。

レイラは☆4キャラクターの中で唯一、効果時間=クールタイムが一致したキャラクターです。

それでいて耐久値は☆4の中では上位の耐久値を持っています。

レイラより硬いシールドを持つのは「ノエル」「トーマ」の2名になりますが、この2名は前提条件や運用方針に難があり、チームサポートとしての展開力と耐久値の兼ね合いはレイラ>ディオナ>その他シールドとなります。

・レイラのアタッカー能力

・元素スキル「飛星」 60Lv突破
1~2回(6凸2~3回)発動、1ラウンド/4発 HP1.5%
(合計6~12%、6凸12~18%

元素爆発「星光弾」 天賦10Lv
8発 8.37%(合計66.96%

  • 鍾離の元素爆発のダメージは固有天賦「贅沢な食饌」HP33%+攻撃力

鍾離でサブアタッカーをこなす場合、攻撃力に大きく依存するため「護摩の杖」「草薙の稲光」といったレアリティの高い武器で伸びしろが大きくなりますが、反面☆3~4武器では最低限のダメージは保証されているものの最大ダメージに伸び悩むようになります。

しかしレイラはサブアタッカーとしては黎明の剣で最高火力を出しやすいキャラクターです。

(精錬1)盤岩結緑:会心率44.1%+HP20%=スコア108.2

(精錬5)黎明の剣:会心ダメージ46.9%+会心率28%=スコア102.9

  • 理論上はおそらく精錬5「霧切の廻光」が最高火力だがロマンが過ぎるため除外

聖遺物スコア換算で比較すると、HP条件さえ満たせばHP20%分の耐久値の差こそあるもののダメージにはほぼ差はないとみて問題ありません。

氷共鳴を含めた高い会心率と会心ダメージを出せるため、あとは足りていないダメージバフを「楓原万葉」から補助してもらうことで1発10,000ダメージの達成が望めます。

「飛星」「星光弾」は単体ターゲットになりますが、着弾時に狭範囲の範囲ダメージを持っているため、「モルガナ編成」のような敵を集敵できる編成ではDPSが飛躍的に跳ね上がります。

溶解反応編成ではレイラの火力が溶解を活かすほどの高い倍率を持っていないこと、炎元素アタッカーが溶解を起こせるほど付着頻度が高くないため溶解軸はサポート・アタッカーどちらも向いていません。

凍結軸や純粋にシールドによるサポートが必要なパーティへの適性が高いキャラクターです。

・武器によるダメージ差がつきにくい、聖遺物スコアバトル

・攻撃参照が皆無に等しく、HPバフは限られるためチームバフによる伸びしろは元素ダメージと会心率、申鶴バフのみ

・溶解反応に適さない倍率とICDルールで元素熟知による伸びしろもなし

以上の事から、育成と武器が充実してる人にとっては物足りない低コストアタッカーになってしまいますが、ストーリー進行中や螺旋攻略のDPSで悩んでいる人にとってはDPS恩恵が高い即戦力アタッカーになります。

シナリオ進行やフィールドでの使用ではレイラ単体の評価が高くなりますが、PTシナジーが控えめのキャラクターのため螺旋のような戦闘コンテンツではPT編成を込みで考えると★評価は全体的に-1にして考えた方が良いかもしれません。

使用している人の環境によってアタッカー評価が分かれるキャラクターと言えるでしょう。

サポート評価:★★★☆

シールド運用では1凸効果が耐久値が上昇するため推奨される凸になりますが、劇的に変化するわけではないため必須となる星座はありません。

無凸で耐久値10000(ディオナ2凸:3部位HP+千岩2セットorサブステHP20%で約耐久値10000)にする場合、HPのメインOPを3部位用意する必要があります。

  • 天賦9Lv:HP34,041 = 10,372
  • 凍結軸で敵を凍らせる前提であれば被弾自体が少ないので、耐久値を意識する必要性は低くなります。

ボス系統の凍結しない敵を想定して安定を求める場合はHP3部位、凍結する敵には氷バフ杯+会心orHP冠のアタッカーに寄せた「黎明の神剣」装備構成をオススメ。

サポートに寄せたい場合、シールド耐久値を上げることができる武器が限られているうえに「聖なる顕鍵」も発動が難しい&熟知バフならディオナがいるため、元素付着用の氷元素を供給する元素爆発を回すための「西風剣」をオススメ。

シールド展開時に粒子を生成しない&ダメージが発生しないため「祭礼の剣」はあまり適していません。

アタッカー評価:★★☆☆

凸性能でアタッカー性能が劇的に変化する星座はありません。

主となるシールドの展開は元素スキルを使用するだけ、ダメージになる元素爆発も必要エネルギー40なので0凸から原神プレイ初日のプレイヤーから高ランクプレイヤーまで誰でも実用的な性能を発揮します。

瞬間火力や合計倍率は突出してはいないものの☆3武器「黎明の剣」で誰でも安定したダメージを与えることができる点は優秀。

氷共鳴15%+黎明の剣28%+基礎会心率5%=48%で世界ランクが低くて聖遺物の厳選が始められない人でも安定した会心ダメージが発生します。

単体ターゲットで範囲ダメージが狭いため敵を複数を巻き込んで総ダメージを高めることも難しく、ただ元素爆発を設置しただけでは天賦倍率以上のダメージを出すのが難しいキャラクターです。

総合評価:★★★☆

☆4キャラクターの中でも即戦力・最終戦力どちらも優秀のため無凸から★3(無凸★5と遜色なし)評価にはあとちょっと寄りの★3評価です。

氷元素自体が優秀な元素なので氷元素というだけで★1~2評価にはなりにくいですが、サポート面のディオナとアタッカー面のロサリアが持つPTシナジーの高さがレイラには物足りないポイント。

  • ディオナの氷元素粒子の供給量とチーム圧縮、ロサリアの元素爆発スナップショット等のチーム編成の伸びしろがレイラにはほとんどない

サポーターとしてはディオナも優秀さで引けを取らないので、どちらを選ぶかは回復できるキャラクターが足りていなければディオナ、与えるダメージが足りていなければレイラで使い分けましょう。

深境螺旋を見据えるのであれば、多くの役割を兼ね備えたディオナがオススメです。

1凸:命の星座第1重『果てなき夢の領土』

シールド吸収量+20%

(マルチ)周囲のメンバーに12秒間、35%の耐久値をもったシールドを展開
例:耐久値10000シールド展開→メンバーに耐久値3500のシールドを展開

サポート評価:★★★☆

1凸効果があると時計HP%1部位+HP20%で耐久値が10,229に到達。(90Lv:天賦9)

マルチでは1凸をするとチーム全員に12秒のシールドを展開することができます。

【ディオナ比較】

レイラ(1凸)… 耐久値35%、12秒展開

ディオナ(2凸)… 耐久値50%(長押しボーナスなし:実質耐久値30%)、5秒展開。一回押しクール6秒、長押しクール12秒

アタッカー評価:★★☆☆

変化なし

総合評価:★★★☆

マルチでシールドを展開できるスキルは貴重で、ウィークリーボス「若陀龍王」

2凸:命の星座第2重『便りと共に還る星影』

元素スキルで射出される「飛星」の発射回数×E1回復(4×ラウンド数)

サポート評価:★★★☆

変化なし

アタッカー評価:★★★☆

元素爆発が40族ではあるものの、レイラは粒子の生成力がかなり控えめなキャラクターです。

「飛星」を射出するためには、シールド中のキャラクターが元素スキル使用時する以外にレイラの元素爆発「星流揺籠の夢」を使用すると「夜星」が時間経過でスタックされます。

元素爆発を使用すると「飛星」が射出され、射出された「夜星」が元素エネルギーを回復してくれるようになりループが安定します。

総合評価:★★★☆

要求元素チャージが少々緩和されますが、40族で元々元素チャージを必要としておらず効果の薄い星座効果です。

元素粒子に依存しない回復手段のため、チーム編成に依存しない単体性能が向上。

6凸効果の発車間隔20%短縮と合わせると射出回数が安定して2回以上になり、元素チャージが不要になります。

3凸:命の星座第3重『秘密を見せる長夜』

元素スキル+3Lv

サポート評価:★★★★

【シールド耐久値】天賦9Lv→12Lv

HP1部位 9,623→11,578

HP2部位 11,035→13,239

HP3部位 12,447→14,901

アタッカー評価:★★★☆

変化なし

総合評価:★★★☆

天賦レベルが高くなるほど耐久値の上昇量が大きくなり、天賦1~は500程度、天賦10以降は天賦レベル1につき700~800の耐久値が上昇するようになります。

耐久値が20%前後上昇の見込み。

シールド運用としては3凸で完成になります。

4凸:命の星座第4重『啓示を照らす星芒』

元素スキル「飛星」を発射後、通常攻撃・重撃にレイラのHPを基準に5%分ダメージを加算

(申鶴・雲菫と同種類のバフ)

サポート評価:★★★★

レイラのHPを参照にした加算タイプのバフです。

加算タイプのバフは申鶴・雲菫・激化反応といった強力な効果が多いため、同じバフならレイラの4凸も強力なのでは?と思われがちですが、実際は制約が多いため4凸のダメージアップ効果に期待してメインOP3部位をHP%にするよりも氷杯+会心でレイラ本人のダメージを高めた方がチームDPSが高くなります。

神里綾華のような1撃で多段ヒットする重撃で3発すべてダメージが加算することができるため、ダメージアップ効果でレイラ本人のDPSを上回るにはバフを掛けた対象とのヒット数やバフ・会心に優れたキャラクターに絞ってバフを掛けることでダメージを大きく伸ばすことができます。

▼ 4凸レイラ比較考察

アタッカー評価:★★★☆

変化なし

総合評価:★★★☆

与ダメージが伸びこそはするものの、12秒かけて2~3回、最高で4回の発動になります。

チーム全体・時間単位で見た時のDPS増加量はそれほど大きくありません。

制約が多く扱いが難しく、強く使おうとするには固定化されたローテーションと相性の良いキャラクターを必要とする星座効果のため、評価はかなり控えめの星座です。

5凸:命の星座第5重『浮流の時に夢みるように』

元素爆発+3Lv

サポート評価:★★★★

変化なし

アタッカー評価:★★★☆

HP8.4%→9.9%

平均的な1.18倍の増加量です。

元の倍率が高くないため、チーム全体DPSの増加量は控えめ。

総合評価:★★★★

アタッカー方面の完成は6凸で完成になります。

レイラをアタッカーとして活躍させたい場合、6凸まであと一歩です!

6凸:命の星座第6重『夜彩は輝く灯火のように』

元素スキル「飛星」、元素爆発「星光弾」のダメージ+40%

サポート評価:★★★★

変化なし

アタッカー評価:★★★★

元素スキルと元素爆発で飛ばす追加ダメージにダメージバフ+40%を適用します。

この星座を解放することで、「黎明の神剣」型アタッカーが翠緑デバフのみで元素爆発が1発あたり10,000ダメージの達成が可能です。

申鶴のダメージ加算バフとも相性が良く、サブアタッカー性能を引き延ばしてくれる星座効果です。

総合評価:★★★★

レイラはディオナや鍾離とはサブアタッカー方面が最も差別化しやすいキャラクターのため、順当にアタッカー性能が伸びる嬉しい星座効果になっています。

最後に

レイラの凸数による評価・解説は以上になります。

☆4キャラクターの中では最も使いやすいシールドキャラクターで、ストーリー攻略にはうってつけのサポーター兼サブアタッカーという性能です。

レイラは優秀ではありますが、優秀さの比較では設置エリア全体に元素を付着・回復・6凸と終焉弓の熟知バフを活かす先があるディオナにやや軍配あり。

アタッカー方面は☆4としては恵まれてはいるものの、突出しているというほどではありません。

既にディオナを育成済みの方はディオナの方が採用できるPTが多く該当し、ディオナとレイラを編成するPTでレイラが優先されるPT編成は少なめです。

  • レイラの方が適性の高いPT編成はモルガナ編成が代表

4凸効果は無理に狙いにいくような性能ではないため、4凸のために深追いをするのは控えたほうが良いでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございた!

星と深淵を目指せ!

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト