【遊戯王マスターデュエル】勝つまで相手を追い続ける!恐怖のガーディアン・デスサイスデッキでデュエルを楽しもう!

 ランク(順位) 召喚術士(24377
 経験値  2,794
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開

何度でも蘇る死神!ガーディアン・デスサイス!

こんにちは、ヨッケイです。

皆さんも、マスターデュエルを楽しんでいますか?

今回はガーディアン・デスサイスを主軸にした「破械デスサイス」デッキをご紹介します!

デュエル前半は、ひたすら耐え抜き、後半に溜めた力を解放し、相手を一気に粉砕します。

場合によっては10000ポイント以上の攻撃力を得ることも可能です。

  1. 「破械デスサイス」デッキの構成と使い方を解説!
  2. 「破械」モンスターをひたすら墓地へ貯める!
  3. 「ガーディアン・エアトス」を召喚し、破壊する!
  4. 「ガーディアン・デスサイス」を召喚し、相手を一瞬で狩れ!
  5. 除外・バウンスは苦手だな…。

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

「破械デスサイス」デッキの構成をご紹介!

メインデッキ

レアリティカード名枚数
R魔犬オクトロス2
N破械童子アルハ3
N破械童子ラキア3
N破械童子サラマ3
Rウェポンサモナー3
URガーディアン・エアトス2
SRガーディアン・デスサイス2
SR破械神の禍霊2
SRブラック・ホール1
UR死者蘇生1
URおろかな埋葬1
SR強欲で金満な壺1
R雙王の械3
SR金満で謙虚な壺2
Nメテオ・ストライク1
R死神の大鎌-デスサイス2
R旗鼓堂々1
R激流葬2
N破械唱導2
SRアームズ・コール1
SRリビングデッドの呼び声2

EXデッキ

レアリティカード名枚数
UR転生炎獣アルミラージ1
SRアルケミック・マジシャン1
SR破械神ラギア1
Rコードブレイカー・ウイルスソードマン3
N転晶のコーディネラル3
SR電影の騎士ガイアセイバー1
URトポロジック・トゥリスバエナ1
SR破械神アルバ2
UR破械雙王神ライゴウ1
UR閉ザサレシ世界ノ冥神1

レアリティ内訳

レアリティ枚数必要トークン
UR8240
SR16480
R16480
N15450

デッキの中核になるカードの紹介!

ガーディアン・エアトス

風属性│レベル8│天使族│効果

攻撃力:2500 守備力:2000

①自分の墓地にモンスターが存在しない時、手札から特殊召喚できる。

②このカードに装備された装備魔法カードを墓地に送ることにより、相手の墓地からモンスターを3枚まで除外する。

ターン終了時まで、除外した数×500ポイント攻撃力がアップする。

自身を手札から特殊召喚する効果を持つ、最上級天使族モンスターです。

墓地にモンスターが存在しない場合、手軽に特殊召喚が可能です。

しかし、後に紹介する「死神の大鎌-デスサイス」などのカードと相性が良くありません。

「ガーディアン・デスサイス」を召喚するために、必須のモンスターになっています。

装備カードを装備した際の効果もありますが、このデッキでは相性が悪く、全く使用しません。

ガーディアン・デスサイス

闇属性│レベル8│悪魔族│効果

攻撃力:2500 守備力:2000

通常召喚できない。

このカードはこのカードの効果でのみ特殊召喚できる。

①「ガーディアン・エアトス」が戦闘・効果で破壊され、墓地に送られた場合、このカードを手札から特殊召喚できる。

②このカードの特殊召喚に成功した時、デッキから「死神の大鎌-デスサイス」1枚をこのカードに装備する。

③このカードが存在する限り、自分はモンスターの召喚・特殊召喚ができない。

④このカードがフィールドから墓地に送られた場合、手札を1枚捨て、このカードを墓地から特殊召喚する。

「デスサイズ」ではなく「デスサイス」です。

このデッキのエースモンスターで、このモンスターの召喚が最終目的となります。

自身に「死神の大鎌-デスサイス」を装備する効果と、手札を1枚捨てて自己再生する効果を持っています。

このモンスターがいる限り、自分はモンスターのセットor反転召喚しか行えなくなるので、召喚前に展開を済ませるなどの工夫が必要です。

「死神の大鎌-デスサイス」を装備する効果は「時の任意効果」なのでタイミングを逃さないように注意しましょう。

“タイミングを逃す”についてはコチラの記事で詳しく解説されています!

【遊戯王 マスターデュエル】難しいルールを解説!②チェーンブロック・タイミングを逃す編

蘇生効果は強制効果なので、タイミングを逃さず、手札があるかぎり何度でも復活します。

破壊され続けると、それだけ手札の消費が多くなります。

死神の大鎌-デスサイス

装備魔法

「ガーディアン・デスサイス」にのみ装備可能。

装備モンスターの攻撃力は、お互いの墓地のモンスターの数×500ポイントアップする。

「ガーディアン・デスサイス」専用の装備魔法です。

専用だけに効果は強烈です。

参照にするのは自分と相手の墓地のモンスターなので、かなりの攻撃力を得ることができます。

「ガーディアン・デスサイス」の効果によってデッキから装備が可能です。

当然、デッキにこのカードが無ければ装備することができません。

しかし、専用装備魔法であることから、デッキに採用しすぎると手札事故の要因になります。

採用枚数はよく考えるべきです。

デッキの動かし方を解説!

このデッキの動きは基本的に5つの工程に分けられます。

  • ①破械モンスターを墓地に貯める
  • ②ガーディアン・デスサイスを手札に加える
  • ③ガーディアン・エアトスを場に出す
  • ④ガーディアン・デスサイスを場に出す
  • ⑤「ガーディアン・デスサイス」に「死神の大鎌-デスサイス」を装備する。

順番に解説していきます。

①破械モンスターを墓地に貯める

「破戒」モンスターの特徴は?

  • 自分フィールドのカードを破壊する効果を持っている
  • 破壊された時に効果を発動する

という特徴があります。

破械童子アルハ

炎属性│レベル3│悪魔族│効果

攻撃力:1500 守備力:1500

同名カードの①②の効果は1ターンに1回しか使用できない。

①自分フィールドのカード1枚を破壊することで、手札から特殊召喚できる。

この効果を使用した場合、自分は悪魔族モンスター以外を特殊召喚できない。

②フィールドのこのカードが自身以外の効果、戦闘で破壊された場合、デッキから自身以外の「破戒」モンスター1体を特殊召喚する。

手札から特殊召喚できる「破戒」モンスターで、「破戒」モンスターを展開するにあたって重要なモンスターです。

フィールドの「破戒」モンスターを破壊しつつ、手札から特殊召喚することで、フィールドに「破戒」モンスターを増やしていきましょう。

破壊されても後続を呼び出すことが可能なので、フィールドにモンスターが途切れません。

「ガーディアン・エアトス」を破壊する手段としても使用可能です。

効果発動後に悪魔族しか特殊召喚できなくなりますが「ガーディアン・デスサイス」は悪魔族なので、全く問題ありません。

破械童子ラキア

水属性│レベル3│悪魔族│効果

攻撃力:1500 守備力:1500

同名カードの①②の効果は1ターンに1回しか使用できない。

①自分フィールドのカード1枚を破壊する。

この効果を使用した場合、自分は悪魔族モンスター以外を特殊召喚できない。

この効果は相手ターンでも使用できる。

②フィールドのこのカードが自身以外の効果、戦闘で破壊された場合、デッキから自身以外の「破戒」モンスター1体を特殊召喚する。

フリーチェーンで自分フィールドのカードを破壊することができます。

相手から破壊ではない除去、つまり除外・バウンスなどを受けそうになった場合の、緊急避難として使うこともできます。

破壊されると後続を呼ぶ効果は「破械童子アルハ」と同様です。

こちらも「ガーディアン・エアトス」を破壊する手段として使うことができます。

破械童子サラマ

闇属性│レベル3│悪魔族│効果

攻撃力:1500 守備力:1500

同名カードの①②の効果は1ターンに1回しか使用できない。

①自身以外の「破戒」カード1枚を墓地からフィールドにセットする。

その後、自分フィールドのカードを1枚破壊する。

②フィールドのこのカードが自身以外の効果、戦闘で破壊された場合、デッキから自身以外の「破戒」モンスター1体を特殊召喚する。

墓地の「破戒」カードを墓地からフィールドにセットします。

破壊する分を含めて、フィールドのカード数が減らないので、積極的に効果を使っていきましょう。

モンスターでも魔法・罠カードでも問題ないので柔軟な対応が可能です。

破壊されると後続を呼ぶ効果は「破械童子アルハ・ラキア」と同様ですが、自身の効果で破壊した場合には効果が発動しないので、ミスをしないようにしましょう。

破械神の禍霊

闇属性│レベル8│悪魔族│効果

攻撃力:0 守備力:3000

同名カードの②③の効果は1ターンに1回しか使用できない。

①このカードの攻撃力は墓地の「破戒」モンスター×300ポイントアップする。

②相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象に発動する。

そのモンスターとこのモンスターのみで闇属性リンクモンスターをリンク召喚する。

③フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、墓地から自身以外の「破戒」モンスター1体を特殊召喚する。

相手フィールドのモンスターを素材に、闇属性モンスターのリンク召喚を行う一風変わったモンスターです。

リンク召喚先は素直に「破戒神ラギア」でよいでしょう。

破壊されないモンスターに対しての除去としても機能します。

相手と自分の墓地にモンスターを貯めることができるので、まさに一石二鳥です。

レベル8の最上級モンスターなので「破戒」モンスターの効果で、デッキから特殊召喚したいところです。

守備力も3000とかなりの高水準で、壁として機能します。

破壊されたとしても、墓地から後続の「破戒」モンスターを呼び出せます。

惜しむらくは、手札に引き込んでしまった場合の処理に困ることでしょうか。

破械神ラギア

闇属性│リンク2│悪魔族│リンクモンスター

攻撃力:1800

リンク条件:「破戒神」モンスターを含むモンスター2体

同名カードの①②の効果はそれぞれ1ターンに1回しか使用できない。

①相手のメインフェイズに相手フィールドに特殊召喚されたモンスター1体を対象に発動する。

そのモンスターとこのモンスターのみで自身以外の闇属性リンクモンスターをリンク召喚する。

②フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、墓地から自身以外の悪魔族モンスターを手札に加える。

相手ターン中に相手の特殊召喚されたモンスターとリンク召喚できる一風変わったモンスターその2です。

リンク先は「破械神アルバ」でよいでしょうか。

闇属性リンクモンスターであればなんでもいいので、選択肢は多いかもしれません。

破壊された場合に、悪魔族モンスターを墓地から手札に加えられるので墓地に送った「ガーディアン・デスサイス」を回収することもできます。

破械神アルバ

闇属性│リンク3│悪魔族│リンクモンスター

攻撃力:2400

リンク条件:「破戒神」モンスターを含むモンスター2体以上

同名カードの①②の効果はそれぞれ1ターンに1回しか使用できない。

①相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象に発動する。

そのモンスターとこのモンスターのみで自身以外の闇属性リンクモンスターをリンク召喚する。

②フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、墓地から自身以外の悪魔族モンスターを手札に加える。

相手フィールドのモンスターを素材に、闇属性モンスターのリンク召喚を行う一風変わったモンスターその3です。

相手のモンスターを取り込んで、どんどん強くなっていくイメージです。

イラストのデザインもだんだんと禍々しくなっていきます。

リンク先のモンスターは、最終段階の「破械雙王神ライゴウ」でいいでしょう。

破械雙王神ライゴウ

闇属性│リンク4│悪魔族│リンクモンスター

攻撃力:3000

リンク条件:「破戒神」モンスターを含むモンスター2体以上

同名カードの①②③の効果はそれぞれ1ターンに1回しか使用できない。

①自身以外の効果でフィールドのカードが破壊された場合、フィールドのカード1枚を破壊する。

②自身以外のモンスターが戦闘で破壊された場合、フィールドのカード1枚を破壊する。

③自分・相手のエンドフェイズ、フィールドのカード1枚を破壊する。

1ターンで最大3回の破壊効果を使うことができます。

とにかくカードを破壊することで、相手フィールドも自分フィールドもズタズタにしていきましょう。

このモンスターがいれば「ガーディアン・デスサイス」がいらないですって…?

それっておかしくないかな?(コンセプト崩壊)

②ガーディアン・デスサイスを手札に加える

まずは「ガーディアン・デスサイス」を手札に加えましょう。

「ガーディアン・デスサイス」がレベル8・悪魔族であることを活かしてサーチしていきたいところです。

魔犬オクトロス

闇属性│レベル3│悪魔族│効果

攻撃力:800 守備力:800

同名カードの効果は1ターンに1回しか使用できない。

このカードがフィールドから墓地に送られた場合、デッキから悪魔族・レベル8のモンスターを1体手札に加える。

フィールドから墓地に置かれることで、デッキから「ガーディアン・デスサイス」をサーチできます。

「破戒」モンスターで破壊するのも、リンクモンスターにしてしまうのもありです。

ウェポンサモナー

風属性│レベル4│魔法使い族│リバース│効果

攻撃力:1600 守備力:1600

①リバース:デッキから「ガーディアン」カード1枚を手札に加える。

「ガーディアン」カードをサーチできるので、「デスサイス」or「エアトス」を手札に加えましょう。

リバースモンスターなので、効果発動まで時間がかかってしまうのが難点です。

「デスサイス」はともかく「エアトス」はサーチ手段が少なく、この効果に頼るしかないのが現状です。

③ガーディアン・エアトスを場に出し、破壊する

場に出す方法は大体2通りです。

  • アドバンス召喚
  • 墓地からの蘇生

アドバンス召喚する場合は、フィールドに展開されている「破戒」モンスターをリリースしてアドバンス召喚します。

なんだかんだ言って、一番アドバンス召喚が安定したりします。

墓地から蘇生する場合は以下のカードを使っていきましょう。

死者蘇生

定番の蘇生カード。

もはや説明は不要です。

リビングデッドの呼び声

これも定番の蘇生系カードです。

相手の全体除去にチェーンして「ガーディアン・エアトス」を蘇生すれば、一気に「ガーディアン・デスサイス」まで繋げることができます。

奇襲性が高いのでおススメです。

ブラック・ホール

通常魔法

フィールドのモンスターを全て破壊する。

「ガーディアン・エアトス」を相手のモンスターごと破壊します。

このデッキでは「ガーディアン・デスサイス」の他、破壊されることで効果を発揮できるモンスターが多くいるので、手軽に使っていけます。

④ガーディアン・デスサイスを場に出す

場合によって、効果の“タイミングを逃す”ので注意しましょう。

具体的な例としては?

「破戒」モンスターと同時に「ガーディアン・エアトス」が破壊された場合、「破戒」モンスターの特殊召喚効果を発動すると「ガーディアン・デスサイス」の「死神の大鎌-デスサイス」を装備する効果はタイミングを逃してしまいます。

「破戒」モンスターと「ガーディアン・エアトス」or「ガーディアン・デスサイズ」が同時に破壊された場合は「破戒」モンスターの効果は使わないようにしましょう。

⑤「ガーディアン・デスサイス」に「死神の大鎌-デスサイス」を装備する。

「ガーディアン・デスサイス」の効果でデッキから「死神の大鎌-デスサイス」は装備可能ですが、装備数に制限があるわけではありません。

手札や墓地からサーチして、複数枚装備することで、より高い攻撃力を得ることができます。

アームズ・コール

通常罠

同名カードは1ターンに1回しか発動できない。

デッキから装備魔法カードを手札に加えるか、自分フィールドのモンスターに装備する。

一番安定する装備手段です。

デッキに「死神の大鎌-デスサイス」があれば、いつでも装備できます。

相手の攻撃に対して発動し、強烈なカウンターをお見舞いすることもできるかもしれません。

旗鼓堂々

速攻魔法

自分の墓地の装備魔法を正しい対象に装備する。

この効果で装備した装備魔法はターン終了時に破壊される。

このカードを発動するターン、自分は特殊召喚を行えない。

「旗鼓堂々」は1ターンに1枚しか発動できない。

1ターンのみですが、墓地にある「死神の大鎌-デスサイス」を装備できます。

一度「死神の大鎌-デスサイス」を装備した「ガーディアン・デスサイス」が破壊され、蘇生させた場合に使えば、莫大な攻撃力を得られます。

メテオ・ストライク

装備魔法

装備モンスターの攻撃力が相手モンスターの守備力を超えていた時、超えた分の戦闘ダメージを相手に与える。

Q.相手が守備表示モンスターを出して凌いできます!

A.モンスターごとライフを削り切りましょう。

何度でも蘇る無敵のモンスター…?

「破械」モンスターの耐久力は並みではなく、大体の攻撃を受けきれます。

10数ターンを費やせば、10000以上の攻撃力も狙えます。

相手も一瞬で倒せる!強靭!無敵ィ!最強ォ!

じゃあランクマに行くぜ!

…。

なんで俺に気持ちよくデュエルさせねぇんだ!?

「邪魔なんだけど」「邪魔しに参った」

「除外」「バウンス」された場合には、後続が途切れてビックリするほど、あっさり負けます。

さいごに

戦いが長期戦となるほど力を得る「ガーディアン・デスサイス」ですが、その前に相手の攻撃に対して耐え忍ぶ必要があります。

耐えて耐え忍び、相手が見せたスキを突くことで、相手を一撃で葬り去ることができるこのデッキには、不思議な魅力があります。

手札事故の可能性が高く、安定性が高いわけではありませんが、その分有り余るパワーを持っています。

近年では、速攻型デッキが猛威を振るっていますが、たまにはスタミナのある我慢型デッキを使ってみるのもいいものです。

ということで、今回はここまでです!

皆様も、よきマスターデュエルライフをお楽しみください!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ヨッケイ
どうも、「ヨッケイ」と申します。カードゲームには幅広く手を出してきましたが、特に遊戯王のプレイ歴は10年以上です。遊戯王カードの中でも「マイナー」と言われるものが大好物です。皆様方の役に立てるような、面白い情報を発信していきたいと思います。何卒、よろしくお願いいたします。