【遊戯王マスターデュエル】ラピッド・ウォリアーでワンターンキル!?ラピッド・ウォリアーでデュエルを楽しみたい…!

 ランク(順位) 召喚術士(23370
 経験値  2,819
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開

遊星をずっと支えてきたカードだ!…?

こんにちは、ヨッケイです。

皆さんも、マスターデュエルを楽しんでいますか?

今回は「ラピッド・ウォリアー」を主軸にしたデッキをご紹介します!

「ラピッド・ウォリアー」は遊戯王5D’sの主人公「不動遊星」が使用したモンスターの1体で、守備表示の状態からコンバット・トリックにより、相手に反射ダメージを与え勝負をつけました。

全く注目されないこのモンスターで、相手に目にも物見せてやりましょう!

ソロモードのCPU相手にも激戦必至の一発ネタデッキです。

  1. 「ラピッド・ウォリアーワンキル」デッキの構成と使い方を解説!
  2. 「ラピッド・ウォリアー」を重武装!
  3. 「タイラント・バースト・ドラゴン」を使え!
  4. 強化した「ラピッド・ウォリアー」で3回連続直接攻撃!
  5. 雑魚だったろ、このデッキ。

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

「ラピッド・ウォリアーワンキル」デッキの構成をご紹介!

メインデッキ

レアリティカード名枚数
SR焔聖騎士-リナルド1
N悪シノビ3
RX-セイバー パシウル3
R切り込み隊長3
Nラピッド・ウォリアー3
URサンダー・ボルト1
URハーピィの羽根帚1
UR死者蘇生1
UR増援1
N一騎加勢2
SRクリティウスの牙3
SR強欲で金満な壺2
URライトニング・ストーム1
SR金満で謙虚な壺2
R魔導師の力2
Rディメンション・ウォール2
SRくず鉄のかかし1
Rトゥルース・リインフォース3
Rタイラント・ウィング3
SRトラップトリック2

EXデッキ

レアリティカード名枚数
Rタイラント・バースト・ドラゴン3
自由枠12

レアリティ内訳

レアリティ枚数必要トークン
UR4120
SR9270
R14420
N8240

デッキの中核になるカードの紹介!

このデッキにおいて最も重要となるカードです。

このデッキはコンセプトが単純なので、中核カードも1枚だけです。

ラピッド・ウォリアー

このデッキのエースモンスターです。

このカード以外のモンスターを攻撃させないかわりに、直接攻撃ができるモンスターです。

それだけです。

それだけなんです。

この能力を使って、相手を倒しきるのがこのデッキのコンセプトです。

攻撃力を6800あげればOKですね!

このカード以外のモンスターは攻撃できないので、追撃が不可能になっています。

のちにこのデメリット効果を削除し、攻撃力も同等の「エレキリン」が登場したので、ほぼ完全下位互換カードになってしまいました。

しかし、筆者はこのカードのイラストが非常にお気に入りなので、使っていきたいと思います。

なんとも言えない流線型のボディと鋭い目つきがポイントです。

なんだか戦闘機形態に変形できそうな、マク○ス感のあるモンスターです。

いや~、たまりませんね。

デッキの動かし方を解説!

  • ①ラピッド・ウォリアーを手札に加える
  • ②ラピッド・ウォリアーを召喚
  • ③ラピッド・ウォリアーにタイラント・バースト・ドラゴンを装備する
  • ④ラピッド・ウォリアーの攻撃力を合計1500程度強化する。
  • ⑤攻撃力2700以上のラピッド・ウォリアーで3回攻撃!

①ラピッド・ウォリアーを手札に加える

まず「ラピッド・ウォリアー」を手札に加えなければ始まりません。

戦士族サポートカードを活用して素早く手札に加えましょう!

増援

「ラピッド・ウォリアー」はレベル4の戦士族モンスターなので、当然このカードでサーチが可能です。

制限カードなのでアテにはできませんが、引ければとりあえず使っておくという形になります。

流石にこれだけでは安定して「ラピッド・ウォリアー」を手札に加えられないので「聖騎士の追想イゾルデ」も投入しておきましょう。

聖騎士の追想イゾルデ

戦士族モンスター2体でリンク召喚できるリンクモンスターで、デッキから好きな戦士族モンスターを手札に加えることができます。

デッキに装備カードを多く採用すれば、デッキから直接「ラピッド・ウォリアー」を呼び出すことも可能です。

装備カードを多く採用すると、手札事故率が向上するので慎重な調整が必要です。

②ラピッド・ウォリアーを召喚

このデッキの生命線です。ここを止められることがマストカウンターです。

③ラピッド・ウォリアーにタイラント・バースト・ドラゴンを装備する

「ラピッド・ウォリアー」は単体では強いモンスターではありません。

というわけで、ガッチガチに強化して無理やり瞬間火力を向上させます。

タイラント・バースト・ドラゴン

「クリティウスの牙」を使用することで召喚できるモンスターです。

このカードを装備したモンスターは攻撃力が400ポイントアップし、一度のバトルフェイズで驚異の3回連続攻撃が可能になります。

この追加攻撃効果を利用して一気に相手を倒しきります。

このカードで攻撃したほうが強い?

そのことに気がついてしまうとは…。

クリティウスの牙

3種類存在している「伝説の竜」魔法カードのひとつです。

「タイラント・バースト・ドラゴン」を召喚するために必要な魔法カードです。

罠カードを使って融合モンスターを呼び出せる一風変わったカードです。

タイラント・ウィング

ドラゴン族モンスターにのみ装備でき、その上でモンスターへの攻撃回数を増やす効果を持っています。

このデッキにはドラゴン族がほとんど採用されていないので、このカード単体が効果を発揮することは少ないでしょう。

「タイラント・バースト・ドラゴン」を召喚するために必須のカードです。

トラップトリック

「タイラント・ウィング」をデッキからサーチする手段として活用したい1枚です。

④ラピッド・ウォリアーの攻撃力を合計1500程度強化する。

1500程度となっているのは、それがライフ8000を削り切ることができるボーダーラインだからです。

「タイラント・バースト・ドラゴン」が装備されていれば、攻撃力は400ポイント上がります。

よって、攻撃力強化の最低ラインは1100ポイントです。

一騎加勢

なんと、都合よく攻撃力を1500あげられる魔法カード。

強化効果はターン終了時までしか続きませんが、1ターンで勝負をつけられるこのデッキでは、それで十分です。

魔導師の力

場合によっては「一気加勢」による強化値を上回ります。

1ターンで勝負をつけられなかった場合でも、強化が持続する点で「一気加勢」より使い勝手がいいですね。

⑤攻撃力2700以上のラピッド・ウォリアーで3回攻撃!

2700+2700+2700=8100!

これでこのデュエルはもらったぜ!!

準備が整う前に崩された場合は相手の勝ちだ!

必要カードを無理やり引き込め!

このデッキには非常に多くのカードが要求されます。

通常のドローだけでは、それらのカードを呼び込むことは非常に困難です。

よって今回のデッキでは「悪シノビ」を使ったドローソースを採用しています。

悪シノビ

攻撃対象にされた時、カードを1枚ドローする効果を持つモンスターです。

一見優秀な効果には思えませんが、様々なウラ技が存在する面白いモンスターです。

戦士族なので「聖騎士の追想 イゾルデ」のリンク素材に使うこともできます。

ここからは「悪シノビ」と併用すると面白いカードを紹介します。

トゥルース・リインフォース

攻撃表示の「悪シノビ」への攻撃宣言に対して発動し、デッキからもう1体の「悪シノビ」を召喚すれば、ドロー効果を複数回使用することも可能です。

効果でレベル2の戦士族である「悪シノビ」を攻撃表示で特殊召喚します。

場のモンスターの数が変化したので、攻撃の巻き戻しが行われます。

その後、再び攻撃対象の選択が行われるので、更に「悪シノビ」の効果でドローが可能ということです。

攻撃に関する処理の順番は、攻撃宣言をするモンスターの選択→攻撃対象の選択→攻撃宣言となります。

なので、攻撃宣言に反応する「聖なるバリア-ミラーフォース-」などの罠カードを使えば「悪シノビ」の効果を使いつつ、相手のモンスターを破壊したりすることも可能です。

おススメとしては「くず鉄のかかし」です。

くず鉄のかかし

攻撃宣言に対して発動し、相手モンスターの攻撃を無効にできます。

再びセットすることができるので、毎ターン使用できるのが強みです。

キーカードが揃うまでの時間稼ぎに最適です。

雑魚だったろ、このデッキ。

皆様がお察しの通り、このデッキには弱点が山盛りです。

  • キーカードが多すぎる
  • 妨害に対して無力
  • このカードを使う必要ある?

これらの問題点を試行回数で乗り切り、相手を倒しきれれば、対戦相手に大きな衝撃を与えることができます。

対戦相手が恐らく一度も手に取らなかったカードで、渾身の一撃(3回攻撃)をぶつけましょう。

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございます。

「ラピッド・ウォリアー」は決して強力なモンスターではありません。

時代の流れによって、上位互換も数多く登場しているモンスターです。

しかし、そんなモンスターを使いたいがためにデッキを組むのもまた一興です。

一昔前のカードは、確かにパワー不足や、使いにくい部分が目立ちます。

しかし、それをいかに補っていくかを考えたりするのが、また楽しいんですよね。

これもまた遊戯王というカードゲームの楽しみ方です。

ランクマッチなどの戦いに疲れた方は一度、気分転換にいいかもしれません!

では今回はここまでです!

皆様のよいマスターデュエルライフを祈っています!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ヨッケイ
どうも、「ヨッケイ」と申します。カードゲームには幅広く手を出してきましたが、特に遊戯王のプレイ歴は10年以上です。遊戯王カードの中でも「マイナー」と言われるものが大好物です。皆様方の役に立てるような、面白い情報を発信していきたいと思います。何卒、よろしくお願いいたします。