遊戯王も遊べるギャルゲー?『遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6』

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  13,766
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6』とはどんなゲーム?

今回遊ぶゲーム

今回はPSPで発売された「遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6」をレビューします!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  • 『PHOTON SHOCKWAVE』パックまですべて収録!
    さらにゲームオリジナルカードも94枚収録!!!
  • 総勢100名以上のキャラクターが勢揃い!
    タッグしたキャラクターとの個別エピソードが魅力
  • CPUの思考回路がややお粗末…
    罠や魔法カードの発動にチェーンして『サイクロン』

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

おすすめ記事

[clink url=”https://chara.ge/jump/weekly-shonen-jump-game-masterpiece-odd-but-interesting-work/”]
[clink url=”https://chara.ge/dragon-ball/game-dragon-fc/”]

遊☆戯☆王とは?

遊戯王 1 (集英社文庫(コミック版))
遊戯王 1 (集英社文庫(コミック版))

 

『遊☆戯☆王』は、「高橋和希」氏が手掛けている、漫画及びテレビシリーズの総称です。

初代『遊戯王』は、少年ジャンプで連載されていました。

漫画やアニメの人気はもとより、トレーディングカードゲームとしての『遊戯王OCG』は世界でもメジャーなタイトルにもなっています

遊戯王OCG自体、原作に登場するトレーディングカードゲームを再現しているので、お互いに相乗効果で爆発的に有名になっていったんですね!

遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6とは

『遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6』は、遊戯王OCGをゲーム化した作品です。

『遊戯王5D’s』原作キャラや、ゲームオリジナルキャラクターと交流しながらストーリーを進める『タッグフォース』シリーズの第6作目

ゲーム情報

タイトル遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース6
ジャンル対戦型カードゲーム
対応機種PlayStation Portable
発売元コナミデジタルエンタテインメント
プレイ人数1人(アドホックモード時最大4人)
発売日2011年9月22日

※続編でありタッグフォース最後の作品として、『タッグフォースSP』が発売されていますが、システムが大幅に変わっているので、実質的なシリーズはタッグフォース6が最後の作品となっています。

じつはギャルゲー?

各キャラクターには好感度が設定されており、大抵の女性キャラクターとは大抵「親密な関係になってED」という流れになっています。

そのため、一部では『カードゲームもできるギャルゲー』とも言われています

なお、各キャラクターとの個別エピソードは前作『タッグフォース5』と繋がっているので、前作から始めた方が理解しやすいです。

遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6のここが良い!

カード種類5300枚以上!『PHOTON SHOCKWAVE』パックまですべて収録!!

カードゲームたるもの、カードの種類が多いことに越したことはないです。

タッグフォース6は、発売当時最新作である『PHOTON SHOCKWAVE』パックまでの、全てのカードを収録しており、当時のデッキを完璧に再現できます

さらに、ゲームオリジナルカードも94枚収録されており、Z-ONEが使ったカード(ほとんどがOCG化していない)の再現も多数収録されています

現在の環境に慣れていると、「このカードがない!」ということもありますが、当時の環境を懐かしんで楽しめるので全然アリです!

主人公のモテっぷりが凄い!総勢100名以上のキャラクターが勢揃い!!

タッグフォース6は、タッグデュエルでWRGP決勝トーナメントで優勝するというストーリーで、タッグしたキャラクターとの個別エピソードがあるというのが特徴

そのシステム上、1人1人のエピソードは短いですが、代わりにキャラクターの数が多いこと多いこと!

キャラクターは大まかに分けて3パターンあり

  • アニメキャラかつ、個別ストーリーがある「D1キャラ」(22名)
  • アニメキャラかつ、個別ストーリーがない「D2キャラ」(20名)
  • ゲームオリジナルキャラ「D3」(72名)

といった具合に分かれています。

「個別ストーリー」付きというのは、決勝とは別に独自のストーリーを持っているキャラクターの事です。

「D2キャラ」と「D3キャラ」は個別ストーリーがなく、各々の事情と共に決勝トーナメントを勝ち上がっていき、最後に主人公と共にエンディングへ…という流れになっています。

「D1」はメイン、「D2」と「D3」はサブといった感じです。

「D1キャラ」と比べるとあっさりしていますが、もちろんキャラ別にセリフが存在しているので見応えはアリ!

因みに、『アキ』や『龍可』など一部のキャラは別衣装も用意されていて、なんと別ストーリーが展開されます!

それにしてもこの主人公、モテまくりである。

遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6のここが微妙…

CPUの思考回路がややお粗末

CPUの思考回路は、基本的に

  • 発動できるカードは積極的に使う
  • チェーンできる時は積極的にチェーンする

といった風に設定されており、タッグデュエルで重要な連携がとれないことが多々ありました

敵の思考回路も同じくお粗末なので、「トリッキーなデッキやコンボデッキを使うキャラが弱く」「単純なビートダウンデッキを使うキャラが強い」という状況に・・・。

罠や魔法カードの発動にチェーンして、『サイクロン』を使用した時は思わず「えぇ…」となります。

アニメ主人公なのに…。遊星の個別エピソードが難しすぎる!

『不動遊星』の個別エピソードが、ゲームを始めたての人には『ほぼクリア不可能』に近い難易度です

というのも、遊星とのイベントでは初めに『アポリア』と戦う事になるのですが、CPUの思考回路の悪さも相まって滅茶苦茶難しいのです!

遊星は『とりあえずシンクロ召喚』と言わんばかりに、自分のモンスターもプレイヤーのモンスターもシンクロ召喚に使っちゃいます

対して、『アポリア』の使う、3体の「機皇帝」が、『相手のシンクロモンスターを装備できる』というシンクロ殺しモンスターなので相性最悪なのです

1、遊星のターンで、シンクロ召喚
2、アポリアのターンで機皇帝で奪取&装備して大ダメージ
3、瀕死の状態で自分のターン

というのが当たり前。

当然、始めたての時はまともにカードも揃っていないので、ろくに対策できないで負けになってしまいます

『最初はアニメ主人公で間違いない』と思っていた何人ものプレイヤーたちが物の見事に散っていきました。

原作ファン必須の超名作カードゲーム!

遊戯王タッグフォースシリーズは、「1〜6」と「SP」がありますが、キャラクターに拘りがない場合は、システムが最適化された6が一番おすすめです。

「遊戯王5D’sが大好き!」、「ゲームオリジナルキャラが可愛い!」と思った人は『カードゲームもできるギャルゲー』とまで評された今作をぜひ遊んでみてください!

遊戯王好きには見てほしい!

遊戯王が好きだったら『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は超オススメ!

あの2人熱い戦いは必見です。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA