交通特化の街づくりゲーム『Cities: Skylines』を徹底レビュー!

 ランク(順位) 召喚術士(19368
 経験値  3,022
獲得バッジ
25記事達成レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開10記事達成10カテゴリーの記事公開10週連続記事公開まとめ記事を10記事公開

『Cities: Skylines』とは?

皆さん『Cities: Skylines』というゲームを知っていますか?

街づくりゲームとして非常に面白く、数多くのダウンロードコンテンツが開発されるほど有名なゲームとなります。

しかし、この『Cities: Skylines』が本当に面白いのか、そもそもどんなゲームなのか疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで、この記事では『Cities: Skylines』とはどのようなゲームなのかとともに、面白いのかレビューもご紹介していきます!

この記事をざっくりまとめると!

  1. 『Cities: Skylines』は交通特化の街づくりゲーム
  2. 住民全員の交通シミュレートがとてもリアル
  3. 街づくりゲームの中でも名作レベルのクオリティ

この記事は約5分で読み終わるので、是非最後まで読んでいってください!

『Cities: Skylines』のゲーム概要

まずは『Cities: Skylines』のレビューをご紹介する前に、どんなゲームなのか知らないとよくわからないと思います。

そこで、ここからは『Cities: Skylines』の概要についてご説明していきます!

『Cities: Skylines』の基本的な情報は下の表の通り!

タイトルCities: Skylines
ジャンル都市開発シミュレーション
対応機種Windows、PS4、Nintendo Switch等
発売元パラドックスインタラクティブ
プレイ人数1人(シングルプレイ専用)
発売日2015年3月10日

街を運営

まず『Cities: Skylines』の主な目的は街の運営となります!

街の環境を整え人々に住んでもらい、税金を取って街をよりよくしていく。

街づくりゲームをプレイしたことがある人なら、すぐ理解できるような内容になっています!

類似のゲームとしては、『シムシティ』や『トロピコ』などが挙げられます

交通をリアルシミュレーション

それでは、この『Cities: Skylines』は類似のシミュレーションゲームとの違いは何か気になると思います。

この『Cities: Skylines』の1番の特徴は交通シミュレートが非常にリアルなところにあり!

例えば街の住民が自宅から職場に向かう場合、自家用車でいくのか、それとも公共交通機関を使うのかを判断します。

この公共交通機関も、電車や地下鉄、バス、船、モノレール等々乗り継いでいくということも判断の中に!。

そして、自家用車を使った場合、しっかりとその車が道路に出現。

交通の便が悪ければもちろん渋滞し、仕事が一切進まず、その会社は倒産することに!

このようなことが街の住民全てにシミュレートされているため、「交通」についてトコトン考えさせられるゲームとなっています!

面白い点

『Cities: Skylines』がどんなゲームかご紹介した後は、早速面白いのか面白くないのかのレビューに移ります!

まずは、『Cities: Skylines』で面白い点をご紹介していきます!

しっかりとしたシミュレート

『Cities: Skylines』の面白いところは何といっても、しっかりと作りこまれた交通に関するシミュレートです!

ゲームによっては「交通」はそこまで問題にならない場合がありますが、この『Cities: Skylines』では交通問題を放置すると、そのままゴーストタウン化することに!

街の住民が増えてくると、住民全てが自家用車で移動するだけの道路を引くことは不可能なります。

そのため、公共交通機関を整備することになるのですが、それがめちゃくちゃ楽しい!

どこに人が集まりやすいのか、どこ行きの人が多いのか、どこの道路で渋滞が起こりやすいのか、どこの交差点で曲がるときに時間がかかるのかまで、しっかり分析し解決していく必要があります。

そんなしっかりとした交通シミュレートは、おそらくこの『Cities: Skylines』だけで楽しめる要素なので、最高に面白いです。

リアルな交通シミュレート故に起こる渋滞問題の解決方法と、その一例はこちらの記事になります!

参考記事:【Cities: Skylines】渋滞しない道路・街の対策方法をご紹介!

参考記事:【Cities: Skylines 攻略】渋滞対策として街の地下に巨大環状道路を作ってみた!

MOD の存在

『Cities: Skylines』の楽しさをより深めてくれるのが、MOD の存在です。

そもそも『Cities: Skylines』では MOD の導入がタイトルメニューからできるようになっているので、MOD の導入が前提の部分もあります。

MOD といっても『Cities: Skylines』の MOD は、システム面を変更するものは少ないです!

その代わりにあるのが、完成されたインターチェンジや、UI を改善したりと便利なものばかり!

「MOD はちょっと・・・」と拒否感がある人でも、是非 MOD を入れてみて欲しいのが『Cities: Skylines』です!

そんな MOD はこちらの記事でご紹介しているので、気になった方はチェック!

参考記事:【Cities: Skylines】入れなきゃ損する最新のおすすめMODをまとめて紹介!

残念な点

面白いところがあれば、残念なところもあるのがゲーム!

ここからは『Cities: Skylines』の残念なところをご紹介していきます!

発展すると重くなる

まず『Cities: Skylines』の残念な点は、町が発展すると重くなること!

交通シミュレートなどをしているため、処理が重くなるのは当然なのですが、ロードが長かったりゲーム中にカクツイたりと、少し気になります・・・

マップいっぱいに建物で埋め尽くしたい!という人はご注意を!

原因が分かりにくい

次に『Cities: Skylines』の残念なところは、問題が起こった時の原因が分かりにくいことです!

例えば、人口が突然減りだしたという問題が起こった時、何が原因で起こったのかが分かりにくい!

道路を1本消しただけで、他の道路で少しずつ渋滞が起こり、物流が止まりゴーストタウン化していた!みたいな場合も実際にあります。

このように自分が街の道路を変更したとき、効果が後々出てくる場合もあるため、何が原因で起こったのか分かりにくいようになっています。

総評

ここまでで『Cities: Skylines』の面白いところと残念なところをご紹介したので、ここからは『Cities: Skylines』の総評にいきます!

まず『Cities: Skylines』は間違いなく非常に完成度の高い街づくりゲームです!

とてもリアルな交通シミュレーションに、作りこまれた街の運営システム、MOD による拡張性、バグの少なさ等々、目立った悪い場所はありません!

ただ、操作性が少し独特なので、慣れるまでに時間がかかるのが難点。

さいごに

『Cities: Skylines』は交通に特化された街づくりゲームの名作です!

街を発展させるため区画を設定したり、税金を調整するのはもちろんですが、公共交通機関の整備や道路の敷設も非常に重要に!

そんな交通シミュレーションが最高の名作『Cities: Skylines』を是非プレイしてみてください。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

TomoG
RPGやシューティングゲーム、シミュレーションゲームが大好きなPCゲーマーです。
『Dark Souls シリーズ』や『Metal Gear TPP』、『Kenshi』、『Satisfactory』、『Raft』等々、幅広いジャンルのゲームをプレイしています。
楽しく読みやすい記事を目指していますので、最後までご覧いただければ嬉しいです!

個人でブログも運営しています!ご興味ある方はこのツイッターから!URL:https://twitter.com/tomog_game12
ゲーム関連で書いてほしい記事があればツイッターまで!