【原神】3分でわかる「鶴見」と「雷鳥」と「ルー」のストーリー

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,164
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、ver2.2で追加された「鶴見」における「雷鳥」と「ルー」のストーリーについて、ざっくりと解説します。

「雷鳥」と「ルー」の約束とは・・・

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、ver2.2で追加されたマップである「鶴見」のストーリーについて、ざっくりと説明させていただきます。

インターネットの質問掲示板を見ますと、「雷鳥」と「ルー」の関係がイマイチわからないという書き込みを見かけることができます。

少々難解な内容であることや、音声がないのにマップ移動しながら会話が進んだり、戦闘や霧がストレスフルなところがあったりしたため、ストーリーが頭に入ってこなかった方も多いと思います。

(私も、霧で迷ってクリアに3週間程度かかったため、ストーリー理解にかなり苦しみました、)

そこで、今回の記事では細かいところは省いて、大まかに「鶴見」のストーリーを解説いたします。

ではさっそく、見ていきましょう。

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合い頂ければうれしいです。

実は聖遺物のフレーバーテキストで触れられていた

「雷鳥」と、「ルー」を始めとした鶴見の人々の関係は、聖遺物「雷のような怒り」シリーズのフレーバーテキストで語られていました。

今回のver2.2のストーリーは、そのフレーバーテキストを膨らませたものと言えます。

関連:【原神】聖遺物「雷のような怒り」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!! 

「鶴見の人々」にとっての雷鳥

鶴見は稲妻地方にある1つの島ですが、ある時期から(とは言っても大昔)、深い霧に覆われるようになりました。

そして、「鶴見の人々」は、鶴見の中央に位置する山に住んでいる「雷鳥」を、島の守り神として信仰していました。

雷鳥は、霧に覆われた島を守護する存在とされていましたが、時に怒り狂い、島中に雷を発生させました。

そのため、鶴見の人々は定期的に生贄(いけにえ)を捧げ、雷鳥の怒りを鎮めていました。

このような野蛮な習慣に嫌気が差し、島を抜け出そうと試みる人もいましたが、誰一人として鶴見に戻ってくることはありませんでした。

ちなみに「カマ」は、島を抜け出した人の末裔です。

「ルー」と「雷鳥」の関係

「ルー」は、鶴見に住んでいる子供でした。

ルーの美しい歌声に惹かれて、雷鳥が話かけたのが、二人(?)の出会いとなります。

雷鳥はルーのことを気に入り、再会を約束して別れることとなりました。

(このとき、ルーが雷鳥に「カパッチリ」という名前を付けています。)

「鶴見の人々」の2つの誤解

「ルー」を生贄にしてしまった

ルーが雷鳥に気に入られたことを知った「鶴見の人々」は、ルーを生贄にしてしまいます。

雷鳥を神として崇めていた人々にとっては、人間の子供と神である雷鳥が、交友を結んだことが理解できなかったのです。

そのため、ルーを生贄とすることを、雷鳥が喜ぶと考えてしまいました。

また、ルー本人も、自分が生贄になることにより雷鳥の怒りが静まり、島中に降り注いでいる雷が収まることを望みました。

そのことにより、鶴見の人々が平和に暮らせると考えたからです。

「雷鳥」は神ではなかった

鶴見の人々は、雷鳥を島の守り神だと思っていましたが、実際には雷鳥はただの魔物でした。

鶴見を守っていたわけではなく、島に住み着いていただけだったのです。

霧の中で、稲光を発しながら飛び立つ雷鳥を見て、島の人々が勝手に神だと思い込んでいただけだったのでした。

そのため、「生贄にはまったく意味がなかった」のです。

雷のような怒り

ルーが生贄として殺されたことにより、雷鳥は交友をもった少年の美しい歌を二度と聞くことができなくなりました。

雷鳥は怒り狂い、鶴見の人々に呪いをかけます。

雷鳥が再びルーの歌声を聞くまで、鶴見の人々が滅亡する運命を繰り返すというものです。

そのため、鶴見の人々は、雷鳥の雷のより絶滅する少し前から、実際に滅亡するまでの期間を、永遠に繰り返すこととなります。

ver2.2で、我々や旅人が鶴見で体験したストーリーは、その呪いの期間となります。

「雷鳥」の最期と「ルー」との再会

鶴見の人々に呪いをかけた後、「雷鳥」は有害な魔物として、「雷電・影」に討伐されます。

しかし、その「残しょう」は稲妻にとどまっていました。

ver2.2のストーリーの最後に、その「残しょう」に、「ルー」の歌声を聞かせることにより、「鶴見の人々」にかけられていた呪いは解かれることとなります。

「鶴見」と「雷鳥」と「ルー」のストーリーのまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、ver2.2で追加されたマップである「鶴見」のストーリーについて、ざっくりと説明させていただきました。

非常に悲しい物語ではありましたが、「ルー」が最後に島の呪いから解放されたのは、せめてもの救いでした。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei