xbox

Microsoft Flight Simulator ~パイロットへの道 6~

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(94376
 経験値  554
獲得バッジ
10記事達成1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

行って帰るまでがフライトですから!!

xbox

はい、こんちは。

今日も元気に教習しましょうぜ。

今回で6回目の教習ですね、今回も着陸についてです。

前回は離陸から一番スタンダードな着陸をやりましたね。

今回はエレベーターとトリムを使った着陸の仕方。

それと、スロットルとヨークを使用した着陸法の2種類を教習していきます。

とりあえず、離陸は筆者がやっておきました、高度も安定しています。

では着陸、行ってみましょう。

あ、今回も隣には教官がいますよ!

  1. エレベーターを使っての着陸
  2. スロットル、ヨークの組合せでの着陸
  3. まとめと用語解説。

この記事は約4分で読めます。

とは言っても、スロットルはなるべく触らない。

xbox

では一つ目、

エレベーターとトリムを使用した着陸方法です。

  • ファイナルアプローチでのスロットル調整
  • 速度とグライドパスの調整

それでは。

①、機首を滑走路に合わせましょう。

どうしたってこれは重要です。

少しぐらい外れたって平気です、降下しながら微調整していきましょう。

②、トリムを使いましょう。

トリムを使うと高度を保ちつつ、エンジンの回転を抑えることができますね。

高度とエンジンの回転は密接に関わっています。

高度が足りない場合はエンジンの回転を上げますし

逆に高すぎた場合は回転を抑えます。

着陸では適切なスピードで適切な高度を取らねばなりません。

スロットル、トリム、操縦桿使えるものを全て使い安全に降下しましょう。

③、高度を下げましょう

エンジンをアイドリングにして、徐々に高度を下げていきましょう。

いつものようにセンターラインを目指します。

接地するかどうかで操縦桿を軽く引き、フレアーを行います。

そのあとにブレーキをかけ、安全に停止しましょう。

コツとして。

今回はなるべくスロットルを触らないようにしましょう。

要所要所、必要な時にだけ触るようにする。

トリムについてですが、時間差で動き出します。

しかも効果は思ってるよりも大きいです。

動かへん!!と思って長押しすると機体のバランスが崩れ墜落してしまいます。

注意が必要です。

スロットルとヨーク編

xbox

やることはほとんど同じです。

  • 65ノットを維持、安定させてアプローチを
  • 機首下げは慎重に

①、目標は滑走路末。

いつもの着陸よりも少し長めの滑走になります。

②、65ノットの維持

ファイナルアプローチに入ったら65ノットの維持に努めましょう。

いつものようにスロットルと操縦桿の操作で調整します。

③、エンジンをアイドリングに。

滑走路の上に入ったら、エンジンをアイドリングに。

最終目標は滑走路の奥の方、センターラインに合わせつつ高度を落としていきましょう。

④、いつものフレアー

高度をさげて、滑走路から約10フィートの高さになったらフレアー。

操縦桿を少し引き、後輪から着地させましょう。

おちついて、前輪の着地を確認し。

ブレーキを使いセンターラインにしたがって、停止しましょう。

着陸完了です。

コツとして。

65ノットの維持に努めましょう。

早いと滑走路から飛び出ますし、遅いと目標の停止位置から大きくハズレてしまします。

だんだん機首を下げて、タッチダウン。

滑走路に入る前から機首を下げ始めましょう。

これも、下げすぎ下げなさすぎに注意が必要です。

程よい高さ、難しいですが頑張りましょう。

読めばわかると思うけど。

xbox

前回やった基本的な着陸方法、それと今回の2つ。

殆ど変わったものではありませんね。

そう、本来着陸時にはこの3つを組み合わせます。

そして、その場その場で臨機応変に着陸することが求められます。

同じ状況になることなんて、万が一にも有り得ないですからね。

ですので今回の教習はかなり限定的なものになります。

が、覚えておくにこしたことはないです。

前回の教習と今回の分、これから何回も繰り返すでしょうからがんばって覚えましょう!

今回の用語解説

トラフィックパターン

空港で使われる航空機のための離着陸用の飛行経路のこと。

滑走路を含む直線を一辺としての周回経路、場周経路とも呼ばれる。

航空機はこのトラフィックパターンのどこかに必ず侵入してから着陸する。

おわりに

xbox

はい、教習お疲れさまでした。

上にも書きましたが、今回の教習は補足説明のようなものでしたね。

二番目のほうが少し難しいですかね?

速度と高度を同時に調整するのはまだまだ練習不足だなぁと感じました。

あと、着陸の際に機体がぶれてセンターラインを逸脱してしまうのも多かったです。

おそらくですが、今回教習した二種類の着陸法は余り使うことはないと思われます。

前回のスタンダードな着陸法をマスターしたほうが建設的かもしれませんね!

そんなこんなで、次回は旋回を伴った着陸です。

滑走路と並行して飛行し、旋回後、ファイナルアプローチ、着陸の流れだそうです。

少々、難しそうですが頑張りましょう!!

では、今回の教習はここまでにします。

お疲れさまでした!!

次回、またお会いしましょう。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

虎猫猫
虎猫猫
洋ゲー好きです。
初代 Xbox から追っかけをしています。
FPS が好きだけども、3D 酔いするのが悩み。
PS5 は薄型になるまで待つと決めた!!

好きなゲームジャンルは、サンドボックス。