『神河:輝ける世界』リミテ評価:青編

【MTGアリーナ】『神河:輝ける世界』リミテ:カード使用感紹介(青編)

 ランク(順位) 王(6377
 経験値  6,372
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開
『神河:輝ける世界』リミテ評価:白編_サムネ『神河:輝ける世界』リミテ評価:黒編_サムネ『神河:輝ける世界』リミテ評価:赤編_サムネ
『神河:輝ける世界』リミテ評価:緑編_サムネ『神河:輝ける世界』リミテ評価:多編_サムネ『神河:輝ける世界』リミテ評価:茶編_サムネ

こちらは、【『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカード】についての記事です。

個人的な感想となりますが、ドラフトやシールドをやる上での一助となれば幸いです。

(※他の色につきましては、作成次第リンクを追加していきます!)

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」について

 

皆様、MTGアリーナを楽しんでいるでしょうか?

こちらの記事は、私アザ・キャストが『神河:輝ける世界』のリミテッドをプレイし、新たな知見を得られ次第更新していきます。

<<最終更新日は2022年3月15日です>>

半ば備忘録的な立ち位置の記事とはなりますが、皆様にも何かしらを提供できればと思います。

  1. 『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」の立ち位置
  2. 『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(役割別)

※カードの評価は、あくまでその時点かつ個人の視点によるものですので、ご了承ください。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」の立ち位置

神河:輝ける世界_プレミア・ドラフト

まず、今弾での「青」は以下のような役割を担っていると考えられます。

  • 『忍術』:クリーチャー入れ替わりによるコンバット・トリック!
  • 『機体』:「青」の線の細さを補うロボット!
  • 『アーティファクト』:参照するカードを使う場合にはうってつけの色!

それでは、一つずつ見ていきましょう。

『忍術』

神河特有のコンバット・トリック『忍術』において、「青」は「黒」に次ぐ多さを誇ります。

また、多色の忍者は「青黒」のみなので、『忍術』をテーマにデッキを構築するなら「青」は「黒」と組み合わせるのがセオリーです(緑や白にも忍者はいますが、少数です)。

ただし、基本的にパワーが低めなので、一度『忍術』した後は回避能力などが求められます。

『機体』

忍者に限らず、「青」は火力不足に陥りやすい色です。

しかし、『神河:輝ける世界』ではそれを補う『機体』が存在します。

基本的に「茶(無色)」に『機体』は多いですが、有色では「青」が多めです。

注意点は、『搭乗』するための出力が「青」だけでは不足気味ということですね。

『アーティファクト』

MTG における「革新」「技術」「ハイテクノロジー」を示す色は、「青」と「赤」です。

『神河:輝ける世界』でもそれは同様で、無色を除くと二色に多くのアーティファクトが存在します。

アーティファクトを参照する効果を活かしたい場合には、「青」か「赤」に注目するとよいでしょう。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(説明)

神河:輝ける世界_青いカード一覧

ここからは「カードの個別評価」についてご紹介していきます。

リミテッドでの活用を想定し、以下のような「役割別」に分けてお送りします。

役割名
クリーチャー除去&バウンス除去耐性
コンバット・トリック装備品&機体その他

それでは、次の章からカードを見ていきましょう。

(※カードは随時追加・更新していきます!)

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(クリーチャー)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」のクリーチャー】についてご紹介しています。

カード名評価
ネットワークの攪乱者

ネットワークの攪乱者

・『忍術』のタネとして、ベストと言っていい性能です。

・後半引いても、タッパー効果で攻撃を通しやすくできます。

・『忍術』で手札に戻して繰り返しタップできるのもGood!

小手の使い魔

小手の使い魔

・黒のせいで「タフ1は弱い」と言われますが、これは例外です。

・2/1を倒すのに、わざわざマナを過分に払いたくはないですよね。

・換装コストは高めですが、護法とバフを付けられるのも強いです。

逸失叡智の御神体

逸失叡智の御神体

・対空ブロッカー&『忍術』のタネとして活躍します。

・切削効果も1マナと軽く、膠着状態でも役割があるのがいいですね。

・伝説なので複数出せないのが残念(出せたら強すぎます)。

月罠の専門家

月罠の専門家

・バウンスは弱く思われがちですが、やられると嫌なものです。

・相手とのテンポ差を広げ、優位に立ち回りましょう。

・最悪『忍術』せずに出しても、十分な役割を果たせます。

複製の専門家

複製の専門家

・「見たら焼け!」というレベルのシステムクリーチャーです。

・2マナ払えば、どんなコストのアーティファクトでも増やせます。

・『雷鋼の巨像』などの重量級を複製できたら、もう最高です!

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(除去&バウンス)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」の除去&バウンス】についてご紹介しています。

カード名評価
攪乱プロトコル

攪乱プロトコル

・基本は『もみ消し』として使うと考えましょう。

・アーティファクトボーナスは、狙えたらで。

・打ち消しのコツは「通したら負ける」と思うものに撃つことです。

・カードを把握すればするほど、強く使えますよ。

呪文貫き

呪文貫き

・モダン以下でも有能な打ち消し呪文です。

・しかし、リミテッドはクリーチャーによる戦闘が主流。

・6~7/40枚程度の非クリーチャー呪文を打ち消すために入れるのは、リスクが大きいです。

・要求マナが2というのも、それに拍車をかけています。

タミヨウの完成化

タミヨウの完成化

・場には残りますが、実質除去です。

・4マナの重さも『瞬速』のおかげであまり気になりません。

・付けるタイミングには注意しましょう。

・攻撃宣言直後に付けると、ダメージ計算は普通に発生します。

・ダメージを回避するには、戦闘フェイズ前に付けましょう。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(除去耐性)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」の除去耐性】についてご紹介しています。

カード名評価
次元切開

次元切開

・除去や戦闘を回避しながらサイズアップできる、便利な一枚です。

・ハイテク次元なだけに、アーティファクトも対象にできます。

・撃つタイミングは、①相手の除去の後 ②戦闘ダメージ計算前 です。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(コンバット・トリック)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」のコンバット・トリック】についてご紹介しています。

カード名評価
短絡

短絡

・『瞬速』があるので、コンバット・トリックとして使えます。

・一方的に相手を討ち取りたい時に使う場面が多いでしょう。

・邪魔な『飛行』持ちを取り除くのにも使えます。

・弱体化であり、除去ではないのには注意しましょう。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(装備品&機体)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」の装備品&機体】についてご紹介しています。

カード名評価
未来派の歩哨

未来派の歩哨

・コモンで4マナ6/6という性能は、素晴らしいです。

・素の性能だけなら、ブロックに2~3体巻き込むことも狙えます。

・搭乗コストは決して軽くないので、要調整。

精神連繋メカ

精神連繋メカ

・搭乗コストが1な上、4/3の飛行持ち!

・単純にリミテで強い性能の機体です。

・コピー先(搭乗員)は、『攻撃時』『タップ時』があるとベター。

・レアなのでピックしにくいことが、玉に瑕ですね。

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカードの個別評価(その他)

この章では、『神河:輝ける世界』の【「青」のその他】についてご紹介しています。

カード名評価
当世

当世(表面)

・手札の質を上げつつ、墓地を肥やせるのが便利です。

・墓地から釣り上げるカードと組み合わせられたら、さらに〇。

・裏面もリミテッドで便利な飛行持ちで、腐ることがありません。

ベクターの滑空者

ベクターの滑空者(裏面)

・飛行持ちなので、攻撃可能な5ターン目以降も十分出番はあります。

・『忍術』などで手札に戻ると、もう2回ルーターができますよ!

記憶の宝球

記憶の宝球

・アーティファクト数を稼ぎつつ、手札を補充できます。

・盤面には触れないので、積極的に取る必要はないでしょう。

・アーティファクトを参照するカードがあれば、ワンチャン?

知識の渇望

知識の渇望

・3枚と掘れる枚数が多めなので、解答を探しにいけます。

・インスタントで隙が少ないのも強味です。

・しかし、基本は盤面に干渉できるカードを選んだ方がいいでしょう。

語られざるものの警告

語られざるものの警告(表面)

・重めながら、時間稼ぎ+ドロー+大型召喚ができる英雄譚。

・相手の『搭乗』を妨げることもできます。

・Ⅱ章は4ドローがベストですが、大抵は占術2&2ドローとなります。

・裏面は手札を溜めて除去されなければ、毎ターンワンサイズずつ増えるフィニッシャーです。

忌話図の幻像

忌話図の幻像(裏面)

・最大サイズ7/7飛行トランプル。

・個人的には3/3を超えれば及第点だと思っています。

・盤面を膠着させてドローを溜めこめば、飛行でファッティなこちらが圧倒的に優位です。

・ただし除去耐性はないので、ご注意を。

「カード使用感紹介」まとめ

 

『神河:輝ける世界』リミテッドにおける「青」のカード】についてここまでご紹介させていただきました。

今後もリミテッドをプレイして新たな発見があり次第、追記・修正していく予定です。

リミテッドは運の要素が高い上思うような動きができず、「嫌いだ~」となる方もいると思います。

ですが、コンバットやカード使用のタイミングなど、構築でも重要となる部分をカードを手に入れながら学ぶことができる楽しいフォーマットでもあります。

この記事で、MTGアリーナひいてはリミテッドに興味を持っていただければ、この上ない喜びです。

関連記事(MTGアリーナ)

【MTGアリーナ】『神河:輝ける世界』ドラフト7勝デッキ紹介!①

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/