【ロマサガRS】[面倒くさすぎんだろう]ポルナレフ スタイル性能解説

 ランク(順位) 騎士団長(14388
 経験値  4,573
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成

はじめに

こんにちは。

ほぼ無課金ゲーマーのオガタです。

今回は、SaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念で登場した、[面倒くさすぎんだろう]ポルナレフのスタイル性能の解説をしていきます。

気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

  1. 周回では高威力の全体攻撃を継承!
  2. 攻撃も回復もできるがどっちつかずな印象
  3. サポートキャラとしては優秀!

この記事は5分で読み終わりますので、最後までぜひご覧ください♪

SaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念デューン編

SaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念シリュー編

ステータス

武器種は杖、ロールはアタッカーのですね。

術適正が風なので、斬属性の攻撃が中心になってきます。

回復術もあるので、回復役としても使えます。

ステータス的には、知力・素早さが高く、愛も高めです。

体力も術士としては高い方かも。

精神は並だと思います。

属性耐性

属性耐性はこんな感じです。

杖キャラとしてオーソドックスな打耐性が高く突耐性が低い感じです。

習得スキル

習得術を見ていきましょう。

まずは「エアロ」

斬属性単体攻撃で威力がB。

威力は高いのですが、その代わりに対象がランダムになっているので、使いどころが難しいスキルになっています。

今回のガチャではランダム攻撃のスキルを持つキャラが多いですね。

敵が単体の場合は気にせず使っていくことができます。

次がこちら。

「癒しの息吹」

ロベルトなどが持っている回復術です。

消費BPは覚醒すると3。

威力はCなので今思うと回復力は高めなんですね。

最後はこちらです。

「ゲイルサンダー」

威力はEのランダム2~4回攻撃。

4回攻撃してくれれば与ダメージを稼げますが、正直火力は安定しない印象。

対象がランダムなのもネックです。

アビリティ

アビリティは以下の3つです。

パワーヒーリングⅠは回復スキルを使った時に味方生存者全体のHPを回復(効果極小)し、さらにBPも+1してくれるアビリティです。

BP回復があるのはうれしい。

このキャラの売りに一つだと思います。

瑕攻練気Ⅰは、Weak攻撃の与ダメをアップし、なおかつターン終了時にBPも1回復してくれるアビリティです。

うまく使えば、面白いことができそうです。

テンションアップⅦは攻撃の与ダメージが上昇(効果超極大)するアビリティです。

おすすめ継承スキル

Sポルナレフがリアム編第8話公開記念コインで交換できますので、術を継承してくることができます。

継承できる術は「プロテス」「トルネード+」「スーパーソニック」の3つです。

「プロテス」は高難易度で使えそうです。

デザートランス・改の前衛に「プロテス」を打って被ダメを軽減するなど。

「トルネード+」と「スーパーソニック」はそれぞれ周回で使えそう。

1ターン目なら「トルネード+」、2ターン目なら「スーパーソニック」と行動するラウンドで使い分けができます。

アビリティのテンションアップⅦは周回でこれらを打つ時に活きてきます。

運用方法

周回で使うなら、斬弱点の敵がいるステージで「トルネード+」か「スーパーソニック」を打っていく感じ。

ただし、BP回復スキルがあるもののこれら2つは連発ができないので、一人引率は難しいです。

他のキャラと組ませて1ラウンド目か2ラウンド目どちらかに動かす感じですね。

高難易度では、面白い使い方ができそうです。

「プロテス」継承で、余裕があれば「プロテス」を打っていき、被ダメを軽減します。

味方のHPが減ってきたら、「癒しの息吹」で味方を回復。

その時、パワーヒーリングⅠで味方全体が回復し、BPも補充できます。

ボス戦の場合、味方のHPが全体的に減っていくので全体回復は助かります!

ネックとしては、「癒しの息吹」が使えないとパワーヒーリングⅠは発動しません。

つまりLPによる回数制限があるので、長期戦には向きません。

ヴァッハ神の「神樹」のような使い方ができないので、サブヒーラーと割り切った方がいいかも。

おわりに

今回はSaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念シリュー編の[面倒くさすぎんだろう]ポルナレフを紹介してきました。

突き抜けた性能はないものの、サポートキャラとしてはいいはたらきをしてくれるような気がします。

それではまた。

Romancing佐賀グランドツアー2022!Romancing祭佐賀中部編

Romancing佐賀グランドツアー2022!Romancing祭佐賀西部編

SaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念デューン編

SaGa3 Romancing祭 メインリアム編第8話公開記念シリュー編

過去の投稿記事

追憶の幻闘場「ドマファ」(斧の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(槍の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(弓の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(体術の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(大剣の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(剣の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(小剣の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(棍棒の戦録編)はこちら!

追憶の幻闘場「ドマファ」(杖の戦録編)はこちら!

「納涼!ヒヤッと肝試し開催記念 Romancing祭 ヴァンパイアレディ編」ガチャは引くべき?はこちら!

「海に漕ぎ出せ!大航海祭」イベントまとめはこちら!

「海に漕ぎ出せ!大航海祭 Ultra DXガチャ シルバー編」は引くべき?はこちら!

海に潜む脅威!ディープテンタクラー(Romancing)攻略はこちら!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト