【シャドバ】5ターンリーサルは当たり前?!スペルラティカエルフ【クロスオーバー】【最強デッキ】

 ランク(順位) 駆け出し冒険者(74377
 経験値  755
獲得バッジ

ここでは、十禍闘争環境のスペルラティカエルフのデッキ構築、マリガン、プレイングなどについて解説していきます。

スペルラティカエルフ【十禍闘争・クロスオーバー】

クロスオーバーが実装されてさまざまなデッキを見ますが、その中でも今回は5、6ターン目にリーサルを取れるようなスペルラティカエルフを紹介していきたいと思います。

  1. 早いラティカ起動に特化した構築
  2. 採用カードと非採用カード
  3. マリガン
  4. 理想的な立ち回りと注意点
  5. 参考動画

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまで読んでいただけると幸いです。

スペルラティカエルフの構築

このデッキの強みは、何と言っても5ターン目にリーサルというのが珍しくないという点です。

スペルブーストでコストが下がるカード達を採用することで、実質0コストのカードが格段に多く、12プレイしやすくなっているという構築です。

元から難しいラティカエルフにスペルブースト要素が加わり難易度が上がっていますが、その分パワーも上がっています

※あくまでデッキの一例なので、実際に使ってみてあなたの使いやすいデッキを組んでみましょう!

主要カードの解説

万緑の回帰・ラティカ

言わずと知れたこのデッキのフィニッシャー

確定サーチは入っていませんが、デッキを掘れる枚数が多いので純正のラティカエルフよりも引きやすいです。

究明の魔術師・イザベル

スペルウィッチなどにフィニッシャーとして入っていますが、このデッキでは進化時効果の「運命の導き」を手札に加える効果がメインになります。

基本的に融合効果は使いませんが、相手がアグロの時などは序盤の面処理として「ユニオン・マジック」をプレイすることがあります。

ハリケーンゴーレム

アクセラレート効果で、1ドローしながら場に「グラウンドサークル」を出せるので、0コストを事前に準備できます。

「グラウンドサークル」はアミュレットなので基本的に破壊されることはなく、「フェアリーウィスプ」とは違い、リーサルターンにハンドに抱えておく必要はありません。

ただし、プレイしすぎてしまうと面を埋めすぎてしまう点には注意が必要です。

採用候補カード

氷塊のゴーレム

どちらかと言うと、事故を減らすためのカードです。

場に「グラウンドサークル」があれば2枚ドローすることが出来ますが、0コストのパーツを消費してしまうので使いどころには注意が必要です。

マジックミサイル

こちらも事故を減らすためのカードです。

1点を相手のフォロワーかリーダーに与えることが出来るので、打点の補助や細かいフォロワーの処理に使えます。

マリガン

優先度の高い順に

  • 「万緑の回帰・ラティカ」
  • 「ハリケーンゴーレム」
  • 1コストでドローできるカード(1枚)

対混沌の流儀入りデッキ

上記+「ウィンドフェアリー」

プレイング

基本的なプレイングはラティカエルフと同じで、リーサルターンまでにパーツを揃えたあと、「万緑の回帰・ラティカ」で相手のリーダーの体力を一気に削りきるといった形です。

細かく並んだ守護は「ユニオン・マジック」「アイスストーム」で、大きいスタッツの守護は「マジカルキャット」で突破しましょう。

デッキの性質上、「フォレストレンジャー・ウェルダー」がリーサルターンの前になくなってしまうことも多いので、打点の補助になる「ナイフトリック」は大事にプレイしましょう。

ラティカエルフのプレイングについては、以前の記事で紹介したので、そちらをご覧ください。

【シャドバ】現環境最強?!アリアラティカセッカエルフ【ローテ】【十禍闘争】

また、手札、場に「グラウンドサークル」または「フェアリーウィスプ」がない場合、「マギスの魔導師」または「石英の魔女」をバウンスしてスペルをプレイすることにより低コストでプレイ回数を稼ぐことが出来ます。

その際には、早めに手札にバウンスしないとコストが下がらない点には注意が必要です。

どこまでラティカを引けるまで待つか

「万緑の回帰・ラティカ」がハンドに来ればリーサルだが引けていない場合には、相手のリーサルが来る前のターンまで耐えましょう。

どこまでリソースを使うか、手札の0コストが足りてるか毎ターン確認しながらプレイしましょう。

相手のリーサルが来る直前のターンに0コストのドローソースから動いて、「万緑の回帰・ラティカ」が引けることをお祈りしましょう。

対混沌の流儀入りデッキについて

基本的な立ち回りはラティカエルフと同じで、相手の5コストのターン前に「万緑の回帰・ラティカ」を進化置きしたり、「ウィンドフェアリー」をハンドに抱えるようにしましょう。

「混沌の流儀」をプレイされてしまったあとは、ほかのデッキに対する立ち回りとは違い、どんどんスペルブーストのカードは使いましょう

なぜならば「万緑の回帰・ラティカ」でのリーサルが難しくなるのと、どれだけ「ウィンドフェアリー」を引き込めるかが勝負のカギになるからです。

参考動画

現役プロ選手による解説動画です、参考にどうぞ。

まとめ

「万緑の回帰・ラティカ」さえ引き込めてさえしまえば、5ターン目というほかのどのデッキよりも早くリーサルを取れるスペルラティカデッキ。

プレイ難易度は難しいですが、使いこなせればとても楽しいのではないかと思います。

今しか使うことのできないこのデッキをぜひ、みなさんご自身の手で使ってみてください!

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト