【原神】武器ガチャは闇だった!?ピックアップ武器を手に入れるために必要な原石について詳しく説明します!!

 ランク(順位) 錬金術師(1384
 経験値  41,630
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

武器ガチャ(四風原典)はどれくらい課金すれば入手できるの?

(2021.7.21追記)こちらの記事は『旧仕様』の武器ガチャの記事となります。

『新仕様』であっても「神鋳軌定」を利用しない場合は、こちらの記事の仕様が適用されます。

(利用しないメリットはあまり感じられませんが・・・。逆に「利用しわすれ」ということはあるかもしれませんので、くれぐれもお気を付けください。)

なお、『新仕様』の「神鋳軌定」につきまして、下のリンクの記事をご覧ください。

関連:【原神】武器ガチャの仕様変更「神鋳軌定」は原石が『2割』お得!?確率と期待値から検証します。 

こんにちわ。「横島先生」です。

最悪でも2回天井すれば必ずゲットできるキャラガチャに対し下手をしたらいつまでも手に入らない武器ガチャを敬遠している人も多いと思います。

逆に、武器ガチャのことをよく理解せずに手を出し、引くに引けずに高額課金となってしまった方もいらっしゃると思います。

今日はそんなみなさまのために、武器ガチャ(ピックアップ)についてわかりやすくご説明させて頂く予定です。

なお、結論から申し上げますと、武器ガチャで特定のピックアップ武器を入手できる期待値は『原石:21,600個(32,130円相当)』となります。

また、完凸を目指すのであれば、期待値は『原石:108,000個(160,650円相当)』となります。

ピックアップキャラの完凸期待度が『原石:105,000個(156,188円相当)』となっていたので、キャラと武器の完凸期待度を同じ水準に設定しているんですね。

もちろん、武器ガチャに関してはすり抜け続ける可能性もあるため、実質青天井です。

本日は、そんな『原神』界のダークサイドの一つ、武器ガチャの確率についてわかりやすくご説明いたします。

  1. ☆5武器の『基礎』出現確率は0.7%だけど、熱いゾーンでは出現確率が跳ね上がる!!
  2. 『天井』があるのに『天井』がない!?ダブルピックアップの恐怖!!
  3. 可能性としては永遠に引けないことはわかったけど、普通の人はどれくらいで引けるの?

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

武器ガチャ(四風原典)の☆5出現率

武器ガチャの仕組みはキャラガチャに比べて複雑です。

キャラガチャの理解が浅いと思う方は、以下のリンクを先に読むことをおすすめします。

関連:【原神】「原石が〇〇個でピックアップキャラは引ける?」「完凸には原石が何個必要なの?」ガチャの確率と期待値の疑問を徹底的に解説します! 

関連:【原神】「期間限定キャラは復刻するの?」実装履歴と復刻実績から次の復刻キャラと時期を予想します!!

ゲーム内の祈願(ガチャ)の説明にもございますように、『原神』のガチャは『基礎』出現確率『総合』出現確率の2つの確率によって制御されています。

祈願(ガチャ)の説明

武器ガチャの「基礎出現確率」はみなさんもご存じの『0.7%』ですが、「総合出現確率」『1.85%』となっております。

総合出現確率は『天井』を含んだ出現確率のことです。

武器ガチャで天井の80回に到達する確率は『58%』程度であり、これはキャラガチャの天井(90回)到達とほぼ同じ確率です。

よくできてますね。

一方、ガチャをある程度引いたことがある人なら感じていると思われますが、天井に到達することはほとんどありません。

「58%で天井に到達する」のに、「ほとんど天井に到達しない」とはどういうことでしょうか。

『原神』の特殊な天井

上のグラフはyoutubeなどで公開されているガチャ動画から私がカウントして集計しました、武器ガチャ(ピックアップ)で「☆5を引くまでに要したガチャの回数」をまとめたものになります。

☆5が37回引かれた時、どのガチャ回数(横軸)で引かれたかの頻度(縦軸)を表しています。

61回あたりから頻度が上がりはじめ、「66回~70回」では明らかに頻度が跳ね上がっていることがわかります。

特に頻度の高い「61回~70回」を細かく表で見てみます。

☆5を引いた回数頻度(回)確率(%)
61回目1回2.7%
62回目1回2.7%
63回目1回2.7%
64回目1回2.7%
65回目2回5.4%
66回目4回10.8%
67回目1回2.7%
68回目6回16.2%
69回目0回0.0%
70回目0回0.0%

「基礎出現確率」『0.7%』にも関わらず、最大『16.2%』に跳ね上がっていることがわかります。

また、「61回~70回」の間での出現率が『45.9%』となっております。

総サンプル数が37回と少ないことから、この集計だけでは不安要素も多いですが、キャラガチャでも同様の傾向を見えており、武器ガチャについても以下のことが予想されます。

  • 武器ガチャの「基礎出現確率」は「最低保証確率」であり、どの回数でも『0.7%』以上はあるという意味合い。
  • 「熱いゾーン」が存在する。「61回~70回」での☆5の出現率は50%弱!!(当方調べ)
  • 恐らく、国産ソシャゲのような「毎回一定の確率で抽選し、引けなかった場合は天井回数で100%抽選」という方式ではなく、☆5を引いた段階で次の☆5が何回目で出てくるか抽選を行う「テーブル方式」と思われる。
  • 天井まで到達することはほとんどない。37回のサンプル中、天井到達はゼロ!!

武器ガチャ(四風原典)はダブルピックアップ

キャラガチャ(ピックアップ)は最悪でも2回天井に到達すれば、お目当てのピックアップキャラが入手できます。

これは、キャラガチャはピックアップが1種類であるため、「ピックアップ入手=特定キャラ入手」となるためです。

一方、武器ガチャ(ピックアップ)は常に2種類の武器がピックアップされています。

上の画像であれば、「終焉を嘆く詩」と「天空の刃」の2つの☆5武器がピックアップとなります。

『原神』のピックアップガチャは最低でも2回に1回はピックアップが確定しますが、ピックアップのどちらが選ばれるかは完全に運任せとなります。

つまり、永遠に片方のピックアップ武器が選ばれ続け、もう片方の武器が一生出ないということも確率的にはありえます。
そのため、武器ガチャは『原神』の闇と呼ばれています・・・。

それで結局、ピックアップ武器(松韻の響く頃)を引くにはどれくらいの原石が必要なの?

冒頭でもご説明しましたが、「武器ガチャ(ピックアップ)」で目当てのピックアップ武器を引くための期待値や最大値は以下のとおりです。

期待値原石:21,600個(32,130円相当)
最大値青天井(運が悪いとどこまでも引けない)

計算方法ですが、まずは総合出現確率『1.85%』から☆5出現期待値は『54回』になります。

一方、「ピックアップは25%ですり抜け、すり抜けた後の☆5は必ずピックアップ」、「ピックアップの2分の1で目当ての武器が引ける」というルールがあります。

一見すると簡単なルールですが、数学的には結構ややこしい計算プロセスとなります。

そこら辺はすっとばして結論だけ言いますと、期待値的には『☆5を2.5回引くと、お目当ての武器が1回引ける』となります。

ぴったり2.5回に1回となったので、「mihoyoには相当数学に強い設計者がいるなあ」とこっそり感動しています。

あとの計算は簡単で以下のとおりです。

54回 × 2.5回 = 135回

135回 × 160個(1回のガチャで必要な原石)= 21,600個

ガチャ1回あたりの金額238円【12,000円 ÷ 8080個 × 160個】 × 135回 = 32,130円

武器ガチャ(四風原典)を完凸するためにはどれくらいの原石やお金が必要なの?

冒頭でもご説明しましたが、「武器ガチャ(ピックアップ)」で目当てのピックアップ武器を完凸するための期待値や最大値は以下のとおりです。

期待値原石:108,000個(160,650円相当)
最大値青天井(運が悪いとどこまでも引けない)

計算方法は純粋に1回分の期待値に、完凸に必要な5(本)を掛けた数値となります。

やはり尋常じゃない金額になってますね!!

キャラガチャ(ピックアップ)の完凸も同じような期待値になります。

つまり、キャラと武器の完凸には期待値の段階で32万円が必要です。

しかも、運が悪いと原石やお金が幾らあっても引けません!!

武器ガチャは本当に『原神』の闇であるため、手を出す場合は十分な準備と覚悟が必要です。

私はおすすめしません・・・。

武器ガチャの確率のまとめ

本日はインターネットで散見される原神に対する疑問のうち、もっとも多いと思われる「武器ガチャの確率」についてご説明させていただいました。

確率を検討するためのサンプルが37個というのは心もとないので、サンプル数を収集して逐次更新するようにいたします。

今までも何回かガチャについて触れてきましたが、本日の武器ガチャをもって、一通りの説明は終了です。

記事の中でも触れましたが、ピックアップのキャラと武器の完凸を目指す場合は「期待値で32万円」の費用が発生します。

そのお金があったら色々楽しい事もできると思います。

くれぐれも、なんとなくガチャに手を出したら引くに引けなくなって数十万円浪費、というパターンだけは避けてください。

それだけが私の望みです。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei