【原神】「淑女」シニョーラ(ロザリンor燃え盛る炎の魔女)の正体についてブログ調に語りたい!!

この記事では、「淑女」シニョーラ(本名:ロザリン・クルーズチカ・ローエファルタ)について解説します。

他のキャラクターについて知りたい方は、下のリンクをご覧ください。

関連:【原神】双子(主人公)の正体は?カーンルイアとの関係は?徹底考察します!!

関連:【原神】小学生にもわかる鍾離先生とモラクスと璃月の歴史

関連:【原神】「影」と雷電将軍は違うの?「眞」って誰?雷神について散兵スカラマシュも交えて解説します。 

原神の最初のヴィラン(悪役)である「淑女」について解説します。

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、「淑女」シニョーラについて、ブログ調にざっくばらんに語りたいと思っています。

淑女は、原神の最初期から登場しているキャラクターであり、最初のヴィラン(悪役)として、主人公の前に立ちふさがりました。

メインストーリーだけを見ていると、「ただの性格の悪いお姉さん」といった印象を受けると思います。

しかし、武器や聖遺物のフレーバーテキストを熟読することにより、彼女の波乱の人生に触れることができます。

今回の記事では、かなりざっくりと、「淑女」の物語について解説する予定です。

情報が足りない部分は想像で補完している部分もありますし、難解な部分は省いておりますので、ご覧になる際にはお気をつけください。

また、Ver2.1の魔神任務第2章第3幕をクリアしていない方は、壮絶なネタバレとなりますのでご注意ください。

今回の記事の流れは以下のとおりです。

  1. モンドの少女「ロザリン」について
  2. 「燃え盛る炎の魔女」の誕生
  3. ファデュイからの勧誘、「淑女」シニョーラへ
  4. 「淑女」シニョーラの最期

全体で5分くらいで読み終わりますので、さいごまでよろしくお願いします。

では、さっそく見ていきましょう。

本名は「ロザリン・クルーズチカ・ローエファルタ」

この名前は、「淑女」との闘いで、炎形態になる際に表示されます。

淑女は、500年前のモンドの住民であり、当時は「ロザリン」と名乗っておりました。

「淑女」も「シニョーラ」も、ファデュイの組織内でのコードネームとなります。

(タルタリヤについても、「公子」や「タルタリヤ」はコードネームで、本名は「アヤックス」と言います。)

500年前の出来事について

原神世界の2つの重要な転換点

原神の歴史を眺めるうえで、必ず覚えておいていただきたいのが、「2000年前」と「500年前」の2つの時期です。

「2000年前」に、各地で勃発していた「魔神戦争」が終結し、7人の神(俗世の7執政)に統治される時代が到来します。

そして、「500年前」に、カーンルイアが全世界に対し侵略戦争を開始し、天理(および俗世の7執政)との間で戦争が起き、それに巻き込まれる形で各地で災厄が発生します。

「ロザリン」は、この「500年前」の災厄に巻き込まれた1人となります。

モンドにおける「500年前」の災厄

モンドでは、500年程前に黒龍ドゥリンが暴走し、それに呼応するように魔物が大量発生し、モンド国内を地獄の中の地獄に叩き込みます。

一方、モンドでは「獅子」エンドリンと「幼い狼」ルースタンという2人の英雄が現れ、各地の魔物を鎮圧していきました。

しかし、その戦いの最中、ルースタンは戦死してしまい、エンドリンはやる気を無くして戦線離脱をしてしまいます。

最終的には、風龍トワリンの活躍により、黒龍ドゥリンをドラゴンスパインに封印することに成功します。

(その時に受けた毒が原因でトワリンも眠りにつき、物語冒頭へと繋がっていきます。)

「ロザリン」と「ルースタン」の関係

実は、ロザリンと「幼い狼」ルースタンは恋仲でありました。

まだ「淑女」になる前のロザリンは、スメールの教令院に留学していました。

(西風騎士団の図書館司書のリサも留学していたところです。)

モンドに戻った彼女を待っていたのは、魔物によって破壊しつくされた故郷と、恋人であるルースタンの死でした。

「燃え盛る炎の魔女」ロザリンの復讐

2つの復讐の対象

すべてを失ったロザリンは、その悲しみを搔き消すかのように、「復讐」に身を投じます。

復讐の対象は2つ。

1つは、直接の加害者である魔物であり、「この世からすべての魔物を排除する」ことを目標に動き始めます。

そして、もう1つの対象は、「風神バルバトス」です。

本来、人間を守るべき立場である風神が、魔物に対して何の対処もしないことに、強い怒りを感じたのです。

実際に、モンドの神である「バルバトス」が、この災厄に対して何の対策も講じなかったため、モンド国内に甚大な被害を及ぼしました。

「燃え盛る炎の魔女」

復讐に駆られ、魔物とともに自らの身も焼き尽くすロザリンは、周囲の人々から「燃え盛る炎の魔女」と呼ばれるようになります。

いつしか、魔物と同様に恐れられる存在となり、人々から忌避されるようになりますが、それでも魔物を狩り続けました。

数えきれない魔物を焼き尽くしたロザリンですが、その炎は彼女の寿命も蝕み、最後の刻を迎える段階となります。

ファデュイからの勧誘

ファデュイについて

ファデュイは、氷の国・スネージナヤに組織された、「氷の女皇」直轄の外交機構です。

「氷の女皇」の命令のもと、各国に対して外交圧力をかけており、周囲の国からは相当嫌われる存在となっています。

「氷の女皇」の目的

詳細はまったく不明ですが、タルタリヤからは「優しすぎるために平和を夢見て世界に宣戦布告した」と説明されており、何らかの信念に則って行動していると思われます。

とにかく、目的を達成するための「力」を求めており、そのためには手段を選びません。

「燃え盛る炎の魔女」のファデュイへの勧誘

ファデュイの執行官である「道化」は、力尽きようとしている「燃え盛る炎の魔女」ロザリンをファデュイに勧誘しようと試みます。

しかし、前述のように、ロザリンは「神(俗世の7執政)」を恨んでおり、まっとうな方法では説得することができませんでした。

そこで「道化」は、ロザリンに長い夢を見させます(方法は不明ですが)。

その夢は、氷の女皇の目指す「平和」が訪れた際には、ルースタンと再会できるというものでした。

生きる希望のすべてを失っていたロザリンは、騙されていると知りながらも、「道化」の勧誘を受け、ファデュイに加入することになります。

これが、ファデュイの執行官第8位である「淑女」シニョーラの誕生の瞬間です。

ファデュイとしての活躍(暗躍)

執行官としては珍しく精力的に行動

ファデュイの執行官の中には、打算的であったり、自分の欲求を優先する人材が多いようです。

一方、前述のように、淑女シニョーラには、ルースタンとの再会という目的があるため、積極的に「氷の女皇」の計画を遂行します。

風神バルバトスから神の心を強奪

プレイヤーの前に初めて現れたのは、風神バルバトスであるウェンティから神の心を回収するシーンでした。

必要以上にウェンティを痛めつけていましたが、淑女シニョーラの経緯を理解すると、非常に納得できると思います。

ウェンティこそが、彼女の復讐の大きな目標の1つだったわけです。

岩神モラクスから神の心を譲受

一転、岩神モラクスである鍾離からは、平和裏に神の心を譲り受けます。

鍾離は復讐の対象ではなく、任務の対象であるため、神の心さえ回収できれば良かったということです。

「淑女」シニョーラの最期

主人公との御前試合

稲妻でも積極的に任務をこなしていた「淑女」シニョーラですが、主人公に御前試合を申し込まれ、対決することになります。

「淑女」シニョーラの邪眼の効果

「公子」タルタリヤは「水属性の神の目」を持っており、更に「邪眼」によって「雷属性」を手に入れ、双方を活用して戦っていました。

一方、「淑女」シニョーラの「邪眼」は、彼女を強化するものではありません。

「道化」と出会ったとき、彼女は「燃え盛る炎の魔女」として、自らの炎で自らの身体を焼き尽くす寸前でした。

そのため、「道化」は「氷属性の邪眼」を渡し、彼女の炎を吸収することで寿命を延ばしたのです。

つまり、シニョーラにとって、「邪眼」は拘束具であり、炎の力を抑制するためのものでした。

敗北と「無想の一太刀」

主人公に敗れた「淑女」シニョーラは、雷電将軍の「無想の一太刀」によって処刑されます。

雷電将軍の本体である「雷電影」も、ロザリンと同様に、500年前のカーンルイアの騒動で大切な人を失っています。

しかし、そんなことは一切気にせず処刑するあたりが、まさに「無想の一太刀」という神の所業でした。

ロザリンの最期は不幸だったのか

これはもう、プレイヤーの価値観によって、感じ方は異なってくると思います。

個人的には、復讐に身を焦がし、騙されていると知りながら夢に縋り続けるのはまさに「地獄」であり、その負の連鎖が「無想の一太刀」によって断ち切られたことは、ある種の救いではないかとも感じています。

(もちろん、そこに至るまでの過程が、十分に「不幸」なわけですが・・・。)

解決されていない「淑女」の謎

なんで500年も生きているのか

前述のように、ロザリンは500年前の災厄時にスメールに留学していました。

つまり、年齢は500歳以上ということになります。

なぜ500年間も生きられたのか。

それが大きな謎になっております。

一番可能性が高いのは、クレーの母親のアリスと同様に、長寿の種族(またはその種族の血を引いている)であると思われます。

しかし、「淑女」は常に耳の先が隠されているため、その真相は明らかにすることができませんでした。

(上の画像のように、炎形態になるときの画像では耳の先が長く見える?)

ロザリンの「神の目」

「淑女」は、「散兵」スカラマシュと同様に、「神の目」の存在が(少なくともプレイヤーからは)確認されていません。

しかし、原神世界では、「神の目」なしでは基本的には元素を操れないという設定になっています。

「神の目」以外に、元素を操る方法としては、以下の3つの方法が確認されています。

ファデュイが製造する「邪眼」を使用する。
元素生物(若陀竜王など)。
アビス(アビスの魔術師など)。

一方、聖遺物「焦げた魔女の帽子」では、「まだ学生だった頃、この帽子のお陰で彼女は一心に炎の力を鍛えることができた。」という記載があります。

こうなると、上記の方法は考えにくく、下記のどちらかだと予想されますが、定かにはなっていません。

ロザリンは「神の目」を授かっていた(見えないようにどこかに隠している)。
500年前は「神の目」なしでも元素が操れた。

「淑女」シニョーラ(ロザリンor燃え盛る炎の魔女)の正体のまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、「淑女」シニョーラについて、ブログ調にざっくばらんに解説させていただきました。

メインストーリーだけ追っていると、本当にただの性格の悪い女性です。

しかし、武器や聖遺物のフレイバーテキストを追っていくと、運命に翻弄された、一人の悲しい女性の姿が見えてくると思います。

そういったことを、メインストーリーで一切見せてこないのが、原神というゲームの凄さであり、怖さでもあると思います。

今回の記事に興味を持たれましたら、皆様もぜひ、フレーバーテキストを覗いていただければと思います。

当サイトでも可能な限り面白いストーリーをご紹介したいと思っています。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連:【原神】双子(主人公)の正体は?カーンルイアとの関係は?徹底考察します!!

関連:【原神】小学生にもわかる鍾離先生とモラクスと璃月の歴史

関連:【原神】「影」と雷電将軍は違うの?「眞」って誰?雷神について散兵スカラマシュも交えて解説します。 

他のキャラクターも詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各キャラクターの紹介記事をまとめています。

各キャラの「育成」・「人物像」・「ガチャを引くかの判断」などについて載せてますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

国内・海外で人気のパーティ編成に興味がある方はこちら!

以下のページに、国内・海外で人気のパーティ編成の紹介記事をまとめています。

パーティ編成に悩んでいる方は、ここで紹介されている編成をアレンジするところから始めてみてください!

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

聖遺物についても詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各聖遺物の紹介記事をまとめています。

各聖遺物の「セット効果」・「装備すべきキャラクター」・「聖遺物にまつわるストーリー」などを掲載していますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧

 

ライター紹介

横島先生
横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
兼業で石綿(アスベスト)の対処に関する仕事をしております。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei