【原神】宵宮と雷電将軍が活躍する海外で人気の「Double Electro Yoimiya 編成」を紹介!!有名な編成から学ぶパーティの組み方の基本!!

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,063
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事は、パーティ編成の基本的な考え方を、有名な編成から学んでいくシリーズです。

海外で有名な「Double Electro Yoimiya 編成」からパーティ編成の基本を学びます。

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、国内や海外でよく使用されている有名なパーティ編成をご紹介しつつ、パーティ編成の基本についてご説明します。

初心者の方はもちろんのこと、ある程度ゲームに慣れてきた方でも、パーティ編成で悩むことは多いと思います。

インターネットで優れたパーティ編成を調べようとしても、所持していない武器やキャラクターもあるため、自分に適した編成を探し出すことは困難です。

また、人によってプレイングや価値観が異なるため、誰かの推奨しているパーティが自分に適しているとは限りません。

このように、一概にパーティ編成の考え方を説明することは難しく、ぶっちゃけて言ってしまえば、「色々な編成を研究して、自分の感覚にあったパーティ編成を探していくしかない」ということになります。

今回は、海外のプレイヤーによく採用されている編成である「Double Electro Yoimiya 編成」についてご紹介します。

最初に申し上げておきますと、この編成は「運用が難しい編成」となります。

シールドがなく(一応北斗(1凸)でシールドは貼れますが吸収量は微妙です)、ベネットしかヒーラーがいないうえに、メインアタッカーは耐久性能が低い宵宮であるためです。

一方、元素反応の1つである「過負荷反応」を使いこなせる数少ない編成であり、その火力はハンパないです。

更に、「過負荷反応」は範囲ダメージであるため、複数戦に弱いという宵宮の弱点をフォローすることができます。

また、様々なシナジーが組み込まれているため、学ぶべきところも多いです。

みなさまが「自分にとっての最適なパーティ」を考える上での一助になればと思っています。

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

「Double Electro Yoimiya 編成」とは?

基本的に、「宵宮・雷電将軍・北斗・ベネット」または「宵宮・フィッシュル・北斗・ベネット」の4人により構成されるパーティです。

編成名の由来は、雷属性キャラクター2名(Doubule Electro)と宵宮(Yoimiya)からきております。

フィッシュルを入れた方が火力が高く(特に6凸)、雷電将軍を入れた方が元素爆発の回転率が上がります。

ベネットがいた方が火力が高いですが、安定を取るなら鍾離先生でも大丈夫です。

この編成の最大の特徴は、

癖のある元素反応である「過負荷」反応を最大限に活用している
炎と雷の元素共鳴によって、パーティ全体の火力と元素爆発の回転率を高めている

という点であり、原神のシステムにうまくマッチした編成と言えます。

特に、宵宮の弱点である「複数の敵に弱い」部分を、範囲ダメージである「過負荷」反応でフォローできる点が大きいです。

ここでは、以下の順で詳しく解説していきたいと思います。

  1. 各キャラクターの簡単な説明
  2. 「Double Electro Yoimiya 編成」の基本的なムーブ
  3. 感電反応のしくみ
  4. キャラクター間のシナジー

各キャラクターの簡単な説明

宵宮(よいみや)

過負荷反応の起動、炎元素付与、ダメージディーラー役を担当します。

メインアタッカーとなるため、武器は可能な限り強力なものを装備しましょう。

聖遺物は、過負荷反応を積極的に狙っていくため「燃え盛る炎の魔女」4セットがベストです。

「追憶のしめ縄」4セットでも良いのですが、「Double Electro Yoimiya 編成」は宵宮の元素爆発を効果的に使用できるため、4セット効果の元素エネルギー消費は少々もったいないです。

宵宮の元素爆発の追加ダメージは「宵宮以外の攻撃が当たった時」に発動するのですが、雷電将軍・フィッシュルの元素スキルと北斗の元素爆発による追加攻撃でも発動します。

つまり、宵宮が出場していても宵宮の元素爆発の追加ダメージが発生するため、「宵宮の元素爆発」⇒「宵宮の元素スキル&通常攻撃」というムーブが有効になるのがこの編成の1つの特徴と言えます。

また、一般的には使いづらいと言われている「過負荷」反応ですが、宵宮の弓の射程と追尾力により、吹っ飛んだ敵にきっちり追撃ができます。

他の編成では味わえない、宵宮の魅力を100%引き出せる編成と言えます。

関連:【原神】宵宮(よいみや)は実は強かった!!ブログ調に語りたい!! 

関連:【原神】新聖遺物「追憶のしめ縄」はどのキャラクターが最適!? 

雷電将軍・フィッシュル・北斗

過負荷反応の起動、雷属性付与、雷の元素共鳴を担当します。

雷電将軍とフィッシュルの元素スキル、北斗の元素爆発により、敵に雷元素を頻繁に付着することができます。

宵宮側では元素スキルにより炎元素を頻繁に付着できるため、「過負荷」反応を頻発することができます。

雷の元素共鳴により、「過負荷」反応が発生すると元素粒子が生成されますが、この編成では元素共鳴のクールタイムである5秒ごとに、きっちり元素粒子を回収することができます。

ベネット

攻撃力バフ、HP回復、炎の元素共鳴を担当します。

武器はできるだけ基礎攻撃力の高い武器を装備させてください(元素爆発の攻撃力上昇バフが基礎攻撃力に依存するため)。

聖遺物は適当で大丈夫ですが、「旧貴族のしつけ」4セットにしておくと、元素爆発時に攻撃力バフを上乗せすることができます。

また、宵宮と組むことで、炎の元素共鳴により、パーティ全体の攻撃力を「25%」も上昇することができます。

一方、パーティの火力は下がるものの、鍾離と交代することによって、安定感は向上します。

関連:【原神】ベネットについてブログ調に語りたい!!星4なのに強い!!装備や使い方などについてご紹介します!!

関連:【原神】聖遺物「旧貴族のしつけ」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!!

「Double Electro Yoimiya 編成」の基本的なムーブ

(↑ YouTubeの「Zy0x」さんの動画となります。「Double Electro Yoimiya 編成」は動画の後半に紹介されています。)

「①ベネットの元素爆発」⇒「②雷電将軍(or フィッシュル)の元素スキル」⇒「③北斗の元素爆発」⇒「④宵宮の元素爆発」⇒「⑤宵宮の元素スキル」⇒「⑥宵宮の通常攻撃」

の動きをループさせていくのが、基本的な流れとなります。

雷の元素共鳴の効果と、宵宮による過負荷反応連打により、パーティ全体の元素エネルギーががどんどん溜まっていきます。

元素スキル後の宵宮は棒立ちで通常攻撃を連打することが多いため、敵からの攻撃を受けることが多いです。

そのため、宵宮を含めたパーティメンバーの元素爆発は、緊急回避用に温存するという選択肢もあると思います。

過負荷反応のしくみ

過負荷反応は、「炎元素が付着している敵に雷属性攻撃を当てる」または「雷元素が付着している敵に炎属性攻撃を当てる」ことで発生する元素反応となります。

「過負荷反応」は、「固定値系の元素反応」と呼ばれており、発生させた攻撃のダメージではなく、キャラクターのレベルに応じたダメージが発生します。

そのため、宵宮側で発生しても、雷属性メンバー側で発生しても、どちらでも問題ありませんので、気楽に攻撃することができます。

また、「過負荷反応」は範囲ダメージとなります。

そのため、宵宮の弱点である「複数の敵に弱い」部分を、範囲ダメージである「過負荷」反応で、ある程度フォローできます。

一方、過負荷反応には、「敵を吹っ飛ばす」という効果があります。

吹っ飛んだ敵を追いかけなくてはならないため、往々にして、原神においてはマイナス要素と言われています。

しかし、宵宮(というよりも弓キャラ全般)の通常攻撃は優れた射程と追尾性能を持っているため、吹っ飛んだ敵に対してきっちりと追撃をすることができます。

キャラクター間のシナジー

宵宮と雷属性キャラ2名とのシナジー①

宵宮は元素スキル中の効果中に、炎元素攻撃を連打できるため、雷電将軍・北斗・フィッシュル(6凸)などの通常攻撃に呼応して雷元素ダメージが発生するキャラクターと組むことで、「過負荷反応」を連発することができます。

宵宮と雷属性キャラ2名とのシナジー②

雷の元素共鳴は、雷に関係する元素反応(感電、超電導、過負荷)が発生すると、元素粒子を生み出します。

前述のように、宵宮と組みことにより、「過負荷反応」が連発できるあめ、元素粒子が数多く回収することができます。

宵宮とベネットのシナジー

炎の元素共鳴により、なんの苦労もなく、パーティメンバー全員の攻撃力を「+25%」することができます。

雷属性2名とベネットとのシナジー

この編成では、宵宮が攻撃している時間が長く、ベネットが出場して自分で元素粒子を稼ぐ機会が少ないです。

前述のように、この編成では雷の元素共鳴により元素粒子が稼げるため、ベネットの元素爆発の回転率を上げることができます。

ベネットとパーティ全体のシナジー①

ベネットは元素爆発によって、長時間(12秒間)パーティメンバーの攻撃力を大きく上昇するフィールドを展開できます。

そのため、パーティ全体の行動のほとんど全てに攻撃力バフをかけることができ、パーティ全体の火力を高めることができます。

ベネットとパーティ全体のシナジー②

ベネットの元素爆発のフィールドは、攻撃力バフだけでなく「回復」を行うこともできます。

1回1回の回復量をそこまで大きくないのですが、他のヒーラーのフィールドとは異なり、「毎秒」回復をおこなうため、全体の回復量が高くなるだけでなく、敵からのダメージをこまめに回復することが可能です。

特に、出場時間の長い宵宮をケアできるのは大きいです。

「Double Electro Yoimiya 編成」のまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、国内や海外でよく使用されている有名なパーティ編成をご紹介しつつ、パーティ編成の基本についてご説明しました。

「Double Electro Yoimiya 編成」は強い編成ではありますが、その理由は、「過負荷反応」、「雷の元素共鳴」および「炎の元素共鳴」をうまく活用しているためです。

重要なことは「宵宮・雷電将軍・北斗・ベネット」の4人でパーティを組むことではなく、キャラクターを理解し、シナジーを効果的に組み込んでいくことです。

今後も、有名なパーティ編成について解説させていただきますので、キャラクターの特徴やシナジーなどを熟知していただき、自分のお手持ちのキャラクターで、自分に合ったパーティを編成できるようになって頂ければ幸いです。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei