【原神】海外で人気の「Xiao Geo」編成を紹介!!有名な編成から学ぶパーティの組み方の基本!!

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,164
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事は、パーティ編成の基本的な考え方を、有名な編成から学んでいくシリーズです。

海外で人気の「Xiao Geo」編成からパーティ構築の基本を学びます。

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、国内や海外でよく使用されている有名なパーティ編成をご紹介しつつ、パーティ編成の基本についてご説明します。

初心者の方はもちろんのこと、ある程度ゲームに慣れてきた方でも、パーティ編成で悩むことは多いと思います。

インターネットで優れたパーティ編成を調べようとしても、所持していない武器やキャラクターもあるため、自分に適した編成を探し出すことは困難です。

また、人によってプレイングや価値観が異なるため、誰かの推奨しているパーティが自分に適しているとは限りません。

このように、一概にパーティ編成の考え方を説明することは難しく、ぶっちゃけて言ってしまえば、「色々な編成を研究して、自分の感覚にあったパーティ編成を探していくしかない」ということになります。

そのような背景の元、今回は、海外のプレイヤーによく採用されている編成である「Xiao Geo」編成についてご紹介します。

パーティ編成を考える上での重要なエッセンスが、「これでもか」というほど大量に詰め込まれた編成となっております。

この編成を組むためのキャラクターが揃っていなくても、学ぶべきところが多いと思います。

この記事が、みなさまが「自分にとっての最適なパーティ」を考える上での一助になればと思っています。

5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

「Xiao Geo」編成とは?

基本的に、「魈・ジン・アルベド・鍾離」の4人から構成されるパーティです。

「Xiao Geo」編成の名前の由来は、魈(ショウ)の英語名が「Xiao」であり、アルベドや鍾離(ショウリ)のような岩元素の英語での略が「Geo」であるためです。

パーティ単体では「元素反応がまったく発生しない」という、非常にめずらしい編成となります。

この編成の最大の特徴は、

元素反応に頼らずに、各キャラクターが持つポテンシャルを最大限に活かす

という点にあります。

特に「元素爆発」に特化しており、強力な元素爆発を高速回転するためのシナジーが、ふんだんに盛り込まれています。

このパーティでは「魈」はほぼ固定ですが、「ジン」はスクロースやウェンティ、「アルベドと鍾離」は岩主人公やノエルでも代用が効きます。

ここでは、以下の順で詳しく解説していきたいと思います。

  1. 各キャラクターの簡単な説明
  2. 「Xiao Geo」編成の基本的なムーブ
  3. キャラクター間のシナジー

なお、「Xiao Geo」編成の詳細につきましては、「睦月かな」さんが動画でもご紹介されています。

動画の方がわかりやすいという方は、下の動画をご覧ください。

各キャラクターの簡単な説明

魈(ショウ)

元素爆発によるダメージディーラーを担当します。

武器と聖遺物は可能な限りダメージが出るものを装備しましょう。

とくかく、元素爆発中のジャンプ攻撃によって、広範囲の敵に大ダメージを与えることが仕事になります。

敵が元素を持っていれば、拡散反応によって更なるダメージを狙えます。

関連:【原神】魈(ショウ)についてブログ調に語りたい!!

ジン

「元素スキル・元素爆発による安定したダメージ供給」、「元素粒子生成」および「回復」を担当します。

ジンの元素スキルは、クールタイムが「6秒」と短いため、頻繁に使用することができます。

さらに、1回の元素スキルで、風の元素粒子を「3個」生成できるため、パーティメンバーの元素エネルギーを素早く溜めることができます。

また、元素スキルや元素爆発のダメージ倍率が意外と高いため、ダメージディーラーとしても侮れない存在です。

武器と聖遺物は適当で構いませんが、元素粒子を稼げる「西風剣」を装備すると、元素粒子トス役としての能力に向上します。

関連:【原神】ジンの評価は強い?弱い?ブログ調に語りたい!!

アルベド

「元素スキル・元素爆発による安定的なダメージ供給」、「元素粒子生成」および「岩属性の元素共鳴」を担当します。

アルベドについて、もっとも特質すべきは、元素スキルになります。

「持続時間が30秒」、「クールタイムが4秒」であるため、常時、元素スキルのフィールドを展開することができます。

そして、このフィールド内で敵にダメージが発生すると、岩属性の追加ダメージが発生します。

この岩属性ダメージは、威力が大きいだけでなく、追加ダメージが発生するたびに元素粒子を生成するため、パーティメンバーの元素粒子を素早く溜めることができます。

また、少ない元素エネルギー「40」で発動することができる元素爆発も、そこそこの火力があり、安定して敵にダメージを与えられるキャラクターと言えます。

一方、岩属性キャラクターをパーティに2人加えることによって発動する「岩属性の元素共鳴」も非常に強力です。

パーティメンバーに張られているシールドを強化し、シールド中のキャラクターの与えるダメージを高め、敵の岩元素耐性を下げることができます。

関連:【原神】アルベドの復刻はいつ?強いの?正体は?ブログ調に語ります!!

鍾離(ショウリ)

「シールド付与」、「敵の耐性ダウン」、「元素爆発による安定したダメージ供給」および「岩属性の元素共鳴」を担当します。

鍾離は元素スキルにより、10,000以上のダメージに耐えるシールドを張ることができます。

シールドが張られている間は、「ダメージを受けない」だけでなく、「中断耐性が100%」になり、攻撃モーションが中断されることがありません。

また、このシールドの近くにいる敵に、「全属性耐性と物理耐性-20%」のデバフを付与します。

一方、元素爆発のダメージ量も大きく、鍾離を2凸していれば、元素爆発でもシールドを張ることができます。

このように、強力なシールドとデバフを『簡単に』付与しつつ、ダメージも稼ぐかとができるため、鍾離は「最強キャラクターの1人」と呼ばれています。

関連:【原神】鍾離(しょうり)についてブログ調に語りたい

「Xiao Geo」編成の基本的なムーブ

(↑ YouTubeの「Genshin po godzinach」さんの動画となります。)

「①鍾離の元素スキル(シールド付与)」⇒「②アルベドの元素スキル(疑似陽華展開)」⇒「③魈の元素爆発」⇒「(効果中、ジャンプ攻撃×n)」⇒「④魈・ジンの元素スキル」⇒「⑤ジン・アルベド・鍾離の元素爆発」

をループさせていくのが、この編成の基本的なムーブです。

魈(ショウ)をメインアタッカーとしてダメージを稼ぎ、残りの3名であらゆる角度から魈をサポートするのが、この編成のコンセプトと言えます。

大きなポイントは2点あり、

①魈の元素爆発が回転しやすいように、ジンとアルベドで元素粒子をサポートする
②魈が撃たれ弱いので、ジンの回復と鍾離のシールドで、耐久面をサポートする

という点です。

魈をメインにした構成ではありますが、元素反応を利用しないため、魈の火力だけでは足りない部分もあります。

そのため、残りの3人もコンスタントにダメージを出すためのシナジーが随所に盛り込まれています。

それら「シナジー」について、1つ1つ詳しくご紹介させて頂きます。

キャラクター間のシナジー

「魈」と「ジン」のシナジー①

魈は元素爆発が強いキャラクターですが(むしろ元素爆発以外が極端に弱い)、元素エネルギーを自分だけで溜めきることができないという欠点があります。

逆に、ジンは「風属性の元素粒子の生成」を得意としているため、魈の元素爆発の回転を高めるのに寄与することができます。

「魈」と「ジン」のシナジー②

魈の元素爆発には、効果中は時間とともに自傷する(徐々に自分の体力が減る)というデメリットがあります。

この自傷ダメージは、シールドを貫通してHPを減少させるため、鍾離のサポートだけではジリ貧になってしまいます。

ジンの元素爆発は、パーティ全体を瞬時に強力に回復することができるため、魈が危険な状態までHPが減ったとしても、安全に回復することができます。

「魈」と「ジン」のシナジー③

ジンは2凸していることが前提とはなりますが、パーティメンバーの攻撃速度を高めることができます。

魈は、基本的に元素爆発中はジャンプ攻撃を連続で使用する運用となりますが、敵が単体のボスなどの場合、ジャンプ攻撃の範囲ダメージがあまり活かせないだけでなく、敵の攻撃に対して無防備になってしまうこともあります。

そのような際には、ジンの攻撃速度のサポートを受けることによって、通常攻撃の連打でも高いDPS(単位時間当たりのダメージ)を出せるようになります。

「魈」と「アルベド」のシナジー①

アルベドは、元素スキルによって広範囲にフィールドを展開することができます。

このフィールド上では、敵がダメージを受けた際に、追加で岩ダメージが発生します。

一方、魈の元素爆発中のジャンプ攻撃は非常に広範囲であるため、多くの敵にまとめてダメージを与え、さらにアルベドの元素スキルによって多くの敵に追加の岩ダメージを与えることができます。

「魈」と「アルベド」のシナジー②

前述のように魈の元素爆発を回すためには、他のキャラクターで元素エネルギーを稼ぐ必要があります。

アルベドは、岩元素ではありますが「元素粒子の生成」を得意としているため、魈の元素爆発の回転を高めるのに寄与することができます。

「魈」と「鍾離」のシナジー

魈は、元素爆発中に自傷するので、打たれ弱いキャラクターと言えます。

さらに、元素爆発中はジャンプ攻撃を多用するため、敵の攻撃をよけづらく、被弾が多いキャラクターでもあります。

そのような耐久面の課題は、鍾離の強力なシールドで一気に解決することができます。

「アルベド」と「鍾離」のシナジー①

岩属性キャラクターをパーティに2人加えることによって発動する「岩属性の元素共鳴」が非常に強力です。

パーティメンバーに張られているシールドを強化し、シールド中のキャラクターの与えるダメージを高め、敵の岩元素耐性を下げることができます。

「アルベド」と「鍾離」のシナジー②

鍾離の元素スキルによって生成される「柱」は、周囲の敵に継続的に岩ダメージを発生させます。

また、「柱」は近くにある岩元素創造物と共鳴し、継続的に周囲の敵に岩ダメージを発生します。

アルベドの元素スキルで生成される「疑似陽華」も岩元素創造物であるため、「柱」と共鳴して岩ダメージを発生することになります。

そして、「疑似陽華」のフィールド内の敵にダメージが発生すると、追加の岩ダメージが発生します。

そのため、何重にも岩ダメージが発生し、大きなダメージが稼げるだけでなく、大量の元素粒子を生成することができます。

鍾離とパーティ全体のシナジー

鍾離が生成したシールドの近くにいる敵には、「全属性耐性と物理耐性-20%」のデバフを付与されます。

そのため、意識することなく周囲の敵の耐性を下げ、ダメージ量を引き上げることができます。

「Xiao Geo」編成のまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、国内や海外でよく使用されている有名なパーティ編成をご紹介しつつ、パーティ編成の基本についてご説明しました。

大分、長い文章となってしまいましたが、様々なシナジーが組み込まれていることをご理解いただけたと思います。

「Xiao Geo」編成は、元素反応をほとんど活用しませんが、強力な編成として海外プレイヤーに愛用されています。

この編成が強力である理由は、各キャラクターの「得意・不得意」を理解し、各キャラクター間のシナジーによって、「長所を更に伸ばし」、「短所を補っている」からです。

重要なことは「魈・ジン・アルベド・鍾離」の4人でパーティを組むことではなく、キャラクターを理解し、シナジーを効果的に組み込んでいくことです。

この編成から、「強いメインアタッカー1人を、他の3人で強力にバックアップする」ための多くの仕組みを学ぶことができると思います。

今後も、有名なパーティ編成について解説させていただきますので、キャラクターの特徴やシナジーなどを熟知していただき、自分のお手持ちのキャラクターで、自分に合ったパーティを編成できるようになって頂ければ幸いです。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei