【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年6月度版)

 ランク(順位) 錬金術師(1384
 経験値  41,630
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

『原神』は盛り上がってるの?オワコンなの?

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

今回は、yahoo知恵袋に投稿された『原神』に関する質問から、皆さんがどのような話題に興味をお持ちなのかを探ってみる企画の「令和3年6月版」となります。

私が『原神』に関する記事を書く際の参考のために集めたデータを皆様と共有させていただきます。

なお、この企画は「令和3年4月」より毎月実施しており第3回となっております。

yahoo知恵袋の投稿数の増減で、『原神』が「オワコン」なのか「注目されているコンテンツ」なのかがある程度見えてくることを期待しておりますが、今回はどうだったでしょか?

さっそく見ていきたいと思います。

なお、検証期間は令和3年5月31日~6月27日の4週間となります。

前回(4月・5月)の報告を確認したい方は、下のリンクを見てください。

関連:【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年4月度版)

関連:【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年5月度版) 

  1. 6月に何があったのかをざっくりおさらい。
  2. 6月の『原神』の注目度の推移をご紹介します!!
  3. みんなが『原神』についてどのような関心や疑問をもっているのかご紹介します!!
  4. 1か月間の『原神』に対するみんなの関心や疑問の推移をご紹介します!!

この記事は3分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

6月はどんなことがあったっけ?簡単なおさらいをします。

6月といえばVer1.6の実装が最大のインパクトだったと思います。

Ver1.6は本当に盛りだくさんなバージョンとなっており、大きなポイントだけでも、

・クレーとサマーバケーションを題材としたイベント(夏前に始まり、夏前に終わる感じですが・・・)

・上記イベントのためだけに実装された広大なマップ(マップに散りばめられた難民たちのストーリーやミニゲームは秀逸でした・・・)

・クレーの復刻!!

・水着(っぽい夏服)の実装!!

・楓原万葉(カズハ)の実装!!

と色々なことがありました。

個人的には非常に満足度の高いバージョンだったと思っています!!

これらのポイントがyahoo知恵袋の質問にどのように反映されているかを予想しながら集計結果をご覧いただければと思います。

『原神』は注目されてるの?オワコンなの?

本日は、「Yahoo!知恵袋」という質問サイトで、『原神』と検索した時に出てくる質問を、「数」や「内容」から検証した記事となっております。

まずは質問の総数の推移を見てみたいと思います。

質問の総数の推移

3月の第4週には「331」件あった質問が、翌週から減少し、4月~5月は低迷を見せています。

一方、6月に入ってからは順調に質問数が増えており、復調の傾向を見せています。

これはやはりVer1.6が好評であったためだと考えられます。

7月以降も順調にアップデートを続けて頂き、9月末に控えている1周年にうまく繋げて頂きたいと思います。

どのような質問が多く寄せられているの?

質問の内容を以下のような分類で集計しました。

キャラ「〇〇は強いの?」「好きなキャラは?」など、キャラクターに関する質問。
武器「○○に合う武器は?」「どちらの武器がよい?」など、武器の選択に関する質問。
聖遺物「この聖遺物は強い?」「メイン効果は何がよい?」など、聖遺物全般に関する質問。
編成「この手持ちでどの編成がよい?」など、最適な編成に関する質問。
育成「天賦はどれから上げる?」「レベルはどこまで上げる?」など、育成に関する質問。
ガチャ「あと何回引けば〇〇が出る?」「どちらのピックアップを引くべき?」など、ガチャに関わる質問。
ストーリー「神の心を失ったのに普通に動けるのはどうして?」など、ストーリーに関する質問。
イベント「風花祭はいつまで?」「メルフェンランドがクリアできない」など、期間限定イベントに関する質問。
攻略「螺旋11層第2間前半がどうにもならない」「〇〇が倒せない」など、攻略に関する質問。
ランク「冒険者ランク5になるまでにやっておくことは?」など、冒険者ランクに関する質問。
マルチ「マルチでやってはいけないことは?」「友人とだけマルチをやりたい」など、マルチに関する質問。
アカウント「スマホ交換する際にアカウントは移行できるの?」など、アカウントに関する質問。
ハウジングVer1.5で実装されたハウジングコンテンツ「塵歌壺(じんかつぼ)」に関する質問。
システム「天然樹脂は原石何個と交換できるの?」「原神の1時間はリアルで何分?」など、原神のシステムに関する質問。
機種「このPCで原神はプレイできる?」「非対応コントローラーでプレイできる?」など、ハード面に関する質問。
mihoyomihoyo社に関する質問。
お勧めゲーム「原神のようなゲームはありませんか?」など、お勧めのゲームを尋ねる質問。
その他その他の質問

その結果を、令和3年5月3日~5月30日までの質問数順に並べたのが下記の表となります。

分類毎の集計結果

第1位 「ガチャ」に関する質問

4月・5月に引き続き、1位が「ガチャ」に関する質問となりました。

渋い確率と複雑な天井システムにより、かなり混乱している方が多い印象です。

また、6月はクレーの復刻やカズハの実装などガチャに関する話題も多く、皆さんの関心が大きかったのだと思います。

私の方でもこの傾向を受けて「ガチャに関する記事」を幾つか掲載しましたが、いずれも好評となっております。

関連:【原神】「原石が〇〇個でピックアップキャラは引ける?」「完凸には原石が何個必要なの?」ガチャの確率と期待値の疑問を徹底的に解説します!

関連:【原神】武器ガチャは闇だった!?ピックアップ武器を手に入れるために必要な原石について詳しく説明します!!

関連:【原神】「期間限定キャラは復刻するの?」実装履歴と復刻実績から次の復刻キャラと時期を予想します!! 

第2位:「キャラクター」に関する質問

4月には5位だった「キャラクター」に関する質問が、5月には4位、6月には2位と順調にスコアを上げております。

クレーの復刻やカズハの実装は、ガチャだけでなく、キャラクター自体への関心も高めてくれていたようです。

私もこの2キャラクターについては記事を作成しておりますので、よろしければ読んでみてください。

【原神】クレーについてブログ調に語りたい

【原神】万葉(カズハ)についてブログ調に語りたい

第3位:「攻略」に関する質問

4月よりずっと第3位をキープしている「攻略」に関する質問です。

大きく分けて「深境螺旋」に関するやや上級者向けの質問と、低ランク帯での初歩的な質問の2通りに分かれているようです。

攻略サイトの執筆をされている方は「ある程度課金をしている層」や「ゲームが得意な層」が多いため、低ランク帯の方への攻略情報の提供が全体的に少ないように感じます。

攻略記事的には、あまりゲームが得意ではない無・微課金の方が、頑張ってコンテンツをクリアしていくような内容が望まれているかもしれません。

第4位 「聖遺物」に関する質問

安定して人気があるのが「聖遺物」に関する質問です。

『原神』には育成要素が幾つもありますが、聖遺物の「セット効果」、「メイン効果」、「サブ効果」をどのように組み立てていくのかで、多くの人が悩んでいるようです。

私の方でもこの傾向を受けて「聖遺物」や「キャラの育成」について記事を作成しましたが、いずれも好評となっております。

【原神】敵が堅くて倒せない!?聖遺物の選択を間違ってませんか?ダメージ計算式をマスターして正しい聖遺物を集めよう!!

【原神】「聖遺物の厳選が終わらない・・・」特定のメイン効果を持った聖遺物が出現する確率や期待回数についてわかりやすく説明します!!

第4位 「編成」に関する質問

「編成」に関する質問が同率4位となっております。

インターネットでも編成に関する情報が多く出回るようになっており、冒険者ランク50を超えた人が質問することは少なくなってきているように感じます。

一方、ゲームを始めた直後から3ヶ月くらいの方が編成について悩まれていることが多いようです。

個人的には、以下の記事にも書きましたとおり冒険者ランク45までは、メインアタッカー1キャラを育てるのがよいと思っており、編成についてはあまり考えなくてもよいと思っています。

【原神】小学生にもわかるキャラクターの育成方法(完全版)

質問分類の推移

最後に質問の分類による質問数の推移を、上位5分野についてグラフにしました。

クレーの復刻、カズハの実装により、皆さんの「ガチャ」や「キャラクター」に対する注目が上がったのだと思われます。

今後は新しい国である「稲妻」や、第3の神である「雷電将軍」の出番が控えているため、ストーリーもキャラクターも飛躍的に実装されていくと思います。

今後に期待ですね!!

令和3年6月度の原神に対する関心や疑問の推移のまとめ

本日は、「Yahoo!知恵袋」の質問数や質問内容から、『原神』が盛り上がっているのかオワコン傾向にあるのかを検証しようという試みました。

結論としては、5月までに見られた停滞傾向はVer1.6によって一気に程度払拭され、V字回復に転じたと予想されます。

Ver1.6は本当に面白かったですからねっ!!

今回の結果からは、「まったくオワコンではなく、むしろ盛り上がっている」と言わざるを得ません。

次は7月の動向を楽しみにしたいと思います。

Yahoo!知恵袋の統計をまとめたシリーズ

【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年4月度版)

【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年5月度版)

【原神】ゲーム配信者必見!!「原神はオワコン?」原神に対する関心や疑問の推移をご紹介します!!(令和3年6月度版)

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei