【原神】設定上の最強キャラクターランキング!!【2021年版】

 ランク(順位) 錬金術師(1384
 経験値  41,372
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、プレイアブルキャラクターのうち、「設定上」誰が最強であるのかをランキング形式でご紹介いたします。

キャラクターや海外で人気のパーティ編成について興味のある方は下のリンクの記事をご覧ください。

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

関連:【原神】初心者向け攻略記事のまとめ

設定上最強のキャラクターって誰なんだろう・・・?

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、各キャラクターの「設定上」の強さについて、ランキング形式でご紹介したいと思います。

なお、取り扱うキャラクターは、以下の3つの条件とします。

・プレイアブルキャラクター(プレイヤーが操作できるキャラクター)

・現在の強さではなく「全盛期」の強さで比較。

・実装時~2021年12月31日までに実装されたキャラクター

なお、旅人(主人公)およびパイモン(そもそもプレイアブルではないですが・・・)は除外します。

また、別世界(別ゲーム)から参戦のアーロイについても、除外することとします。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. いきなり結論!!設定上最強ランキング!!
  2. 各キャラクターの紹介

この記事は3分程度で読み終わりますので、ぜひともさいごまでお付き合いください。

いきなり結論!!設定上最強ランキング!!

順位キャラクター名
1位鍾離(モラクス)
2位雷電将軍(雷電・影)
3位ウェンティ(バルバトス)
4位七七(救苦度厄真君)
5位魈(三眼五顕仙人護法夜叉)
6位アルベド
7位タルタリヤ(魔王武装)
8位楓原万葉(親友の神の目併用バージョン)
9位九条裟羅
10位ディルック

各キャラクターの紹介

第1位:鍾離(モラクス)

当然とは言えますが、「俗世の七執政」である「七神」が上位にランキングすることとなりました。

問題は、現在実装されてる七神である、

・ウェンティ(バルバトス)

・雷電将軍(雷電・影)

・鍾離(モラクス)

の誰が最強であるかという点です。

この問題に関しては、

・魔人戦争において、群雄割拠であった璃月地方を平定した。

・「信仰の大きさ」が強さに直結する七神において、圧倒的な信仰を得ている。

・当時最強の魔神を葬っている。

・七神のうち、最古の神である。

という理由から、鍾離(モラクス)を1位とさせていただきました。

関連:【原神】小学生にもわかる鍾離先生とモラクスと璃月の歴史 

第2位:雷電将軍(雷電・影)

雷電将軍は、「雷電・眞」と「雷電・影」の、双子の神となります。

表向きの雷電将軍を担当していた姉である眞は、500年前に戦死しております。

一方、生き残った影は、武の道を追い続ける「バリバリの武闘派」であり、稲妻地方の魔神戦争を武力方面から平定した立役者となります。

また、稲妻地方の民からの信仰も、凄まじいものがあります。

そのため、鍾離(モラクス)と甲乙つけがたい戦闘力の持ち主と言えますが、

・稲妻地方が璃月地方ほどの激戦区ではなかったこと

・魔神戦争を姉妹で乗り切ったため、単体での実力は少々低めに見積もるのが妥当

といったことから、今回のランキングでは2位とさせていただきました。

ただし、

・鍾離(モラクス)には、帰終(塵の魔人)、若陀龍王、護法仙衆夜叉などのバリバリの武闘派が味方に付いていた

・雷電将軍の仲間であった、天狗、鬼、狐などは、イマイチ魔人戦争で役に立ったとは思えない

というポイントもあり、今後のストーリー次第では、「雷電・影」が1位に浮上することもあり得ると思っています。

関連:【原神】「影」と雷電将軍は違うの?「眞」って誰?雷神について散兵スカラマシュも交えて解説します。 

第3位:ウェンティ(バルバトス)

ウェンティ(バルバトス)は、鍾離(モラクス)や雷電将軍(雷電・影)と違い、民からの信仰心には期待ができない神となっています。

とはいえ、

・当時最高の高さを誇った山を吹っ飛ばした。

といった武勇伝もあるため、人間や仙人には到達できない領域にいたことは間違いありません。

そのため、堂々の3位とさせていただいております。

関連:【原神】ウェンティについてブログ調に語りたい!! 

第4位:七七(救苦度厄真君)

あまり知られてはいませんが、七七には以下のような設定があります。

(1)薬草を採りに行ったら、誤って仙人の領域に入ってしまい、圧倒的な戦闘力と不死身の肉体を手に入れる。

(2)「仙魔大戦」に巻き込まれ、瀕死の重傷を負うものの、大戦を終結させる。

(3)不憫に思った仙人たちが七七を救おうとするが、失敗して暴走する。

(4)仙人に琥珀に封印される。

(5)数百年後に人間に発見される。琥珀を輸送中にあっちこっちにぶつけられたため、封印が弱まって脱出する。

(6)山中で迷っているところを、途中で偶然出会った薬廬「不ト廬」の店主白朮が七七を引き取った。

全盛期の七七は「間違いなく人類最強」の存在でしたが、今は能力や記憶を失って、ヒーラーとしてパーティに加わっている状態です。

関連:【原神】七七(ナナ)は強い?弱い?ブログ調に語りたい!! 

第5位:魈(三眼五顕仙人護法夜叉)

七神が活躍した「魔神戦争」によって、多くの魔神が討伐・封印されました。

しかし、魔神を完全に消滅させることは不可能であり、力と憎しみは世界に溢れ出し、それが「残滓」として人々に厄災をもたらしました。

鍾離(モラクス)は、魔神の残滓を掃討するために、5人の「護法仙衆夜叉」を任命します。

その最後の生き残り(正確には1人は行方不明)が、魈(三眼五顕仙人護法夜叉)となります。

そのような経緯により、魈もまた「バリバリの武闘派」と言えます。

現在では、魔神たちの「残滓」と戦い続けた結果、彼の身体は呪いに蝕まれており、常に激痛を感じるようになってしまっております。

関連:【原神】魈(ショウ)についてブログ調に語りたい!! 

第6位:アルベド

アルベドは、「錬金術師レインドット」により創造されたホムンクルスです。

そして、レインドットのホムンクルスで歴史上、もっとも有名なのが「黒龍ドゥリン」となります。

「黒龍ドゥリン」はモンド地方で暴れまわり、最終的にはウェンティ(バルバトス)の眷属である四風守護である「トワリン」によって、ドラゴンスパインの地で撃退されます。

そのトワリンも、ドゥリンの呪いによって長い眠りにつくことになるので、ドゥリンとトワリンの実力は拮抗していたと考えられます。

一方、

・アルベドは、ドゥリンよりも成功したホムンクルスである

という事実もあるため

・アルベドもまた、トワリンに拮抗する(または超越する)実力の持ち主

であることが予想されます。

関連:【原神】アルベドの正体と「真の目的」について解説します。ドゥリンや偽アルベドとの関係についても言及します。 

第7位:タルタリヤ(魔王武装)

タルタリヤは、幼いころに「深淵」で修業し、「闘争の力」を手に入れています。

そして、自分の実力でファデュイの中で頭角を現し、女皇陛下から邪眼を賜っています。

その邪眼の力を解き放った状態が「魔王武装状態」となります。

主人公(旅人)に負けているのが、かなりのマイナス評価ポイントですが、それでも他のキャラクターよりは遥かに高い戦闘力を持っていると予想されます。

関連:【原神】タルタリヤについてブログ調に語りたい!!再復刻はいつ?おすすめビルドは?ざっくりと解説します!! 

第8位:楓原万葉(親友の神の目併用バージョン)

楓原万葉はもともと相当な実力の持ち主ですが、雷電将軍との対戦時に亡き親友の神の目を光らせることにより、

・雷電将軍の無想の一太刀を受け止めた

という実績があります。

タルタリヤは本来の神の目と邪眼を併用することにより更なる力を手に入れましたが、楓原万葉も親友の神の目によって(一瞬ではありますが)同様の力を手に入れたものと思われます。

関連:【原神】なんで楓原万葉(カズハ)には伝説任務が無いの?ファデュイの執行官になる可能性について解説します!! 

第9位:九条裟羅

九条裟羅は、我々プレイヤーの中では、

・雷電将軍と淑女シニョーラの目のまで倒れていた

というシーンしか心に残っていないのですが、実はかなりの実力者です。

目狩り令により、稲妻の神の目所有者を悉く倒しており、鬼族の末裔である「荒瀧一斗」もボコっております。

また、雷電将軍の眷属である「天狗」の末裔である点も、ポテンシャルの高さを期待させる要因です。

関連:【原神】九条裟羅(くじょうさら)についてブログ調に語りたい!! 

第10位:ディルック

 

ディルックは、神の目を持たずにファデュイと渡り合った経歴があり、相当な実力の持ち主と言えます。

執行官には負けていますが、それも神の目を持っていない時点での話であり、現在では執行官に匹敵する実力を持っていると予想されます。

アビスとも日々戦闘を繰り広げており、今後の活躍次第では、ランキングを上げてくる可能性はかなり高いと思われます。

関連:【原神】ディルックについてブログ調に語りたい 

設定上の最強キャラクターランキングのまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、各キャラクターの「設定上」の強さについて、ランキング形式でご紹介させていただきました。

今回は2021年までの登場したキャラクターのランキングとなります。

次回は、2022年にランキングを作成する予定ですが、どのような変化が見られるのか、今から楽しみです。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

キャラクターについて詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各キャラクターの紹介記事をまとめています。

各キャラの「育成」・「人物像」・「ガチャを引くかの判断」などについて載せてますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

国内・海外で人気のパーティ編成に興味がある方はこちら!

以下のページに、国内・海外で人気のパーティ編成の紹介記事をまとめています。

パーティ編成に悩んでいる方は、ここで紹介されている編成をアレンジするところから始めてみてください!

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

聖遺物についても詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各聖遺物の紹介記事をまとめています。

各聖遺物の「セット効果」・「装備すべきキャラクター」・「聖遺物にまつわるストーリー」などを掲載していますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei