20220908の原神ニュース

 ランク(順位) サイボーグ(1388
 経験値  61,484
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

 

毎日21時(までに)更新。その日の原神がひとめでわかるまとめサイトです。

本日の原神まとめのまとめ!!忙しい方はこのサイトだけでもチェック!!

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

公式twitter、公式動画、5chまとめサイトなど、原神のニュースは日々公開されております。

しかし、そのデータ量が膨大であるため、日々を忙しく過ごされている方にはチェックが困難になっているものと思われます。

このサイトでは、毎日の原神に関する情報を「数分程度」で読めるようにホットトピックを抽出してお届けしております。

毎日21時までに更新しておりますので、学校・仕事帰りの通勤電車や就寝前の隙間時間にチェックいただければと思っています。

ポータルサイトは以下のURLとなっております。

本日の原神まとめ・忙しい方向けのその日の原神が1分で読めるニュース速報サイト(リーク情報は除く)

2022年9月8日の主なトピックはこちらです。

  1. 明日からのピックアップガチャの告知が来た件
  2. アモスの弓持ってるけど甘雨は引くべき?
  3. 甘雨を引くべきか珊瑚宮心海を引くべきか

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

2022年9月8日のホットトピック

明日からのピックアップガチャの告知が来た件

明日9月9日(金)19時より、「甘雨」「珊瑚宮心海」のダブル復刻が始まります。

両者とも人気のキャラクターであるため、心が躍るプレイヤーも多いのではないかと思います。

また、両方の復刻ガチャに共通する星4ピックアップキャラクターとして、

・ドリー

・スクロース

・行秋

が排出されます。

スメール新キャラクターのドリーや、強い星4キャラクターと知られているスクロースや行秋が入手しやすくなるため、特に初心者層や無課金層に人気のあるガチャとなりそうです。

一方、武器ガチャにつきましては、

・星5武器:アモスの弓、不滅の月華

・星4武器:祭礼の剣、西風大剣、匣中滅龍、昭心、弓蔵

となります。

こう見ると、「アモスの弓は甘雨のモチーフ武器という扱いになったのか」という感慨に似た疑問を感じてしまいます。

関連:【原神】甘雨(かんう)についてブログ調に語りたい!!

関連:【原神】珊瑚宮心海(さんごのみやここみ)についてブログ調に語りたい!!

関連:【原神】ドリーについてブログ調に語りたい!!

関連:【原神】スクロース超強化!!メインアタッカーで活躍できるようになりました!! 

関連:【原神】行秋(ゆくあき)についてブログ調に語りたい!!

関連:【原神】「不滅の月華」は引くべき?性能や最適キャラクターについて考察します!! 

関連:【原神】最強武器「祭礼」シリーズ。星4なのに最強の理由、装備すべきキャラについてご説明します!!

アモスの弓持ってるけど甘雨は引くべき?

 

明日からとうとう「甘雨」「アモスの弓」の復刻が開始されます。

甘雨が話題に挙がるたびに飛び交う質問が、

・アモスの弓を持っているけど甘雨は引くべき?

・甘雨を持っているけどアモスの弓は引くべき?

の2点となります。

これについては毎回さまざまな意見が出てきます。

個人的には「甘雨とアモスの両方を完凸して、次の月のクレジットカードの支払額に戦々恐々とした」勢であるため、両方引くことをお勧めしたいところですが、

・最近(完凸)甘雨を使う機会が減ってきた

というのも正直なところです。

結局、原神を長くプレイしていると「強いとか弱い」という尺度とは別に、「色々なキャラクターを楽しんでみたい」という欲求が生まれるため、多少弱くても新キャラクターを使う機会が多くなるというのが個人的な意見となります。

そのため、アモスに弓を持っているか持っていないかで決めるのではなく、甘雨を使って楽しめそうかどうかで引くかどうかを決めるのが良いと思います。

関連:【原神】甘雨(かんう)についてブログ調に語りたい!!評価・復刻時期・聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介します!! 

関連:【原神】6凸(完凸)「甘雨」の圧倒的戦闘力についてご説明します!!

関連:【原神】甘雨とベネットを軸にした「3連溶解」編成の考え方!!申鶴・鍾離・楓原万葉の選択について 

甘雨を引くべきか珊瑚宮心海を引くべきか

 

明日からの復刻ピックアップは「甘雨」「珊瑚宮心海」が別々のガチャとして提供されます。

やはりと言いますか当然と言いますか、どちらを引くべきかという質問が飛び交っております。

インターネットで見られた意見としては、

・「星5アタッカーが少ない」又は「アモスの弓を持っている」場合は『甘雨』

・「ベネットがいない」又は「凍結の強いキャラクター(神里綾華または甘雨)を持っている」場合は『珊瑚宮心海』

というものもありました。

個人的には、(少なくとも現状は)「水元素付与役」として唯一無二の存在である『珊瑚宮心海』の方がおすすめです。

少々難しい話ではありますが、珊瑚宮心海の元素スキルが持つ「水元素付着クールタイム無し」という特徴が非常に特殊であり、珊瑚宮心海じゃないとできないこと(しかも有用なこと)が多いためです。

また、現状、最強編成の1つである「神羅天征」編成のパーツである点も評価が高い要因となります。

それとは別に、今後続々と実装されるスメールキャラクターを差し置いて引くべきかどうかと言われると、私個人としては原石温存をおすすめしたいです。

関連:【原神】珊瑚宮心海(さんごのみやここみ)についてブログ調に語りたい!!評価・復刻時期・聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介します!! 

関連:【原神】珊瑚宮心海は「ライト層向けキャラ」であり「初心者は引いても良いかも」という話題 

関連:【原神】神里綾華・珊瑚宮心海・ロサリアを軸とした「神羅天征」編成が本国(中国)で流行しています!! 

過去のホットトピック一覧

2022年9月7日のホットトピック

・ティナリの評価が高まっている件

・エウルアが微妙だと感じるプレイヤーが多い件

・ニィロウと大賢者が実は親子ではないかという考察

関連:20220907の原神ニュース – キャラゲッ! (chara.ge)

2022年9月6日のホットトピック

・「世界が私を忘れて」は誤訳らしい件

・不滅の月華が弱いのではなく他の武器が強いだけの件

・敵がどんどん強くなるので太刀打ちできないプレイヤーが出てきている件

関連:20220906の原神ニュース – キャラゲッ! (chara.ge)

2022年9月5日のホットトピック

・スメールの評判報酬で貰える伐採アイテムが賛否両論の件

・すべてのキャラクターを完凸している配信者のトップ3の件

・コレイよりも草元素主人公が使われる理由について

・悲しい過去を持ったキャラクター四天王について

関連:20220905の原神ニュース – キャラゲッ! (chara.ge)

2022年9月4日のホットトピック

・コレイの家の場所に掛かっている橋がすべて落とされている件

・次のガチャについて

・イノセンスの彫刻に掛かる時間について

・アランナラのライターに他のシナリオも担当してほしい件

関連:20220904の原神ニュース – キャラゲッ! (chara.ge)

2022年9月3日のホットトピック

・ルッカデヴァタダケを集めるのが大変(;’∀’)

・深境螺旋のタイムアタック勢の編成について

・草神の性能に関する要望

・アランナラ76体収集について

・甘雨を再評価する動き

関連:20220903の原神ニュース – キャラゲッ! (chara.ge)

2022年9月2日のホットトピック

・深境螺旋における遺跡サーペントが如何に強敵であったかについて

・モンド、璃月、稲妻の3国を訪れたのは楓原万葉、北斗、辛炎だけの件

・今から原神をはじめると非常に楽しそうな件

・モンドの教会にいるシスターがふくよかな件

・深境螺旋の一般攻略においては今回も楓原万葉が一番人気の件

本日の原神まとめ|忙しい方向けのその日の原神が1分で読めるニュース速報サイト(リーク情報は除く)まとめ

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

今後とも皆様に有用な情報を配信していく予定です。

今後とも、何卒、よろしくお願いします。

関連記事:

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei