【原神】序盤の効率の良い進め方まとめ!!

 ランク(順位) 錬金術師(1384
 経験値  41,372
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、原神の序盤における効率の良い進め方について説明します!!

原神を始めたばかりで「何をすればよいのか?」「何に気を付ければよいのか?」悩んでいる方の助けになれば幸いです。

主人公の性別について

主人公の性別はどちらを選んでも違いはありませんので、好きな方を選んで大丈夫です。

主人公とは長く付き合っていくこととなりますので、自分の好みの性別を選ぶのもよいでしょう。

一方、選ばなかった方の性別のキャラクター(双子の兄 or 妹)もストーリーに大きく関わってくるため、「妹想いのお兄ちゃん」や「お兄ちゃん思いの妹」などを見たいのであれば、主人公はその逆の性別を選ぶのがよいでしょう。

メインストーリーを進めてみる

とりあえずは、メインストーリーを進めていきましょう。

序盤で無課金の人でも仲間にできるキャラクターは(主人公を含めて)6人います。

この6人はそれぞれ属性が異なっており、全員を仲間に入れることによって全ての属性の敵を容易に倒せるようになります。

これらのキャラクターは基本的にはメインストーリーを進めていくと仲間になります。

そのため、敵が強くなって厳しくなるまでは育成などは気にせずに、メインストーリーを進めていくことをおすすめします。

(パーティが全滅してもデメリットはないので、失敗を恐れずに進めていきましょう!!)

無課金でも仲間になるキャラクターと加入条件

キャラクター名属性加入条件
主人公最初から使用可能
アンバー序章第1幕チュートリアル
ガイア序章第1幕「北風の狼の神殿」
香菱(シャンリン)深堺螺旋3層クリア
ノエル初心者応援祈願(ガチャですが、必ず加入)
リサ序章第1幕「南風の獅子の神殿」

ギミックの対処方法を覚える

序盤でつまずきやすいのが「ギミック」となります。

ゲームを進める上で自然と覚えていくこととなりますが、迷ったら下の表を確認してください。

また、序盤のパーティ編成は「ギミックに対処できるメンバー」で組んでいくと楽ができます。

序盤の代表的なギミックと対処方法

ギミック対処方法対処キャラクター
焚火に火をつける、茨を焼く炎属性で攻撃するアンバー
火を消す水属性で攻撃するバーバラ
鉄鉱や水晶を掘る大剣キャラで攻撃するノエル
岩を砕く大剣キャラで攻撃するノエル
風船を割る弓キャラで攻撃するアンバー

重点的に育成するキャラクターは1~2人にする

メインストーリーやサブストーリーを進めていくと、自然と冒険者ランクがあがります。

そして、冒険者ランクが一定になると「世界ランク」が上がっていきます。

『原神』では世界ランクが上がるごとに、そこら辺にいる雑魚敵(ヒルチャールなど)が段階的に強くなるシステムとなっています。

そのため、キャラクターの育成が不十分であると、世界ランクが上がった時に「雑魚敵にすら勝てなくなる」という状況になることがあります。

そこで、重点的に育成するキャラクターを絞って、きっちりと強化しておくことにより、世界ランクが上がっても雑魚敵に苦戦することが無くなります。

ゲーム序盤~冒険者ランク45まで(世界ランクが5になるまで)は、メインアタッカーを任せられるキャラクター1人(多くても2人)だけをガッツリと育てることをお勧めします。

関連:【原神】小学生にもわかるキャラクターの育成方法(完全版)

関連:【原神】「メインアタッカー」ランキング!!各キャラクターの基礎攻撃力・固有ステータス・天賦倍率から客観的に計算します!!

聖遺物は「攻撃力」の上がるものを装備する

冒険者ランク45(世界ランク5)からは、いわゆる「聖遺物の厳選」がしやすくなります。

逆を言うと、それまではあまり聖遺物にこだわる必要はありません。

メインアタッカーは、聖遺物のセット効果にはこだわらずに「攻撃力」のパラメータのついた聖遺物を装備しましょう。

レベルも上げられる範囲で上げ切ってしまって構いません。

(ゆくゆくは使わなくなっていきますが、レベルを上げた聖遺物は他の聖遺物のレベルを上げるための「餌」にできるため、無駄にはなりません。)

聖遺物のセット効果をどうしても活用したい場合は「剣闘士のフィナーレ」の2セット効果を付けるようにしましょう。

関連:【原神】聖遺物「剣闘士のフィナーレ」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!!

ガチャに過度な期待を持たない

無課金の方が確実に手に入る6人のキャラクター以外は、基本的には「ガチャ」で引くことになります。

しかし、『原神』のガチャは基本的に厳しい確率となっており、ガチャを引くための「原石」の配布量もゲーム開始時は非常に少ないです。

一方、ゲーム開始時の「原石」配布量は少ないものの、イベントやデイリークエストで貰える「原石」は結構多いです。

無課金の方でも、一ヶ月に「60回」程度はガチャを引くことができます。

関連:【原神】原石は1か月でどれくらい貰えるの?無課金・微課金でも天井可能?

これは3ヶ月に1回は「欲しい星5(最高レア)のキャラクターが必ず手に入る」原石量となります。

長く続けていれば手持ちキャラクターはドンドン強力になっていきますので、序盤のうちはガチャにはあまり期待しなくても大丈夫です。

引くときは「期間限定キャラ」ガチャにする

ガチャは仕様上、「恒常キャラ」ガチャよりも「期間限定キャラ」ガチャが良いです。

原石を使ってガチャを引く場合は、基本的には「期間限定キャラ」ガチャにしましょう。

ガチャの仕様について

ある程度原石が入手できるようになってきたら、きっちりとガチャの知識を押さえて、自分の目的にあったガチャを回すようにしましょう。

関連:【原神】「原石が〇〇個でピックアップキャラは引ける?」「完凸には原石が何個必要なの?」ガチャの確率と期待値の疑問を徹底的に解説します!

関連:【原神】「期間限定キャラは復刻するの?」実装履歴と復刻実績から次の復刻キャラと時期を予想します!!

関連:【原神】武器ガチャは闇だった!?ピックアップ武器を手に入れるために必要な原石について詳しく説明します!!

関連:【原神】武器ガチャの仕様変更「神鋳軌定」は原石が『2割』お得!?確率と期待値から検証します。

パーティ編成について理解を深める

ゲーム序盤はメインアタッカー1人をきっちり育てていればなんとかなりますが、中盤に差し掛かるとパーティメンバー同士のシナジーが必要となります。

求められる役割を理解して、適切なパーティを組むことを意識しましょう。

パーティでの役割と人数

役割名人数役割の内容
メインアタッカー1~2人全ての攻撃で敵に大ダメージを与える。
サブアタッカー兼サポーター1~2人元素スキル・元素爆発でダメージを与える。仲間を強化する。敵を弱体化する。
ヒーラー or シールド役1人仲間を回復する。仲間にシールドを張る。

関連:【原神】ゲーム難易度を下げる最強キャラ3選!!「なぜ最強なのか?」から見えてくるパーティ編成の基本!!

キャラクターの育成方法についての理解を深める

ゲーム序盤ではキャラクターや武器のレベルを上げるだけでもなんとかなりますが、冒険者ランクが45を超えるあたりから敵が強くなり、苦しくなっていきます。

そのため、キャラクターの育成方法をキッチリ理解して、パーティ全体を強化していく必要が出てきます。

今回の記事はゲーム序盤を対象としているため、若干時期尚早かもしれませんが、簡単でも良いので正しい育成方法に触れておくとよいです。

関連:【原神】敵が堅くて倒せない!?聖遺物の選択を間違ってませんか?ダメージ計算式をマスターして正しい聖遺物を集めよう!!

関連:【原神】会心率:会心ダメージは「1:2」が最適って本当!?ダメージ計算の方法をわかりやすく説明します!!

育成を焦らない

『原神』は発生しているクエストを全部クリアしてしまうと、90日に1回のバージョンアップが来るまでは、基本的には「キャラクター育成」以外やることがなくなります。

一方、育成には「樹脂」が必要となりますが、「1時間に8しか回復しない」という渋さであるため、1日30分~1時間もプレイをすると「樹脂」が無くなってしまいます。

また、樹脂は原石で買うこともできますが、非常に高価であるため、あまりお勧めはできません。

『原神』は他のネットゲームと違って、短時間に時間と資源を投入して、一気に育成をするというようなことが出来ない仕様と言えます。

ですので、「キャラクター育成」についてはあまり焦らずに、「1日1時間ずつプレイしていたら、いつの間にか強くなっていた」といったような軽い感じのプレイスタイルをお勧めいたします。

デイリークエストは可能な限り毎日クリアする

「冒険者ランク12」になると、モンドにいるキャサリンから「デイリークエスト」が受注できるようになります。

(リアル時間で毎朝5時に更新されます。)

得られる報酬が、ゲーム序盤においてはいずれも重要となりますので、毎日きっちりとクリアするようにしましょう。

特にガチャを引くために必要な「原石」は貴重です。

デイリークエストの報酬

報酬の内容重要な理由
冒険経験冒険者ランクを上げるのに必要。もっとも効率が良い。
原石ガチャを引くのに必要。1回1回は少ないけれど1か月単位では相当な量となる。
モラ育成に必要。ベテラン層になっても常にカツカツ。

樹脂は可能な限り毎日消費する

キャラクターの育成に必要なアイテムは、基本的には「樹脂」を消費するコンテンツをクリアすることで手に入ります。

樹脂は1時間で「8」ずつ回復しますが、最大のストック量は「160」です。

樹脂は1日で「192(8×24)」溜まりますので、丸1日放置すると確実にあふれてしまいます。

短時間で良いので、1日2回はログインして、樹脂を消費するようにしましょう。

その他にやること

ここまでご説明させていただいことに加えて、下の「ざっくりリスト」の内容についても、頑張ってこなせていけると良いです。

・七点神像に「風神の瞳」や「岩神の瞳」を奉納する
・元素反応を色々と試してみる
・少しずつでも良いのでゲーム内書籍やアイテムのフレーバーテキストを読んでみる
・日課をおこなう

七天神像に「風神の瞳」や「岩神の瞳」を奉納する

モンドや璃月のマップには「風神の瞳」や「岩神の瞳」が散りばめられています。

それらを集めて七天神像に奉納することにより、数々の恩恵を得ることができます。

その中でもっとも重要なものが「スタミナ上限アップ」です。

きっちり全部奉納することにより、スタミナの量は初期値の2倍以上となり、長時間走ったり、崖を登ったりできるようになります。

元素反応を色々と試してみる

ゲームも中盤以降になると、敵が強くなり、ただ殴っているだけではなかなか倒せないような状況になってきます。

戦闘を有利に進めるためには「元素反応」というシステムをうまく使うことが必要になります。

ゲーム序盤のうちから「元素反応」を色々と試しておくと、ゲーム中盤以降をスムーズに進めることができます。

少しずつでも良いのでゲーム内書籍やアイテムのフレーバーテキストを読んでみる

『原神』の最大の魅力は、緻密に組み上げられた「世界観」と言えます。

メインストーリーをすすめるだけでも、魅力的なテイワットの世界を感じることができます。

しかし、『原神』の世界は、主人公やプレイヤーが直接体験するものだけではありません。

主人公が目覚める前の時代であったり、出会っていない人たちの間にも物語があり、それらが世界を複雑に彩っています。

それらの物語の一部はゲーム内書籍(例えば西風騎士団の拠点の図書館にある本)などに描かれています。

また、武器や聖遺物のフレーバーテキストにも色々なことが記載されています。

『原神』を長く楽しむためにも、是非ともそのような物語にも触れて頂ければと思います。

日課をおこなう

『原神』には、1日や1週間に1回といった回数に制限があるクエストが幾つかあります。

そういったクエストの多くは「樹脂」を消費せずにこなせるため、やるかやらないかで後々大きな差となってきます。

ゲーム序盤からコツコツとこなしていく習慣をつけるようにしたいです。

気長にコツコツが大事!!

『原神』は「やりたいこと」や「やらなくてならないこと」が多く、ゲーム序盤では混乱することも多いゲームです。

しかし、育成の程度を前提とした対人要素は一切ないため、「一切急ぐ必要がない」ことにすぐに気づくと気づくと思います。

本日記事にさせていただきました内容も「序盤に楽をする」ための方法であり、必ずしもこのとおりにプレイする必要はありません。

ご自分のペースに合わせて『原神』の世界を堪能していただければと思います。

では、本日はここまでとさせていただいます。

ではでは。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei