サポート編成アイキャッチ画像

【FGO】サポート編成最強のやり方!おすすめの組み方を一挙紹介!

 ランク(順位) 仙人(6388
 経験値  7,558
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開
FGOで今やることについて聖晶石召喚のタイミング開催中のピックアップサポート編成の組み方
効率的な絆の上げ方フレンドポイントの貯め方聖杯鋳造のやり方青リンゴの活用法
ピュアプリズムの使い方2022年実装予想アルクェイド
  • この記事では【サポートの編成方法】についてご紹介しております。
  • 最終更新日は2022年7月29日です。

こんにちは、アザ・キャストです。

皆さんはサポート欄の編成をしっかり行っているでしょうか?

サポート編成画面

サポート欄を充実させることは、他のプレイヤーひいては自分自身を助けることに繋がります。

また、フレンドポイント(以下FP)の獲得にも大きく関わってきます。

フレンドポイント獲得画面

最近は『サーヴァントコイン』『聖杯鋳造』などで重要性が増していますから、できるだけたくさん稼ぎたいですよね!

しかし、サポートの編成をするとなると……

「どう組むのが正解かわからない…」
「編成するのがめんどくさい!」

このような方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サポート編成の最強(ベスト)なやり方についてご紹介いたします。

  1. 「サポート欄の形式」「組み方」「出すべきサーヴァント」「装備させるべき概念礼装」
  2. この記事を読めば、より使ってもらいやすいサポート欄が組めるようになります。

【前提】サポート欄に出す際の注意点

驚いている猫のイラスト

育成は可能な限り行うこと!

サポートに出すサーヴァントのレベル(サーヴァント&スキルレベル)は、できる限り上げましょう。

サーヴァントのレベルが低ければHPやATKが低く、エネミーにすぐ倒されます。

スキルレベルが低ければ、効果が弱い上スキルの再使用までの時間も長くなります。

したがって、真に利用者を助けるためには育成が重要になりますので、ご注意ください!

※記事内での数値についても、育成前提の量を記載させていただいております。

サポート欄の形式

サポート欄

現在「編成可能パーティは10」「実際に出せるのは通常・イベント各3枠」となっています。

編成パーティ

パーティ編成数を示したサポート欄

最大10パーティの編成が可能となっています。

実際に稼働させるのは6パーティですが、

「物は試しで組んでみたい」
「次に備えて編成し、時期が来たら即座に切り替えられるようにしたい」

という方は、フルに枠を活用するといいでしょう。

通常・イベント各3騎

稼働させるパーティを示したサポート欄

各クラス通常・イベントそれぞれ最大3騎ずつ出すことができるようになっています。

また、この部分が最も「めんどくさい」といわれる理由です。

(※1つ設定するのにも悩むのに、どうして3つも考えなくてはいけないんだ!等)

しかし、FGOではサポートに出すべきであるにも関わらず同クラスであるサーヴァントが複数存在します(特にキャスター)。

逆を言えば、この3騎編成可能なシステムを使えばそれらを出すことができるということです。

そして、出すことができればサポートとして利用される機会も増え、FPの獲得にも繋がります。

したがって、サポート欄は3騎分をフルに活用して編成することが肝要です。

サポート欄の組み方

できるビジネスマンのイラスト

それでは、「めんどくさいサポート欄のスマートな組み方」をご紹介しましょう。

まずは1通り組む

パーティ編成例1

自分が出せるサーヴァントで「利用者が喜んでくれそうなもの」を組んでください。

(※利用者が喜んでくれそうなもの → 後述のサーヴァントや概念礼装)

1通り組むことができたら、右下のボタンを押してサポートとして登録しましょう。

2つ目を組む

パーティ編成例2

1つ目を組み終えたら、2つ目のサポートを編成します。

この際、1つ目で選んだものは選べないと表示されるので、それ以外で組みましょう。

(※サポートとして登録されていなければ選択できるようになっていますが、重複を避けるために1つ目をしっかり登録してから2つ目の編成に入ってください)

3つ目を組む

パーティ編成例3

2つ目を組み終えた後には、同様の手順で3つ目を編成します。

先の2つで選択しなかったサーヴァントで組み、登録しましょう。

以上が、「サポート欄3騎分をフルに活用して編成する方法」となります。

サポート欄に出すべきサーヴァント

もやもやしている男性のイラスト

次に「どのようなサーヴァントを出すべきか」についてお話しします。

キャスター

アルトリア・キャスター

キャスタークラスは、サポート欄で最も重要な部分となります。

理由は、フレンドとして必要とされるサーヴァントは大抵キャスターだからです。

編成基準は以下のようになります。

  • アタッカーに対して、NP配布を行うことができるか。
  • アタッカーに対して、高水準のバフを与えることができるか。

具体的なサーヴァントとしては、環境最強のサポーターであるアルトリア・キャスターをはじめ、次のようになります。

サーヴァント名主な編成理由
アルトリア・キャスター味方単体へ50% & 味方全体へ30%のNP配布 + Arts50%アップ+宝具による対粛清防御
スカサハ=スカディ味方単体へ50%のNP配布 + Quick50%アップ + Quickクリティカル100%アップ
諸葛孔明味方単体へ50% & 味方全体へ20%のNP配布 + クリティカル50%アップ

アルトリアやスカディは期間限定なので入手難易度が高いですが、諸葛孔明なら交換で入手可能です。

入手したら、可能な限りサーヴァント&スキルレベルを上げてサポートに出しましょう!

アサシン

光のコヤンスカヤ

アサシンクラスは、サポートしては光のコヤンスカヤ一強の状態にあります。

他のアサシンが基本サポーターではなく、アタッカーであるためです。

(サポート能力があったとしても、キャスターの方が強いです)

そのため基本的には、光のコヤンスカヤ以外は各々好きなサーヴァントを編成していいでしょう。

サーヴァント名主な編成理由
光のコヤンスカヤ味方単体へ50%のNP配布 + スキルターン2短縮 + 人間&人属性特攻50%付与 + Buster & Busterクリティカル50%アップ + Busterスター集中度5000%アップ + スター20個獲得

☆5なので入手難易度は高いですが、復刻の機会があればぜひ狙ってみてほしいサーヴァントです!

ライダー

ハベトロット

ライダークラスは、宝物庫周回が主な出番となります。

したがって、そのために必要な能力をもったサーヴァントが求められます。

  • 『ベラ・リザ』を装備した状態で貢献ができるか。
  • 全体宝具での攻撃かNP配布での支援ができるか。
サーヴァント名主な編成理由
ハベトロットスキル2 & アペンドスキル2がLv.10の状態なら、『ベラ・リザ』装備からでも宝具の発射が可能
司馬懿味方単体へ50% & 味方全体へ10%のNP配布

上記のサーヴァントを出せるのがベターではありますが、最悪『ベラ・リザ』を装備したライダーであれば問題ありません。

(とはいっても、レアプリズム1個とマナプリズム5,000個が必要となりますが)

バーサーカー

モルガン

バーサーカークラスでは、モルガン、アルジュナ〔オルタ〕、坂田金時が求められます。

通常時には「NPチャージと全体攻撃宝具によるラクラク周回」、レイド戦時には「一撃必殺の高火力宝具攻撃」が必要になるためです。

  • 概念礼装+自前のNPチャージ+サポーターからのNP配布による宝具連打が可能か。
  • 『黒の聖杯』を装備した状態から宝具を撃つことが可能か。
サーヴァント名主な編成理由
モルガン自前でNP50~70%を準備可能 + カリスマ +全体攻撃 & OC1アップ宝具
アルジュナ〔オルタ〕自前でNP30~50%を準備可能 + 広範囲の弱体特攻 +全体攻撃宝具
坂田金時自前でNP50~70%を準備可能 + 怪力 +強化済み & 防御無視単体攻撃宝具

低レアリティで出すなら、宝具を撃つことができる状態にしたスパルタクスがオススメです。

(最低でも1waveを宝具で突破することで貢献できるように)

アーチャー

アーラシュ

サポートに出すアーチャークラスなら、1枠はアーラシュにするのが正解でしょう。

自身を退場させて放つ高火力全体攻撃宝具は、エネミーを倒しながら後続を出すことができる唯一無二の手段です。

さらに自前でNPを30~50%準備できるので、『龍脈』『冬の結晶』から即宝具も可能となっています。

サーヴァント名主な編成理由
アーラシュ自前でNP30~50%を準備可能 + 全体攻撃宝具 + 宝具後に退場

スキル上げの必要はありますが、高レアリティの育成よりは比較的簡単にできますよ!

エクストラクラス

オベロン

エクストラクラスは、キャスターの次にサポートで重要な部分となります

NP配布だけでなくスター獲得やOC増加、宝具威力ブーストなど、攻略において大きな働きをするサーヴァントが複数存在しているからです。

  • NP配布やスター獲得、火力やOCを引き上げることができるか。
  • 全体攻撃宝具による1wave突破が可能 or 高難易度での火力や耐久に貢献できるか。
サーヴァント名主な編成理由
オベロン味方単体へ70% & 味方全体へ20%のNP配布 + スター獲得 + 宝具威力ブースト100%
芦屋道満自前でNP80~100%を準備可能 +全体攻撃宝具(即死付)+ ガッツ2回 +デバフ付与
闇のコヤンスカヤ味方全体へ30%のNP配布 + 味方単体のOC2アップ + 地属性特攻全体攻撃宝具
卑弥呼カリスマ & 毎ターンスター最大24個獲得 + OC2アップの味方全体バフ宝具

どれも限定☆5と入手が困難ですが、宝具1でも活躍するので福袋で狙ってみてもいいですね!

オール枠

マーリン

オール枠は、入りきらなかったサポーターなどの追加場所がメインとなります。

現在ですと、マーリン、玉藻の前、ミス・クレーンなどが該当しますね。

他には、「獲得FP2倍」などキャンペーン対象のサーヴァントが来る傾向にあるでしょうか。

サーヴァント名主な編成理由
マーリン味方全体へ30%のNP配布 + 無敵状態を付与 + Busyer性能 & クリティカル威力アップ
玉藻の前宝具威力 & Arts性能アップ + スキルターン1短縮 & HP回復 & NPチャージを行う宝具
ミス・クレーン最前列の味方単体の攻撃力 & 宝具威力アップ + NP配布を行う宝具
キャンペーン対象サーヴァントFP獲得のため

あるいは、他の枠が埋まってしまった場合の推しの居場所にもなります。

その他

両手でピースサインをしている男性のイラスト

その他の枠のサーヴァントには、特に指定はありません。

(主に利用されるサーヴァントのほとんどが、前述のクラスであるため)

お気に入りのサーヴァントを出すなど、自由にトライしてみましょう!

装備させるべき概念礼装

鉄兜と鎧を着た兵士のイラスト

「絆やQPなどを増加させる礼装」「宝具発動のためのNPをチャージする礼装」を意識しましょう。

また、別のパーティであれば概念礼装の使いまわしも可能です。

『カルデア・ティータイム』

カルデア・ティータイム

サポートにおいて最も重宝される概念礼装です。

アルトリア・キャスターなどのキャスターや光のコヤンスカヤに付けるのがベストです。

もしくは、オベロンなど使用頻度の高いエクストラクラスに1枠割り当てるのもいいでしょう。

『ベラ・リザ』

ベラ・リザ

QPの調達時において、これに勝る礼装はありません。

宝物庫の周回はエネミーがキャスターであるため、ライダーやアルターエゴに付けましょう。

前述ではハベトロットを取り上げましたが、芦屋道満もスキル2とアペンドスキル2をLv.10にすれば、NPチャージ礼装を付けなくとも宝具を撃つことができますよ!

イベント礼装

イベント礼装(ハートブレイカー)

イベント礼装()

イベントのドロップアイテム数やエネミー出現率を増加させてくれます。

付ける礼装は、面倒ではありますが、開放されたステージでドロップするアイテムの種類やイベントの日程などを確認しながら適宜変えていくのがベストです。

(装備させるサーヴァントは、キャスターか光のコヤンスカヤをメインとするのがベターですね)

NPチャージ礼装

カレイドスコープ

龍脈

主にアタッカーに付けます。

宝具発動を助け、戦況が優位になることを意識しましょう。

サーヴァントのNPチャージスキルの有無によって、装備させる礼装は要調整です。

(例:NP30%スキル持ちのサーヴァント→アペンドスキル2もあるので、NP50%礼装を付ければ合計NPは100%となり、宝具を撃つことが可能となる)

絆礼装

ヘラクレスの絆礼装

ヘラクレスなど一部のサーヴァント場合、絆礼装がベストとなるケースがあります。

効果をよく読み、他に装備させるべきものがないか確認した上で、サポート欄に出しましょう。

『旅の始まり』

旅の始まり

オール枠が空いているのであれば、適当なサーヴァントに装備させて配置しましょう。

また、「獲得FP2倍」などのキャンペーンが開催されている時には、対象のサーヴァントに付けて出すとFPを稼ぎたいプレイヤーに喜ばれます。

さいごに

サポート編成画面

サポート編成の最強(ベスト)なやり方についてご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • めんどくさがらずに育成し、積極的にサポート欄を設定する。
  • 特に重要なのは、サポート能力に秀でたキャスターとエクストラクラスである。
  • 『カルデア・ティータイム』をはじめとした概念礼装の装備も重要である。

繰り返しとなりますが、充実したサポート欄の編成は、自他両方のために重要なことです。

できることが広がりすぎて大変かもしれませんが、しっかりと組んでいきましょう。

その先には、『聖杯鋳造』や『EXP概念礼装』が待っていますよ!

FGOで今やることについて聖晶石召喚のタイミング開催中のピックアップサポート編成の組み方
効率的な絆の上げ方フレンドポイントの貯め方聖杯鋳造のやり方青リンゴの活用法
ピュアプリズムの使い方2022年実装予想アルクェイド

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/