【原神】香菱(シャンリン)についてブログ調に語りたい!!評価・聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介します!!

 ランク(順位) サイボーグ(1400
 経験値  71,193
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万PV」に到達1記事で25万PVレビュー記事を10記事公開総獲得PVが「500万PV」に到達

 

 

香菱におすすめの聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介しています。

ガチャを引こうか迷っている方、育成に悩んでいる方などのご参考になれば幸いです。

炎属性随一のサブアタッカーである特級厨師(?)香菱(シャンリン)について語ります!

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、香菱(シャンリン)について、ざっくばらんに語りたいと思っています。

無料配布キャラとは思えない活躍をするのですが、無料配布キャラらしい控えめな性能のキャラクターでもあります。

香菱はカテゴリーでいうと「サブアタッカー」というポジションになります。

行秋(ゆくあき)やフィッシュルと同じような使用感であり、キャラクター交替しても残り続ける炎の輪が特徴となります。

今回は使ってみた感想を重視して記事にしているため、基本的な性能は他の攻略サイトを見てもらえればと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

  1. 香菱(シャンリン)ってどんなキャラクター?
  2. 香菱(シャンリン)の魅力
  3. 香菱(シャンリン)の短所
  4. おすすめの聖遺物
  5. おすすめの武器
  6. 天賦育成の優先順位
  7. おすすめの凸数

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければありがたいです。

香菱(シャンリン)ってどんなキャラクター?

香菱は璃月(リーユエ)という国の料理人です。

どんな漫画やゲームでも一人は出てくる料理人枠となります。

(「ワ○ピース」でいうところの「サ○ジ」ですね。)

香菱が他のコンテンツの料理人と一線を画しているのは、巷で発生する料理関係のイベントにほとんど一切絡んでこないことです。

そのため、香菱が料理人であることを忘れてしまった(または最初から知らなかった)プレイヤーも少なからずいると思います。

ちなみに、『原神』世界で(プレイヤーのあいだで)一番有名な料理人は、「望舒旅館」にいる「言笑」さんではないでしょうか。

謎の剣の達人である江雪との友情物語や、幽霊少女を怖がる姿が非常に印象的だったと思います。

また、香菱と料理バトルをおこなった清泉町のブロック(人名)さんも住民リクエストでお世話になるため、覚えている方も多いと思います。

このように、料理人としての設定をイマイチ生かせていないのが、香菱(シャンリン)というキャラクターとなります。

香菱(シャンリン)の魅力

炎属性のサブアタッカーとして唯一無二の存在

強いサブアタッカーの条件の1つは、キャラクターを交替しても属性攻撃を続けられる元素スキルや元素爆発を持っていることです。

香菱は元素スキル、元素爆発の両方が該当するため、非常に便利なサブアタッカーであると言えます。

特に、元素爆発は効果時間が長く(無凸で10秒、4凸で14秒)、攻撃判定もキャラクターを中心とした範囲攻撃となるため、非常に使い勝手が良いです。

味方の強化と敵の弱体を担当できる

香菱の1凸効果で、元素スキルを当てた敵の炎耐性を下げることができます。

また、6凸効果で、元素爆発中は味方の炎属性ダメージを上げることができます。

炎属性の元素共鳴と相まって、炎属性の味方の火力を大幅にあげることができるのが香菱の魅力の1つです。

香菱(シャンリン)の短所

元素スキルが安定しない

香菱の元素スキルは、設置系で使いやすい反面、攻撃方向がぶれやすく当てにくいという欠点があります。

元素スキルがうまく当たらないと元素粒子が稼げないため、元素爆発が強いキャラとしてはなかなか辛いところがあります。

元素爆発が重い

元素爆発に必要なエネルギーが最重クラス(80)であるため、ループさせることが難しいです。

前述のように元素スキルの元素粒子発生が不安定なことも、その傾向に拍車をかけています。

香菱を使いこなすためには、香菱の元素チャージ効率を上げることと、炎元素粒子を稼ぐキャラが重要となります。

おすすめのパーティ編成

炎属性キャラクター

香菱は元素爆発が強いにも関わらず、元素粒子を稼ぐのが苦手なキャラクターであるため、炎属性キャラクターと組んで元素粒子をフォローしてあげるのが有効です。

そういう意味では、元素スキルのクールタイムが短い「ベネット」などが特に相性が良いと思います。

また、炎属性には優秀なメインアタッカー候補が多いですが、(凸数にもよりますが)香菱でバフとデバフを担当できるため、更なる火力アップが狙えます。

更に、炎属性の元素共鳴も攻撃力が大きく上昇するため、炎属性キャラクターと組むことをおすすめします。

水属性キャラクターと氷属性キャラクター

炎と水属性で発生する「蒸発反応」と、炎と氷属性で発生する「溶解」反応が強力です。

香菱は敵への炎元素付与に長けたキャラクターであるため、水属性や氷属性のアタッカーと組むことにより、容易に上記の反応を発生することができます。

おすすめの聖遺物

セット効果

行秋(ゆくあき)と同様に元素爆発で戦うキャラであるため、炎魔女2セット(炎属性ダメージアップ)と旧貴族2セット(元素爆発ダメージアップ)の組み合わせで良いと思います。

メイン効果

気合いを入れて香菱を育成する場合は、「時計:盃:冠」=「元素チャージ効率:炎属性ダメージ:会心率(ダメージ)」が良いです。

逆に、あまり気合を入れて育てない場合は、「時計:盃:冠」=「元素チャージ効率:炎属性ダメージ:攻撃力(%)」が良いです。

これは、全体的な育成度によって攻撃力と会心率の価値が異なるためです。

目安としては、「攻撃力が基礎攻撃力の2.2倍」、「会心率55%」、「会心率110%」くらいに届いているレベルなら会心率(ダメージ)重視、そうでないならば攻撃力重視が良いと言われています。

サブ効果

「攻撃力(%)」、「会心率」、「会心ダメージ」、「元素チャージ効率」あたりを重点的に育てていくとよいです。

また、「会心率(%)」と「会心ダメージ(%)」は火力と直結しますので、サブ効果である程度稼げると火力が上がりやすいです。

「会心率:会心ダメージ」が「1:2」となるように上げていくのがコツです。

関連:【原神】会心率:会心ダメージは「1:2」が最適って本当!?ダメージ計算の方法をわかりやすく説明します!!

おすすめの武器

とにかく元素チャージ効率が上がる武器

星5であれば「天空の脊」、星4であれば「西風長槍」、「星鎌・試作」がおすすめです。

とにかく元素爆発を回すことに注力しましょう。

その他

元素チャージ効率を上げる武器を持っていない時は、手持ちでもっとも基礎攻撃力の高い武器を装備しましょう。

サブアタッカーといえどもアタッカーであるため、攻撃力は必要です。

天賦育成の優先順位

元素爆発を活用していくキャラクターであるため、元素爆発レベルは可能な限り上げていきましょう。

元素爆発を回すために元素スキルも多用するため、こちらも上げておくとよいです。

通常攻撃に関してはレベル1でも良いですが、たまに殴る事もあるので、レベル6まで上げてもよいと思います。

香菱(シャンリン)のおすすめ凸数

重ね重ねの説明ではありますが、元素爆発が重要なキャラクターとなるため、その効果量を上げる4凸は非常に魅力的です。

1凸と6凸のバフ・デバフも魅力的ですが、恩恵を受けるのが炎属性キャラクターに限定されるため、そこまで無理して取りに行く必要はないと思います。

ですので、おすすめの凸数は「4凸」です。

香菱(シャンリン)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

本日は、香菱(シャンリン)の魅力をブログ調に、ざっくりとご紹介させていただきました。

キャラクター交替しても高火力を出し続ける元素スキル・元素爆発を持ったキャラクターが稀有であるため、重宝することが多いです。

まさに、無償配布キャラクターとして破格の性能だと思います。

一方、その性能の生命線である元素爆発の必要チャージ量が非常に大きいため、武器・聖遺物・パーティ編成には気を使う必要があります。

ストーリーではあまり注目されることがない香菱ですが、「料理」というのは汎用的な題材であるため、今後実装される稲妻での料理対決イベントなどもあり得るかもしれません。

今後の活躍に期待です!!

キャラクター紹介一覧

 

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei