【原神】アンバーについてブログ調に語りたい!!評価・聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介します!!

 ランク(順位) 神Lv77(1368
 経験値  30,553
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

 

 

アンバーにおすすめの聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介しています。

ガチャを引こうか迷っている方、育成に悩んでいる方などのご参考になれば幸いです。

シールド剥がしの名手!!偵察騎士「アンバー」

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、アンバーについて、ざっくばらんに語りたいと思っています。

敵のシールドを剥がす性能に優れており、氷属性のシールドを貼る敵には率先して活用したキャラクターとなっております。

また、チャージショットと弱点攻撃に特化した部分もあり、テクニカルな1面も持っております。

では、さっそく見ていきましょう。

  1. アンバーってどんなキャラクター?
  2. アンバーの魅力
  3. おすすめの聖遺物
  4. おすすめの武器
  5. 天賦育成の優先順位
  6. おすすめの凸数

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければありがたいです。

アンバーってどんなキャラクター?

アンバーの職業

アンバーはモンドの西風騎士団(セピュロス騎士団)の偵察騎士です。

モンド内を隈なく捜索し、不審なものがないかを調べる(時には尋問する)ことを仕事としております。

偵察騎士は璃月(りーゆえ)の傭兵の首領であったアンバーの祖父が、モンドに移り住み、西風騎士団の中に結成しました。

しかし、アンバーの祖父の突然の失踪により偵察騎士小隊は瓦解し、今ではアンバー1人となってしまっております。

アンバーの性格

アンバーはパワーと元気に満ち溢れた女の子です。

(ゲーム冒頭からの付き合いとなりますので、皆様も十分ご存知だとは思いますが・・・。)

初めてモンドに来た人でも、3日しないうちにこの炎のように熱い少女と打ち解けられると言われています。

アンバーの特技

「風の翼」による滑空を得意としており、飛行大会では3年連続のチャンピオンになっております。

(こちらも皆様ご存知だと思います。)

アンバーの目標

アンバーの目標の一つは「疾走した祖父を探すこと」です。

何一つメッセージを残さずに失踪したことから、手がかりは一切残されていません。

今後のストーリーで明らかになっていくことが期待されます。

アンバーの魅力

圧倒的なシールド剥がし性能

アンバーのチャージショット(炎属性ダメージ)は元素付着時間が長いため、敵のシールドに大きなダメージを与えることができます。

また、アンバーの元素爆発は炎属性の多段ヒットとなり、こちらもシールド剥がし性能が非常に高いです。

デコイを発生可能

元素スキルによって、敵の注意を集めるデコイ(ウサギ伯爵)を投げることができます。

効果時間が8秒と長いため、アンバーがチャージショットを撃つための時間を稼いでくれます。

アンバーを4凸することによりウサギ伯爵を2体投げられるようになるため、タイミングを調整すれば常時デコイが出せる状況を作ることができます。

テクニカルなプレイを要求される

アンバーはチャージショットと弱点攻撃によって様々な効果を発揮するタイプのキャラクターです。

とにかく弓キャラの操作に熟練する必要があり、「テクニカル」な一面を持ちます。

アンバーを使う際には「敵の弱点箇所を把握する」「瞬時に弱点に照準を合わせる」「ウサギ伯爵の足元を狙い撃つ」といった勉強と訓練が必要となります。

一見すると欠点にも取れますが、ゲームを面白いものとする重要なエッセンスとも言えます。

ある意味育成が楽

アンバーの通常攻撃は「物理ダメージ」となっておりますが、天賦倍率が低いため、通常攻撃を連打するようなプレイはお勧めできません。

通常攻撃は捨てて、チャージショット・元素スキル・元素爆発を主体とした「炎属性ダメージ」を高めていくのが良いと思います。

そういう意味では、育成が非常に楽なキャラクターと言えます。

おすすめのパーティ編成

炎属性キャラクター

炎属性の元素共鳴より攻撃力が大きく上昇(攻撃力+25%)するため、炎属性キャラクターと相性が良いです。

鍾離・アルベド

アンバーはチャージショットがメインとなるため、中断耐性が100%となるシールドとは相性が良いです。

おすすめの聖遺物

セット効果(無難に全体的に強化する場合)

「燃え盛る炎の魔女」2セットの「炎元素ダメージ+15%」が有力です。

下のダメージ計算の記事でも触れましたが、「〇〇元素ダメージ」の確保は最優先事項となります。

関連:【原神】敵が堅くて倒せない!?聖遺物の選択を間違ってませんか?ダメージ計算式をマスターして正しい聖遺物を集めよう!! 

残りのもう1セットは「剣闘士のフィナーレ」or「追憶のしめ縄」2セット(攻撃力+18%)または「旧貴族のしつけ」2セット(元素爆発のダメージ+20%)がおすすめです。

セット効果(チャージショットを活用する場合)

「大地を流浪する楽団」4セットによってチャージショットを強化していく場合の選択肢となります。

弱点攻撃を絡めていくことにより、大ダメージを狙うことができます。

関連:【原神】聖遺物「大地を流浪する楽団」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!! 

セット効果(バッファ―として動く場合)

「旧貴族のしつけ」4セットの効果で、元素爆発発動時にチーム全体に「攻撃力+20%」のバフを撒くことを重視したビルドとなります。

「元素爆発⇒元素スキル(ウサギ伯爵)」により、火力を出しながらバフを撒きつつデコイを設置することができ、ダメージディーラーとバッファーを兼ねることができます。

関連:【原神】聖遺物「旧貴族のしつけ」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!! 

メイン効果

基本的に、「時計:杯:冠」は「攻撃(%):炎属性ダメージ(%):会心率(%)or 会心ダメージ(%)」が良いです。

先ほども書きましたが、「〇〇属性ダメージ」は最も需要な要素となるため、杯のメイン効果は確定です。

サブ効果

ダメージ計算で主に重要となってくるステータスは「攻撃力」と「会心」となってきます。

詳しくは以下のリンクにわかりやすく説明してありますので、よろしければご覧ください。

関連:【原神】敵が堅くて倒せない!?聖遺物の選択を間違ってませんか?ダメージ計算式をマスターして正しい聖遺物を集めよう!! 

「会心率:会心ダメージ」が「1:2」となるように上げていくのがコツです。

関連:【原神】会心率:会心ダメージは「1:2」が最適って本当!?ダメージ計算の方法をわかりやすく説明します!! 

おすすめの武器

終焉を嘆く詩(上昇ステータス:元素チャージ効率)

「旧貴族のしつけ」4セットを装備してバッファーとして動く場合は最適な武器となります。

元素爆発により、武器効果を一気に最大値まで持っていくことが出来るため、パーティ全体を効力にバフ(攻撃力+20% & 元素熟知+100)することができます。

絶弦(上昇ステータス:元素熟知)

元素スキルと元素爆発のダメージを大きくの上昇することができます。

こちらも旧貴族4セットを装備し、元素爆発を主体としたバッファーとして動く際の選択肢となります。

澹月・試作(上昇ステータス:攻撃力)

チャージショットで弱点を攻撃した際に、攻撃力に大きなバフが掛かります。

チャージショットを主体として戦う場合の有力な選択肢となります。

天賦育成の優先順位

元素爆発を主体とする場合は、とにかく元素爆発の天賦レベルを上げましょう。

一方、チャージショットによる弱点攻撃なども視野にいれるのであれば、天賦レベルは全体的に上げる必要があります。

アンバーのおすすめ凸数

6凸効果によりバッファーとしての動きが可能となるため、できれば「完凸(6凸)」を目指したいです。

(アンバーを完凸させるのは結構難しいですが・・・。)

1~5凸も重要ではありますが、メインストーリーの無償キャラ(アンバー・ガイア・リサ)は意図的に凸を進めることができないため、「気づいたら凸が進んでいた」という心持ちで良いと思います。

アンバーのまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

本日は、アンバーの魅力をブログ調に、ざっくりとご紹介させていただきました。

一言(二言?)でざっくりと表現すると、

シールド剥がしが非常に得意なキャラクター

使いこなそうとすると弱点攻撃などが要求されるテクニカルなキャラクター

ということとなります。

原神で一番最初に仲間になるプレイアブルキャラクターとなりますので、是非とも活躍させてあげてください。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

キャラクター紹介一覧

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei